【飲み会で腰痛に・・・】富山市接骨院

こんにちは☀ゆめたか接骨院富山院です(。・ω・。)

富山もついに雪が積もってしまいました⛄

といっても、一日で溶けてしまったのですが、本格的な冬になってきました🎄

さて、この時期に思いつくことと言えば、クリスマスだったりお正月だったり

いろいろとイベントが多くありますが、もう一つ『忘年会』シーズンです🍻

飲み会が多い時期ですが、飲み会の次の日に『何もしていないのに腰が痛い』

と来院される方がおられます。

お話を聞くと飲み会で席を立つことが少なかったなど・・・

2時間以上同じ姿勢は筋を緊張させます。

そして痛みの原因の多くは筋の緊張です。

飲み会で同じ姿勢で座っている状態でると筋の緊張により

▶ 痛み

▶ 重だるい

▶ むくみ

▶ 冷え

▶ 痺れ

など様々な症状が出てきます。

【対処として】

気がついたら体勢を変えたり、席を立つことができるのであれば

席を立つ事も必要になります。

自宅に帰ってからストレッチなどもいいかもしれないですね

痛みがない楽しい忘年会になりますように・・・(´人`)

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら
YouTubeはこちらから

抱っこひもと腰痛  富山市接骨院

こんにちは☀ ゆめたか接骨院富山院です(。・ω・。)

寒い日が続きますね☁

皆さん寒さ対策は始めていますか?

私は、こたつを出したくてうずうずしています(゚Д゚)

さて、当院に来院される患者様に

『子供を抱っこすると痛くなった・・・』

『抱っこひもを使うと腰が痛くなった・・』

といわれる事が多くあります。

これは、産後の方だと骨盤の不安定の状態も関係あるのですが

もう一つは、抱っこをする際の姿勢が関係しています。

お子様を抱っこするときや抱っこひもを使用する際

抱っこをする際、お子様の体重が前方にかかってしまうと必然的に

腰はバランスをとろうとして反ってしまいます。

腰が反ってしまうことにより筋の緊張がでて腰痛になります。

では、どのように対処したら良いのでしょうか?

抱っこひもの付け方、身体に合わないサイズの使用

これらは腰痛を強くさせます。

・普段と姿勢が変わらない状態で抱っこひもをつけるようにする

・大きめの抱っこひものサイズだと反腰になり子供の重さに腰が耐えきれなく痛 みが出てくるため身体に合った抱っこひものサイズをつけるようにしましょう

来院されている患者様の中で、抱っこひもを使用して腰痛になったとの声を多く聞きます。

正しい使用を行って頂き日常生活を快適に過ごしていきましょう。

当院では産後の骨盤矯正も行っております。ご不明な点がございましたら、

一度ご連絡ください(o^^o)

 

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら
YouTubeはこちらから

『姿勢と腰痛』について   富山市 接骨院

こんにちは(^^)/

最近、スポーツをするのに、動きやすい気温になってきましたね。

正しい身体の使い方をしないと腰痛になりやすくなります。

という事で

今回は『姿勢と腰痛』についてお伝えします

皆さん、自分自身正しい姿勢を意識出来ていますか?

座り方や日常生活によっても身体のバランスの崩れや骨盤の前傾が痛みにも繋がります。

では、骨盤の前傾があると腰痛になると思いますか?

骨盤が前傾すると腰が反ってしまいます。

腰が反ってしまうと衝撃をうまく吸収することが出来ないため痛みが出てきたり

寝ている時などでは腰全体が床にくっつくことが出来ないため、

腰背部と骨盤の方に体重がかかってしまい、負担が大きく痛みに繋がります。

朝起きて腰痛がある方は、この骨盤の前傾が関係ある可能性があります。

【骨盤の前傾に関する筋肉】

背骨から骨盤にかけての『腸腰筋』太ももの筋肉『四頭筋』と

お尻の筋肉『殿筋』

これらのバランスが悪いと骨盤の前傾に繋がります。

当院では、骨盤の歪みから整えていき筋肉の柔らかくしています。

腰痛にならないよう、まずは正しい身体の状態を作り

バランスの良い身体の使い方が出来るようにしていきましょう。

当院でも全力でサポートさせて頂きます。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

慢性的な腰痛ひどくならない方法 富山市接骨院

15370094_1202647163122594_7492557787678699560_o

こんにちは~

今日から雪がまた降り始めましたね(;”∀”)

皆様体調が崩れたりしていませんか?

さて、前回慢性的な腰痛について色々と知って頂けたかと思います。

その中には歪みからの影響もお伝えしました。

基本的に慢性的な方の痛みの状態は

重だるい感じ、ズーンと痛みがある感じなど鈍痛があります。

悪化した場合はシビレが伴ってくることもあります。

慢性的な腰痛がひどくしなくするにはどのようにしたら良いのか。。。

今回はお伝えしたいと思います。

筋の緊張によって痛みが出てくるため、筋の緊張をさせなければひどくなりません。

そのためには

・身体を温める

・同じ姿勢をずっとしない

・骨盤の歪むような事をしない
      
              など

■ 身体を温める
 
 筋の緊張があると、周囲の血管が圧迫され血液の流れが悪くなります。
 身体の冷えや痛みも身体を温めると筋の緊張が緩まりその血液の流れが良くなるため改善がみられます。

■ 同じ姿勢をずっとしない

 動く時だけが筋肉を使うわけではありません。
 人間は重力に負けないよう筋肉で姿勢を維持しています。同じ姿勢を維持することも筋肉を使うことになります。
 ずっと同じ姿勢が続くという事は、身体にとても負担がかかるという事になります。

■ 骨盤の歪むような事をしない

 NG
   脚を組む、横座り、寝ながらの行動、体育座り(お山座り)
   これらは、全て骨盤の歪みに関係しています。
 何気なく使っている座り方も骨盤の歪みに関係しています。骨盤に歪みが出ると筋の緊張が
 とても強くなり、バランスが良い人に比べ痛みが起きやすくなります。

他にも使い方によって筋の緊張が出てきたりします。日常生活を気をつけていくだけでも

慢性的な腰痛がひどくならないよう予防ができます。

筋肉が硬いまま放っておくと、ふとした瞬間によううぶ

ただ、日常生活や仕事で使わざるを得ないですよね。

当院では皆様が早く回復できるよう、根本改善改善も出来るようなメニューもあります。

不安なことがあればいつでもご相談下さい。

スタッフ一同全力でサポートさせて頂きます(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

   
◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

Twitterは  こちらから
Facebookは こちらから
エキテンは こちらから

スタッフHでした🌱