【痛み】は悪いことではないです!

みなさんこんにちは!

サッカーW杯、日本代表が勝ちましたね!

このまま順調に勝ち進んでほしいですね。

さて今日は「痛みの捉え方」についてお話しさせていただきます。

「痛み」というものはできるだけ感じたくないですよね。

最近患者様からも「ずっと肩こりや腰痛を感じるから私は不健康な人間だ」

と言われました。

痛いからこそ日常生活においてできることが減ったり、

やりたいスポーツができなかったり。

でも視点を変えてあげるととても重要な体のサインだったりします。

「痛み」というのは体のサイレンなんです。

「もう体は限界ですよ」、「休んでください」という

体のお知らせなんです。

痛みを感じるからこそ、

・病院に行こうかな
・今日は早めに寝ようかな
・食事を変えようかな
・整体に行こうかな
・薬を飲もうかな

などの対策を立てることが出来ます。

逆に痛みを感じないと、体が限界に来ているのに

そのまま使い続けてしまうことになるため

大きなケガに繫がったり、病気になったりする可能性が高まってきます。

なので【痛みを感じる→体の異変に気付きやすい】

ということは全然悪いことではないです。

むしろ体のサイレンに気付くことが出来ない人の方が

良くないと私は考えます。

ゆめたか接骨院では皆様に治療を提供することで

体の痛みを緩和し、やりたいことを思い切ってやっていただくことを

大切にしています。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

 

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4

📞076−493−5660

環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5

📞076−464−6228

金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階

📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

頭痛の時はこれをやってみて!

みなさんこんにちわ!ゆめたか富山院です。

朝晩と日中の気温の差が大きくなってきましたね。

気温の差があるほど、夜や朝に筋肉は硬くなりやすくなります。

また、筋肉が硬くなると血液の流れも悪くなるので

それにより【頭痛】がおきる場合があります。

病院でも【筋緊張性頭痛】と診断される方がいるのですが、

これは肩こりのせいでの頭痛と解釈できます。

今回は「頭痛の時に試してほしいこと」を書かせていただきます。

☆まず、肩や首筋を温めましょう☆

筋肉が硬くなり血液の流れが悪くなっていますので温めることをお勧めします。

例 お風呂に入る、ホッカイロを貼る等

☆頭周辺を冷やす☆

肩や首を温めることで治まらない場合は頭を冷やしましょう。

頭痛の際は脳の血管は拡張してしまい、熱を持っている場合があります。

これを直接冷やして鎮めてあげると痛みが徐々に引いてきます。

例 アイスノン、氷嚢等

上記の2つが接骨院でお勧めしている方法です。

痛み止めを使うよりも副作用がないやり方なので

薬を服用する前に1度試して頂けると幸いです。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
■Twitterこちら
□エキテンはこちら
■Facebookはこちら
□整体ブログはこちら
■採用ブログはこちら
□YouTubeはこちらから