産後の腰痛   富山市 接骨院

こんにちは(*’▽’)

今回は産後の腰痛についてお伝えします(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

まずは、本題に行く前に骨盤についてお伝えします。

■ 人間の骨盤は左右一対の寛骨、仙骨、尾骨でできています。

 *寛骨というのは腸骨、坐骨、恥骨が一体化したものを言います。

■ 寛骨、仙骨の間にはたくさんの靭帯があります。

■ 役割として➀上半身を支える ➁内臓の保護 ➂ 赤ちゃんを守る ➃座った姿勢を支える などあります。

産後の骨盤の状態って一般的なものと何が違うかご存じでしょうか?

★ 一般的な骨盤の歪み
  日常生活の動作、姿勢、癖、怪我をかばった際などに歪みが出やすくなります。
★ 産後の骨盤
  一般の骨盤の歪み+骨盤の開き

WIN_20170214_20_44_04_Pro

【産後の骨盤】

産後1ヶ月~6ヶ月で骨盤はもとに戻ろうとしていきます。

赤ちゃんが生まれた直後には、母体の骨盤は最大限に開き、だんだん緩んでいきます。

産後は左右の骨盤が交互に、少しずつ縮む事を繰り返しながら元の状態に戻っていきます。

だいたい安定する期間として、個人差はありますが産後6ヶ月~1年かかります。

【リラキシンの影響】

産後の骨盤はリラキシンの影響により骨盤をつなぐ靭帯を緩みすぎているため、
  
とても不安定になります。その靭帯の代役として周りの筋肉が頑張ってしまいます。
  
そうすると、筋肉が硬くなり、ほかの筋肉まで負担がかかるため、悪循環になってしまいます。

産後の腰痛に悩まれて来院される方も多くおられます。

先ほども説明させて頂いた通り、リラキシンの影響で骨盤の不安定さがあるのはもちろんですが、

その不安定な状態で家事やお子様の抱っこ、授乳中の姿勢、前傾姿勢が多いと腰部はとても痛みが出てきやすく。

そして、痛くても安静にできず、無理やり動いておられる方が多くおられます。

きちんと骨盤の歪みや開きを取って、骨盤の不安定な状態をなくならせてあげれば

悩みが減ってくるかもしれません。

お子様をより良い環境で育てていけれるよう、全力でサポートさせて頂きます(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

【当院の産後の骨盤矯正】

対象者 : 産後1か月~6か月

お悩み : 痛み、開きが気になる、プロポーション、身体のだるさ など

初診時 : 初診時は問診や詳しく説明をさせていただくため
      大体1時間から1時間半時間を取らさせて頂いています。
      問診、検査、説明、治療をさせて頂きます。
      
もし、産後6ヵ月過ぎている方でもお悩みがあればご相談下さい(*´ω`*)

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

Twitterは  こちらから
Facebookは こちらから
エキテンは こちらから
産後の骨盤矯正についてはこちら
⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

スタッフHでした🌱