朝スッキリ目覚めたい人は〇〇を高めましょう!

石川県金沢市はまだ湿気が残る日が続いていますねー(>_<)
関東地方では、そろそろ梅雨明けだとかニュースで言っていました!!
夏はもうすぐです!夏は『海』より『山』が好きな金沢院スタッフYです。

これからの季節はエアコンがないと夜も寝苦しい、、、

でもエアコンをつけっぱなしで朝まで寝てしまうと体が冷えてしまい、体が硬くなってしまっている。なんて経験はないですか?

対策としては、、、

タイマー機能をしっかり使いこなしましょう(笑)

さて、ここから今回の本題に入ります!!

朝スッキリ目を覚ましたい人は〇〇を高めよう】

と言うお話です。

朝起きても、何だか体が重くて寝た気がしない。

休日にまとめて寝ているけど逆に疲れてしまう。

そう感じていませんか?

私も朝起きたら『首』『肩』が重だるくて頭がボーッとするって経験があります。

このお悩みを解消するのが、、、

『睡眠』

です。さらに言えば今回のテーマは、、、

睡眠の『質』を高める!と言う事なのです。

睡眠の質をより高める為に2つの方法を提案します!!

➀寝る環境を整る
が休まる状態を作る

先ずは➀ですが、寝る環境=寝返りをうつ環境と今回は考えます。

皆さん『寝返り』って言葉は知っていると思いますが、なぜ必要なのか?

何のために『寝返り』をうつのか?

それは、、、

『疲労回復』の為なのです!

人間に備わっている機能で、寝返りをうつことで体の歪みを修正して疲労を取りやすくしているのです。

例えば、子供たちです。
お子さんがおられる方は一度、観察してみて下さい!元気に遊ぶだけ遊んでヘトヘトになって眠りにつきますよね。
寝ている間はゴロゴロと布団から飛び出すくらいの勢いで寝返りをしていませんか?

この様に、寝返りをうつ事で自分で歪みを整えて疲労回復しやすい状態を作っているのです。

つまり『寝返り』を妨げる状況は良くありません!考えられることとしては、、、

・枕が高すぎる
・寝具(マットレス)が柔らかすぎる
・お子さんと同じベッドで寝ている

などがあります。

小さいお子さんがおられる場合は一緒に寝るケースが多いですね。いきなり変えることは難しいですが、無意識に寝返りをしないようにしていると思います。

枕が高すぎる場合は、、、後頭部が極端に上がりお辞儀をしたような姿勢になります。
この姿勢のまま寝返りを自然にうつ事は難しいですね。

さらに寝具が柔らかすぎる場合、、、低反発などの素材も体が沈んで体に良さそうですが、沈みすぎると逆に寝返りがうちづらくなります。

もう一つの⓶『心と体が休まる状態』ですが、これは体の歪みを日常的に整えておくことです。
先ほどの寝返りの話の中で【自分で歪みを補正する】と言いましたが、実はここに大事なポイントがあります。

『人間は癖のある状態に戻ろうとする』

と言う事です。
つまり、体が正しい状態の癖付けが出来ている事がベストです。

この『正しい歪みの状態』を作っていく方法に、ゆめたか接骨院が得意としている骨盤矯正があります。全身の歪みの状態を整えていく治療です。

ご自身の歪みの状態が知りたい方、朝スッキリ起きれない方、疲れが取れないと感じている方は一度ゆめたか接骨院金沢院までお気軽にお電話下さい。

さらに詳しい情報はコチラからどうぞ→口コミサイト