産後の腰痛予防 富山市接骨院

こんにちは(^^)/

今回は【産後の方の腰痛予防について】お話ししたいと思います。

前もお話ししたように、産後は「リラキシン」の影響により、

骨盤はグラグラな状態になっております。

骨盤は身体を支える土台ですので、その骨盤がグラグラしていると

他の筋で骨盤を支えていかなければいけません。

そのため、一般の方より産後の方は歪みや開き、痛みが出てきやすくなります。

 

骨盤のグラグラな不安定さがなくなれば、痛みも軽減しやすくなります。

そのため次の事に気をつけて頂くだけでも生活しやすくなる可能性があります。

■ 日常生活で歪まないような生活をする(足を組んだり、横座りをしない)

■ 骨盤ベルトをつける

(動く時・寝る時・お子様を抱っこするときは特につけるようにしましょう)

■ エクササイズを行う (骨盤底筋を鍛える)

 

これらの事を気をつけて頂き、産後腰痛にならないよう心掛けましょう

当院では、産後の骨盤矯正のメニューもあります。

産後調子が悪い方、腰の痛みがある方、開きが気になる方など

気になる方がおられましたら、一度試してみてくださ

育児や家事、日常生活の辛さを変えていけるよう

全力でサポートさせて頂きます<(_ _*)>

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

 

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4

📞076−493−5660

環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5

📞076−464−6228

金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階

📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

椎間板ヘルニアって何?

こんにちわ!腰痛ブログの時間です!

レセプトの時期は腰が痛くなる富山院院長のFです|д゚)

そんな時は副院長に治療してもらっています(^_-)-☆

今日はヘルニアについてお話しさせて頂きます。

まずヘルニアについて説明します。

・ヘルニアとは、体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。
・有名なところでは、臍ヘルニア〈でべそ〉、鼠径ヘルニア〈脱腸)があります。
・これが背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。

接骨院で対応可能なのはこの椎間板ヘルニアによる症状です。

・椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。

《原因》
椎間板は10歳を過ぎたころから老化が始まります。加齢に伴う椎間板の老化の過程で生じますが

・急に重い物を持ち上げる
・中腰といった日常の動作
・激しいスポーツなどの腰への負担

その他として喫煙、遺伝(同一家系内に発症しやすい)、精神・社会的側面(不安、抑うつ、結婚生活)や、仕事に対する姿勢(仕事上のストレス、仕事への集中度や満足度、失職)などが深く関与していることも指摘されています。

《治療》
整形外科での治療では、

①神経ブロック等の注射
②非ステロイド性消炎鎮痛剤や筋弛緩薬による薬物療法

がメインになってきます。

これらの治療で症状が軽減する方がほとんどですが、中には良くならない方もいます。

なぜか?

それは痛みの原因が別の部分にあるからなんです。

当院で考える痛みの原因は「筋肉の硬さ」です。

背骨を支えるのも、関節を動かすのもすべて筋肉の働きなんです。

その筋肉が硬くなるために背骨を支える力が弱まり椎間板にかかる負担が増えヘルニアを誘発しやすくなります。

なので当院では筋肉を柔らかくすることを一番目標において治療をしております。

次回はどのようにアプローチしていくかをお話しさせていただきます。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら
日本骨盤矯正技術協会のHPはこちら

【腰痛の方必見!!】今の時期行ってもらいたい事 富山市接骨院

こんにちはm(_ _)m

こんなに暑いのに梅雨明けしていないみたいです

学生はもうすぐ夏休みですね。部活に遊びにいろいろ忙しいと思いますが

皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

最近ぎっくり腰になる方が非常に多く来院されます。

なぜでしょうか?

今の時期考えられるのは、エアコンの関係が大きいと思います。

エアコンで部屋が冷えきっていませんか?

冷えた部屋にいると筋肉はとても緊張してしまいます。

そんなところに急に動いてしまうとどうなるでしょうか・・・Σ(・ω・ノ)ノ!

そうです!ビキッと怪我をしてしまいます。

怪我をしやすい方の筋肉は非常に硬く柔軟性のない筋肉です。

それでは硬くなる原因は何だと思いますか?

何度もお伝えしていると思いますが・・・もう一度(^_^)v

▶使いすぎ

▶使わなすぎ

▶病的な問題

▶外傷

主にこれらが関係してます。

ただ、もうひとつ・・・

身体が冷えると血液の流れは悪くなります。

そうなると筋肉は柔軟性のない硬い筋肉になってしまいます。

【今の時期行ってもらいたい事】

①エアコンの風を直接受けない

②急な動きをしない

③冷えた部屋では一枚服を多く着用する

④温かい物を飲む

いつもの骨盤が歪みにくい動作に+αこれらをぜひ行ってみてください

この暑い夏を元気に乗り切れるよう全力でサポートさせて頂きます。

 


富山院よりスタッフHよりお届けしました(。-`ω-)

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

腰痛でお悩みの方   【富山市接骨院】

こんにちはヾ(≧▽≦)ノ

富山も梅雨入りしたみたいですね(。-`ω-)

今回は患者様に書いていただいた施術の感想をご紹介したいと思います。

『手首と腰痛で来院しました。以前整形外科で受けた際には

あまり説明も治療もしてくれなかったのですが、こちらは普段どう

いう生活をしているか、現在の身体の状態はどうなっているのか等

くわしく説明をして下さり、施術をして下さいました。施術後は

本当に改善を感じ効果を感じました。知人にもぜひすすめたいと思います。

富山市     女性 』

『産後の腰痛がひどく、痛みをとってほしくて行きました。

説明がとてもていねいで安心できました。

無理なコースをすすめられることもなく、ホッとしています。

施術後は身体が軽いです。

富山市   女性   』

『10何年も苦しんできた背中、腰の痛みが

あっというまに楽になりました。不思議です。

行ってよかったです。

富山市    男性  』

『初めてぎっくり腰になり、整形に行ったが

湿布をもらうだけの処方で知り合いに

相談した所、ゆめたかさんを勧めてくれました。

わかりやすい説明で施術をしてくれるのでありがたいです。

富山市     女性  』

今回は腰痛でお困りの方の感想を載せさせていただきました。

最近暖かくなってくると、身体を使うことが非常に多く

そのため、急に動きで腰痛になってしまうかたもたくさんおられます。

身体のケアをきちんとし。

これから訪れる暑い暑い夏を楽しみましょう♪

当院では、根本改善から行っていき、皆様が生活しやすいよう一緒に

協力させていただいております。

お困りの事がございましたら、ご連絡ください٩( ”ω” )و

 

 

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

接骨院で対応可能!椎間板ヘルニアによる症状 富山市接骨院

こんにちは(`・ω・´)

季節の変わり目は天候や気温の差が激しく体調管理も大変なのではないでしょうか?

今日は『ヘルニア』についてお話しさせて頂きます。

【ヘルニアとは・・・】

・体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。

・有名なところでは、臍ヘルニア〈でべそ〉、鼠径ヘルニア〈脱腸)があります。

・これが背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。

接骨院で対応可能なのはこの椎間板ヘルニアによる症状です。

・椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。

【原因】

椎間板は10歳を過ぎたころから老化が始まります。加齢に伴う椎間板の老化の過程で生じますが

・急に重い物を持ち上げる

・中腰といった日常の動作

・激しいスポーツなどの腰への負担

その他として喫煙、遺伝(同一家系内に発症しやすい)、精神・社会的側面(不安、抑うつ、結婚生活)や、仕事に対する姿勢(仕事上のストレス、仕事への集中度や満足度、失職)などが深く関与していることも指摘されています。

【治療】

●整形外科での治療

①神経ブロック等の注射

②非ステロイド性消炎鎮痛剤や筋弛緩薬による薬物療法

がメインになってきます。

 

これらの治療で症状が軽減する方がほとんどですが、中には良くならない方もいます。

なぜか?

 

それは痛みの原因が別の部分にあるからなんです。

当院で考える痛みの原因は「筋肉の硬さ」です。

 

背骨を支えるのも、関節を動かすのもすべて筋肉の働きなんです。その筋肉が硬く

なるために背骨を支える力が弱まり椎間板にかかる負担が増えヘルニアを誘発しや

すくなります。

なので当院では筋肉を柔らかくすることを一番目標において治療をしております。

 

次回はどのようにアプローチしていくかをお話しさせて頂ます。

 

スタッフFからでした🏇

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

腰痛に悩まされない身体づくりをしませんか? 富山市 接骨院

こんにちは(`・ω・´)ゞ

WIN_20160610_08_51_43_Pro

この時期になると腰痛で悩まれる方が多く来院されます。

引っ越し作業をして痛みが出てきたり、業務内容が変わり使い方が変わったりと

腰に負担がかかりやすくなります。

ぎっくり腰になる方で多いのはもともと腰部の筋緊張が強い方です。

筋が傷つきやすく、ふとした瞬間に〝ビキッ″と傷つくという事があります。

ただそれだけが原因なわけではありません。

●物を持つとき、皆さん前かがみの姿勢で下のものをとっていませんか?

●急な動作を起こしていませんか?

前傾姿勢は腰に体重の3倍負担がかかります。

その状態で荷物を持つとどうなるでしょうか?

筋の緊張はピークを達し傷ついてしまいます。

荷物を運ぶとき、初動持は腰に負担をかけないような動作をしましょう。

● 物を持つときは前傾姿勢にならずに膝からしゃがむ。
● 急な動作を避ける
● 無理な動きをしない
● 重いものを持つときはコルセットを使用する。

まずはこのことを頭の片隅に入れてください。

そうすると、今までより腰部にかかる負担が減り、ぎっくり腰を回避できる

かもしれません。

当院には、一年に一回はぎっくり腰になってしまう。と言われる方も多く来院して

頂いております。

毎年腰痛に悩まされない身体づくりをしませんか?

当院の治療には痛いところの腰だけでなく根本改善を行っております。

歪みのない状態を作ることにより、筋の緊張が減り柔軟性のある筋を

作ると、ぎっくり腰になる事は激減します。

日常生活を過ごしやすく出来るよう、仕事をしやすくなるよう、そして

スポーツのパフォーマンスが向上できるよう、当院でお手伝いさせて頂きます。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

Twitterは  こちらから
Facebookは こちらから
エキテンは こちらから

スタッフHよりお届けしました🌱

エイエイ٩( ”ω” )و

 

 

運動したいのに腰が痛いあなた    富山市 接骨院

こんにちは(`・ω・´)ゞ

暖かくなってくると運動したくなりませんか

来院される方にも

『運動したいのに腰が痛くて・・・』

『痛いけど無理やり運動したらひどくなった』

などなど運動したい気持ちに身体がついてこないという事あります。

一度腰痛になるとなかなか運動時も支障が出ますよね。

腰が痛くなった時、主症状だけを良くしようと思っていませんか?

腰だけを意識してもスポーツが出来る身体とは言えません。

バランスがとても重要になります。

痛くなる原因として

  1. 怪我をして痛める
  2. 使いすぎて痛める

だいたいこの2つがあります。

ではなぜ、その場所だけ痛みを落ち着かせただけではダメなんでしょうか

 

【患部のみ】

怪我をすると痛みをかばい歪みが出てバランスが崩れます。

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

  • 怪我と違う場所が痛くなる
  • 患部に負担がかかり修復しにくくなる。

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

  • 運動時の痛みがよくならない
  • 思い切りスポーツを楽しめない
  • 正しい筋の使い方が出来ない

⇩⇩⇩⇩⇩

パフォーマンスの低下

再負傷が起きやすい

【当院の考えとして】

怪我をしてしまったとき、患部と根本改善を行っております。

怪我をする

⇩⇩⇩⇩⇩

バランスが崩れる

⇩⇩⇩⇩⇩

患部の処置、根本改善をする

⇩⇩⇩⇩⇩

  • 患部に負担がかからなくなる
  • 他の箇所の痛みが出ない
  • 身体が正しい使い方を覚える

⇩⇩⇩⇩⇩

再負傷の予防になる

パフォーマンスの向上

 

歪みがなく身体に正しい使い方を覚えさす事により、

再負傷が防ぐことが出来ます。

柔軟性のない筋肉ほど、怪我をしやすくなります。

歪みを整え正しいバランスにしていく事により余計な筋の緊張は

なくなり、パフォーマンスの向上にもつながります。

暖かくなり「運動したい!!」と思った時こそ

準備として歪みを整えるのもいいのではないでしょうか

いつでもご相談下さい(`・ω・´)

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

Twitterは  こちらから
Facebookは こちらから
エキテンは こちらから

 

スタッフHよりお届けしました🌱

エイエイ٩( ”ω” )و

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛と歪みの関係は? 富山市 接骨院

こんにちは(`・ω・´)ゞ

太陽が顔を出してくれていますが、まだまだ風は冷たいですね(;´・ω・)

2017-02-04 09.25.54

今回は腰痛と歪みの関係についてお伝えします。

腰がいたい・・・

色々な要因があると思います。

➀ 単純に怪我をしてしまった(ぎっくり腰など)

➁ over use(使い過ぎ)

➂ 病的な問題(小腸・大腸等の消化器系疾患・婦人科系疾患)

➃ 怪我の処置を怠ったため慢性的なものになった

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

➀ 単純に怪我をしてしまって痛みがある時

人間は痛みが出ると疼痛緩和姿勢をとろうとします。

そうすると、バランスが崩れて歪みが出てきやすくなります。

怪我をかばってバランスが崩れると、患部以外の場所にも

痛みが出てきやすくなります。

➁ over use (使い過ぎ)

筋肉は使いすぎる事により筋肉は緊張します。

筋肉が緊張すると痛みに繋がり日常生活に支障が出やすくなります。

実は筋の使いすぎは、動くだけではなく

同じ姿勢で作業をすることも筋肉は使っています。

筋肉は骨から骨までつながっていて筋肉が硬くなると

歪みも必然的に出てきます。

そして、足を組んだり、横座りをすれば余計歪みはひどくなります。

➂ 病的な問題(消化器系疾患・婦人科系疾患)

筋肉の傷や硬結だけではなく、内臓からの影響も関係しています。

内臓からの関係しているものは『関連痛』といい

内臓の不調により肩の痛みや腰痛、背部痛などが出てきます。

このように関連痛がある場合は速やかに病院へいきましょう。

また、バランスを崩してしまうと内臓の働きは悪くなってしまいます。

筋肉にだけでなく内臓の働き、自律神経などにも影響をしています。

➃ 怪我の処置を怠ったため慢性的なものになったもの

ぎっくり腰や寝違えなど筋肉が傷ついた後、痛みが治まってきたからといって

その後の処置を放置していませんか?

実はぎっくり腰などでケガをしたあと大体1週間くらいで

強い痛みは落ち着きます。しかし、筋の修復は3週間くらいかかります。

強い痛みが治まった後もきちんとした治療をしなければ筋の傷は

硬結してしまい、そこから慢性的な腰痛になってします。

初期の治療には

固定、アイシング、安静がとても重要ですが、強い痛みが落ち着いた後は

温め、筋肉を柔らかくする必要があります。

歪みをきちんと整え筋肉を柔らかくすることで再負傷しにくい

身体を作っていくことが大切です。

当院では、皆様が日常生活を送りやすいよう全力でサポートさせて頂きます。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

Twitterは  こちらから
Facebookは こちらから
エキテンは こちらから

スタッフHよりお届けしました🌱

エイエイ٩( ”ω” )و

交通事故でも腰痛がでる!?     富山市 接骨院

こんにちは☀

3月です!桜が待ち遠しい今日この頃・・・🌸

今回は交通事故による腰痛について書かせて頂きます(`・ω・´)ゞ

皆さん事故にあって最初に思いつく症状は首の『むち打ち』ではないでしょか?

実は腰にもむち打ちは起こりやすいんです。

頸椎と腰椎は同じ背骨としてつながっています。

急な事故の衝撃により、腰堆も首と同じように鞭を打つような状態になります。

首の方が鞭を打つ幅が大きいため最初に痛みを感じやすいのは首ですが

首の痛みに隠れて腰もダメージを受けている場合がほとんどです。

また症状も当日や翌日ではなく、

4日~10日くらいで表面化してくる場合がほとんどです。

交通事故による腰痛にも大きく分けて2種類あり

➀ ぎっくり腰のように腰部の筋肉や関節等に炎症を起こすもの
➁ 筋肉が硬くなったことによるもの

に分けられます。

《➀の場合》
症状としては、痛みが強く動作痛や静止痛(じっとしていても痛い)が著名です。
このような痛みの場合は
・患部を冷やす
・コルセットやテーピングで固定する
・安静にする(横になって寝る)
上記のような処置がまずは必要になります。

《➁の場合》
症状は、鈍痛(つっぱる、なんとなく痛い、重い等)や動作痛がある場合もありますが動けないほど痛いという事はなく
痛みがあるけども何とか仕事ができるくらいの動作痛が見受けられます。
また人によってはシビレが併発していることもあります。(早急にMRIを撮ることをお勧めします)
この場合は
・早期に骨盤矯正をしていき真っ直ぐな体を作る
・硬くなった筋肉を柔らかくしていく
上記のような処置が適切かと思います。

少しでも悩みがある方は一度ご連絡下さい(≧▽≦)

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

Twitterは  こちらから
Facebookは こちらから
エキテンは こちらから

スタッフF。Hよりお届けしました🌱

エイエイ٩( ”ω” )و

産後の腰痛   富山市 接骨院

こんにちは(*’▽’)

今回は産後の腰痛についてお伝えします(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

まずは、本題に行く前に骨盤についてお伝えします。

■ 人間の骨盤は左右一対の寛骨、仙骨、尾骨でできています。

 *寛骨というのは腸骨、坐骨、恥骨が一体化したものを言います。

■ 寛骨、仙骨の間にはたくさんの靭帯があります。

■ 役割として➀上半身を支える ➁内臓の保護 ➂ 赤ちゃんを守る ➃座った姿勢を支える などあります。

産後の骨盤の状態って一般的なものと何が違うかご存じでしょうか?

★ 一般的な骨盤の歪み
  日常生活の動作、姿勢、癖、怪我をかばった際などに歪みが出やすくなります。
★ 産後の骨盤
  一般の骨盤の歪み+骨盤の開き

WIN_20170214_20_44_04_Pro

【産後の骨盤】

産後1ヶ月~6ヶ月で骨盤はもとに戻ろうとしていきます。

赤ちゃんが生まれた直後には、母体の骨盤は最大限に開き、だんだん緩んでいきます。

産後は左右の骨盤が交互に、少しずつ縮む事を繰り返しながら元の状態に戻っていきます。

だいたい安定する期間として、個人差はありますが産後6ヶ月~1年かかります。

【リラキシンの影響】

産後の骨盤はリラキシンの影響により骨盤をつなぐ靭帯を緩みすぎているため、
  
とても不安定になります。その靭帯の代役として周りの筋肉が頑張ってしまいます。
  
そうすると、筋肉が硬くなり、ほかの筋肉まで負担がかかるため、悪循環になってしまいます。

産後の腰痛に悩まれて来院される方も多くおられます。

先ほども説明させて頂いた通り、リラキシンの影響で骨盤の不安定さがあるのはもちろんですが、

その不安定な状態で家事やお子様の抱っこ、授乳中の姿勢、前傾姿勢が多いと腰部はとても痛みが出てきやすく。

そして、痛くても安静にできず、無理やり動いておられる方が多くおられます。

きちんと骨盤の歪みや開きを取って、骨盤の不安定な状態をなくならせてあげれば

悩みが減ってくるかもしれません。

お子様をより良い環境で育てていけれるよう、全力でサポートさせて頂きます(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

【当院の産後の骨盤矯正】

対象者 : 産後1か月~6か月

お悩み : 痛み、開きが気になる、プロポーション、身体のだるさ など

初診時 : 初診時は問診や詳しく説明をさせていただくため
      大体1時間から1時間半時間を取らさせて頂いています。
      問診、検査、説明、治療をさせて頂きます。
      
もし、産後6ヵ月過ぎている方でもお悩みがあればご相談下さい(*´ω`*)

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

Twitterは  こちらから
Facebookは こちらから
エキテンは こちらから
産後の骨盤矯正についてはこちら
⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

スタッフHでした🌱