抱っこひもと腰痛  富山市接骨院

こんにちは☀ ゆめたか接骨院富山院です(。・ω・。)

寒い日が続きますね☁

皆さん寒さ対策は始めていますか?

私は、こたつを出したくてうずうずしています(゚Д゚)

さて、当院に来院される患者様に

『子供を抱っこすると痛くなった・・・』

『抱っこひもを使うと腰が痛くなった・・』

といわれる事が多くあります。

これは、産後の方だと骨盤の不安定の状態も関係あるのですが

もう一つは、抱っこをする際の姿勢が関係しています。

お子様を抱っこするときや抱っこひもを使用する際

抱っこをする際、お子様の体重が前方にかかってしまうと必然的に

腰はバランスをとろうとして反ってしまいます。

腰が反ってしまうことにより筋の緊張がでて腰痛になります。

では、どのように対処したら良いのでしょうか?

抱っこひもの付け方、身体に合わないサイズの使用

これらは腰痛を強くさせます。

・普段と姿勢が変わらない状態で抱っこひもをつけるようにする

・大きめの抱っこひものサイズだと反腰になり子供の重さに腰が耐えきれなく痛 みが出てくるため身体に合った抱っこひものサイズをつけるようにしましょう

来院されている患者様の中で、抱っこひもを使用して腰痛になったとの声を多く聞きます。

正しい使用を行って頂き日常生活を快適に過ごしていきましょう。

当院では産後の骨盤矯正も行っております。ご不明な点がございましたら、

一度ご連絡ください(o^^o)

 

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら
YouTubeはこちらから

産後の腰痛予防 富山市接骨院

こんにちは(^^)/

今回は【産後の方の腰痛予防について】お話ししたいと思います。

前もお話ししたように、産後は「リラキシン」の影響により、

骨盤はグラグラな状態になっております。

骨盤は身体を支える土台ですので、その骨盤がグラグラしていると

他の筋で骨盤を支えていかなければいけません。

そのため、一般の方より産後の方は歪みや開き、痛みが出てきやすくなります。

 

骨盤のグラグラな不安定さがなくなれば、痛みも軽減しやすくなります。

そのため次の事に気をつけて頂くだけでも生活しやすくなる可能性があります。

■ 日常生活で歪まないような生活をする(足を組んだり、横座りをしない)

■ 骨盤ベルトをつける

(動く時・寝る時・お子様を抱っこするときは特につけるようにしましょう)

■ エクササイズを行う (骨盤底筋を鍛える)

 

これらの事を気をつけて頂き、産後腰痛にならないよう心掛けましょう

当院では、産後の骨盤矯正のメニューもあります。

産後調子が悪い方、腰の痛みがある方、開きが気になる方など

気になる方がおられましたら、一度試してみてくださ

育児や家事、日常生活の辛さを変えていけるよう

全力でサポートさせて頂きます<(_ _*)>

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

 

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4

📞076−493−5660

環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5

📞076−464−6228

金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階

📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

椎間板ヘルニアって何?

こんにちわ!腰痛ブログの時間です!

レセプトの時期は腰が痛くなる富山院院長のFです|д゚)

そんな時は副院長に治療してもらっています(^_-)-☆

今日はヘルニアについてお話しさせて頂きます。

まずヘルニアについて説明します。

・ヘルニアとは、体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。
・有名なところでは、臍ヘルニア〈でべそ〉、鼠径ヘルニア〈脱腸)があります。
・これが背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。

接骨院で対応可能なのはこの椎間板ヘルニアによる症状です。

・椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。

《原因》
椎間板は10歳を過ぎたころから老化が始まります。加齢に伴う椎間板の老化の過程で生じますが

・急に重い物を持ち上げる
・中腰といった日常の動作
・激しいスポーツなどの腰への負担

その他として喫煙、遺伝(同一家系内に発症しやすい)、精神・社会的側面(不安、抑うつ、結婚生活)や、仕事に対する姿勢(仕事上のストレス、仕事への集中度や満足度、失職)などが深く関与していることも指摘されています。

《治療》
整形外科での治療では、

①神経ブロック等の注射
②非ステロイド性消炎鎮痛剤や筋弛緩薬による薬物療法

がメインになってきます。

これらの治療で症状が軽減する方がほとんどですが、中には良くならない方もいます。

なぜか?

それは痛みの原因が別の部分にあるからなんです。

当院で考える痛みの原因は「筋肉の硬さ」です。

背骨を支えるのも、関節を動かすのもすべて筋肉の働きなんです。

その筋肉が硬くなるために背骨を支える力が弱まり椎間板にかかる負担が増えヘルニアを誘発しやすくなります。

なので当院では筋肉を柔らかくすることを一番目標において治療をしております。

次回はどのようにアプローチしていくかをお話しさせていただきます。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら
日本骨盤矯正技術協会のHPはこちら

腰痛でお悩みの方   【富山市接骨院】

こんにちはヾ(≧▽≦)ノ

富山も梅雨入りしたみたいですね(。-`ω-)

今回は患者様に書いていただいた施術の感想をご紹介したいと思います。

『手首と腰痛で来院しました。以前整形外科で受けた際には

あまり説明も治療もしてくれなかったのですが、こちらは普段どう

いう生活をしているか、現在の身体の状態はどうなっているのか等

くわしく説明をして下さり、施術をして下さいました。施術後は

本当に改善を感じ効果を感じました。知人にもぜひすすめたいと思います。

富山市     女性 』

『産後の腰痛がひどく、痛みをとってほしくて行きました。

説明がとてもていねいで安心できました。

無理なコースをすすめられることもなく、ホッとしています。

施術後は身体が軽いです。

富山市   女性   』

『10何年も苦しんできた背中、腰の痛みが

あっというまに楽になりました。不思議です。

行ってよかったです。

富山市    男性  』

『初めてぎっくり腰になり、整形に行ったが

湿布をもらうだけの処方で知り合いに

相談した所、ゆめたかさんを勧めてくれました。

わかりやすい説明で施術をしてくれるのでありがたいです。

富山市     女性  』

今回は腰痛でお困りの方の感想を載せさせていただきました。

最近暖かくなってくると、身体を使うことが非常に多く

そのため、急に動きで腰痛になってしまうかたもたくさんおられます。

身体のケアをきちんとし。

これから訪れる暑い暑い夏を楽しみましょう♪

当院では、根本改善から行っていき、皆様が生活しやすいよう一緒に

協力させていただいております。

お困りの事がございましたら、ご連絡ください٩( ”ω” )و

 

 

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

妊娠中、産後の人の腰痛予防!!  富山市接骨院

こんにちは(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
もうすぐ6月に入り梅雨が入り涼しくなるのかと思いきや暑いですね(;”∀”)

最近日焼けを気にし始めた。スタッフHです🐷

妊娠中から腰痛がひどくなり出産しても良くならないと言われる方が

多くおられます。

妊娠中、産後の場合は『リラキシン』というホルモンが関係しています。

この『リラキシン』何が影響しているかというと

骨盤は1つの骨で出来ているわけではありません。

「フリー骨盤画像」の画像検索結果

このように色々な骨がくっついて骨盤が作り上げられますh。

リラキシンはその骨と骨の間にある靭帯を緩める役割があります。

リラキシンが一番作用するものは恥骨になります。

そのため妊娠中や産後の方は恥骨が痛くなる事がとても多くおられます。

靭帯が緩められると、骨盤はグラグラになります。

これは出産する際に一番グラグラな不安定になり、そうなると人間は骨盤周囲の

筋肉で骨盤を安定しようと、緊張してしまいます。

そうなると、腰痛や骨盤周囲の痛みに繋がり、日常生活にも支障がでてきます。

妊娠、産後の腰痛予防

骨盤の不安定な状態は産後約6ヶ月くらいまで続きます。

①バンドをきちんと締め、骨盤の開きがないようにしましょう。

➁腰部、骨盤周囲の筋の緊張がある状態でなおかつ重いものを持ってしまうと

怪我に繋がります。

➂身体をなるべく温め筋の緊張をほぐしていきましょう。

➃骨盤底筋のトレーニングをすることにより骨盤に安定感が出てきます。

痛みが落ち着いたらチャレンジしてみましょう

このような事に気をつけていく事により、腰痛予防になります。

ぜひぜひお試しあれ~((((oノ´3`)ノ

当院では、産後の骨盤矯正も得意として行っております。

困ったこと、不安なことがありましたらご相談下さい(`・ω・´)ゞ

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

《富山院》
ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

産後ママの腰痛~抱っこひも~   富山市 接骨院

産後ママ必見!!

暖かくなるとお子様と「散歩にいこ!」っという場面が

多くなると思います👀✨

そんな時、ベビーカーより小回りがきく抱っこひもを使うこと多くないですか?

でも、来院される方に「抱っこひもを使うと腰が痛くなるという辛い声を多く聞きます。

【赤ちゃんを抱っこすると】

産後ママはまっすぐに立っているつもりでも、お腹側に赤ちゃんという重みが乗る事でさらに土台の骨盤が開き身体のバランスがとりずらくなります。

赤ちゃんが産後ママのお腹側にいる事で身体の重心の位置はもっと前方に傾きます。そのままだと前のめりに倒れてしまうため、自然と身体は背中を反ってお腹を突き出す姿勢になります。(反り腰)

【悪い姿勢で抱っこひもを使う】

背中を反らせた姿勢は背中、腰に大きな負担になります。

この状態で抱っこすると

➀グラグラの骨盤を周囲の筋肉で支える

➁赤ちゃんの体重を支える

このことをしなくていけません。抱っこひもを使う場合、比較的長時間抱っこをするとが多いため、腰痛や肩こりなどの影響が与えられてしまいます。

【正しい姿勢で抱っこひもを使う】

余計な筋の緊張がなくなり、長時間抱っこをしても耐えれる身体になります。

姿勢が良くなると赤ちゃんの体重の負担も分散される為、必要以上の筋疲労がなくなり腰痛や肩こりが出にくくなります。

【抱っこひもを利用するときは骨盤ベルト】

骨盤ベルトをしようすると骨盤の不安定が安定する為、骨盤周囲の筋の緊張が和らぎます。そうすることにより、腰の負担も減り快適に長時間の外出も楽しめるのではないでしょうか。

当院では産後ママの為の産後の骨盤矯正にも力を入れています。

まず、バランスを整えていき骨盤の開きが締まりやすい、安定しやすい状態を作りましょう。

日常生活で不安な事がありましたらご相談下さい<(_ _*)>

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

Twitterは  こちらから
Facebookは こちらから
エキテンは こちらから

スタッフHよりお届けしました🌱

エイエイ٩( ”ω” )و