ケガをした場合の処置 RICE処置

みなさんこんにちは!

「熱闘甲子園」を今年も録画予約しました!

富山院院長です。

夏休みで部活動の練習や大会も多いかと思います。

スポーツにはケガがつきものです。

ケガをしたときにいかに適切に処置できるかが、

早期回復につながります。

そんな場合に行う処置が「RICE処置」です。

1.Rest(安静)
ケガを悪化させないために患部を安静にします。

2.Icing(冷却)
炎症を抑えるために冷やします。
冷やし方は氷嚢やアイスノンを患部に当てることをお勧めします。

3.Compression(圧迫)
腫れや出血を抑えるために包帯やギプス等で固定します。

4.Elevation(挙上)
患部を心臓より高い位置に持ち上げます。
こうすることで腫れが引きやすい状態を作ります。

これは接骨院や整形外科でもケガをしたところは

このような処置を行います。

ただ自分でなかなか適切に出来ない場合もありますので

ケガをした場合は早急に接骨院や整形外科への受診をオススメします。

電話でのご相談も受け付けておりますので

お気軽にご相談下さい。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

【痛み】は悪いことではないです!

みなさんこんにちは!

サッカーW杯、日本代表が勝ちましたね!

このまま順調に勝ち進んでほしいですね。

さて今日は「痛みの捉え方」についてお話しさせていただきます。

「痛み」というものはできるだけ感じたくないですよね。

最近患者様からも「ずっと肩こりや腰痛を感じるから私は不健康な人間だ」

と言われました。

痛いからこそ日常生活においてできることが減ったり、

やりたいスポーツができなかったり。

でも視点を変えてあげるととても重要な体のサインだったりします。

「痛み」というのは体のサイレンなんです。

「もう体は限界ですよ」、「休んでください」という

体のお知らせなんです。

痛みを感じるからこそ、

・病院に行こうかな
・今日は早めに寝ようかな
・食事を変えようかな
・整体に行こうかな
・薬を飲もうかな

などの対策を立てることが出来ます。

逆に痛みを感じないと、体が限界に来ているのに

そのまま使い続けてしまうことになるため

大きなケガに繫がったり、病気になったりする可能性が高まってきます。

なので【痛みを感じる→体の異変に気付きやすい】

ということは全然悪いことではないです。

むしろ体のサイレンに気付くことが出来ない人の方が

良くないと私は考えます。

ゆめたか接骨院では皆様に治療を提供することで

体の痛みを緩和し、やりたいことを思い切ってやっていただくことを

大切にしています。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

 

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4

📞076−493−5660

環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5

📞076−464−6228

金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階

📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

梅雨時期の身体のだるさには骨盤矯正!

みなさんこんにちは!

梅雨の季節が近づきジメジメした日が増えてきましたね。

気温の寒暖差も安定しないため、身体がダルイと感じる人も多いと重います。

『腰痛の8割はストレスから』

という言葉もあるように、天気の不安定・温度差の不安定は

体のだるさを作り、肉体的なストレスとなり

それが慢性的な腰痛につながってきます。

ここで大事なことは筋肉が硬くなることで痛みが出てくるので

【体を温める】ことが重要になります。

身体の熱を作り体温を上げていくのは

3分の2以上は筋肉の収縮によるものです。

なので筋肉を柔らかくすることはとても大事です。

筋肉を柔らかくするために骨盤矯正はとても有効です。

歪みをとることで筋肉が柔らかくなり血流が良くなるだけではなく

溜まった湿気などの不要な老廃物を体外へ排出しやすくなります。

ゆめたか接骨院で歪みを整え筋肉を柔らかくすることで

梅雨の季節を乗り切りましょう!

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
■Twitterこちら
□エキテンはこちら
■Facebookはこちら
□整体ブログはこちら
■採用ブログはこちら
□YouTubeはこちらから

骨盤矯正後にやってはいけないこと

みなさんこんにちは!

今日は、「骨盤矯正の後にやってはいけないこと」についてお話しします。

下記の動画でも説明しています♪

まず1つ目は『脚を組まない』こと

脚を組むこと自体が身体を歪ませてしまいますし、

歪んでいる証拠でもあります。

骨盤矯正をして真っ直ぐな体を作ってありますので

脚を組むことは絶対に避けて頂きたいです。

2つ目は『寝ながらの行動を避ける』

うつ伏せで本やスマホをいじると反り腰を誘発してしまいますし、

横向きの状態でテレビを長時間みると横に捻じれてきてしまいます。

ポイントとしては絶対にしてはいけないという事ではなく

【長くやりすぎない】

事に注意していただきたいです。

3つ目は『横座り』

これは女性に多いかと思います。

床に座る際に横座りをすると骨盤の捻じれや膝の捻じれが生じてしまいます。

これも脚を組むことと同様に絶対に避けて頂きたいです。

動画で紹介してないものとしては

『後ろポケットにものを入れた状態で座らない』

これも大事です。これは男性に多いかと思います。

坐骨の左右の高さに違いが出てしまうため、

その状態で座り続けてしまうと骨盤は歪んできます。

以上のことを気を付けて頂くだけでも

良い状態を維持しやすくなります。

是非ご自宅でお試しください!

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
■Twitterこちら
□エキテンはこちら
■Facebookはこちら
□整体ブログはこちら
■採用ブログはこちら
□YouTubeはこちらから

腰椎分離症 富山市接骨院

みなさん明けましておめでとうございます!

本年もゆめたか接骨院グループをよろしくお願い致します。

高校サッカーや箱根駅伝など意外と冬も注目スポーツが多いですよね。

最近来た高校生のサッカー部患者さまで

「腰椎分離症と言われたから治してほしい」

という方がいました。今回はその「腰椎分離症」についてお話しさせていただきます。

【好発年齢】
10歳から16歳くらいの男子のスポーツ選手に多く見受けられます。

【原因】
一度のケガでなることは少なく

激しい練習を繰り返したことによって起こることがほとんどです。

【病態】
腰椎と言われる背骨の骨の後ろの部分に

亀裂が入る状態です。

【病院での治療】
まず整形外科でレントゲン等の検査を受け、

どこの骨に亀裂が入っているかを確認することになります。

その上でほとんどは腰椎コルセットを用いての固定と湿布による保存両方になります。

もちろんスポーツは中止という指示が出るでしょう。

【ゆめたかとしてのアプローチの仕方】
痛みの程度にもよりますが、まず激しい運動を避け固定をするのが最優先です。

やはり骨に亀裂が入っているためその部分に負担をかけないようにすることが先決ではあります。

ただ、ずっと固定したままだと周りの筋肉は硬くなってしまい

骨が引っ付いた後の競技復帰が遅くなる場合があります。

なので固定と並行して、【筋肉を柔らかくしていくこと】が重要になります。

なぜかというと筋肉は骨から骨に付いているため、

柔らかい状態の方が亀裂が入った骨への負担が減るのと

固定による可動域の減少を軽減することが出来るからです。

それではどうやって柔らかくするかというと

ゆめたか接骨院の伝家の宝刀【骨盤矯正】です!

当院の骨盤矯正は強い力ではやらないため

分離症の際も矯正を行うことが出来る手技です。

歪みを整えその上で、手技療法でほぐしていくことで

患部への負担を減らし、痛みを軽減していくことが出来ます。

早期に矯正を含めた治療を行うことで復帰が早くなるので

お困りの方は是非当院までお越しください!

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら
YouTubeはこちらから

ストレッチは秒数に注意! 富山市接骨院

みなさんこんにちわ!ゆめたか接骨院富山院です。

ウインタースポーツの時期が来ましたね~

富山県のスキー場も営業を開始したので

スノボやスキーに行かれる方も多いのではないでしょうか。

そこで運動前や運動後にストレッチをすることは多いと思いますし、

とても重要です。

ただやり方を間違えると効果が薄かったり逆効果だったりします。

なので今回は「運動前と運動後のストレッチの秒数」についてお話しします。

まず運動前のストレッチの目的は

・プレー中の怪我予防
・パフォーマンス向上

というのがザックリとした目的で

運動後のストレッチの目的は

・筋疲労を取ること

これが目的となってきます。

ストレッチの内容についてはオーソドックスなやり方で良いのですが

注意してほしいのが【伸ばす時間】です!

運動前は≪15秒以内≫

運動後は≪45秒以上≫

を目安に伸ばしてほしいのです!

これには理由があり、運動前に伸ばしすぎると

筋肉が柔らかくなりすぎてしまい

関節を保護する力が低下してしまうのです。

なので長くストレッチをしたからプレー中のケガの率が下がるかというと

そういうわけではありません!※全くやらないのも×ですが…

運動後に関しては長く伸ばすことで筋肉に溜まった乳酸等を

流すことが出来るので長めの方が筋疲労は取れやすいです。

なので今回の伸ばす時間を参考に

楽しいウインタースポーツライフを送って頂ければと思います(@^^)/~~~

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら
YouTubeはこちらから

【飲み会で腰痛に・・・】富山市接骨院

こんにちは☀ゆめたか接骨院富山院です(。・ω・。)

富山もついに雪が積もってしまいました⛄

といっても、一日で溶けてしまったのですが、本格的な冬になってきました🎄

さて、この時期に思いつくことと言えば、クリスマスだったりお正月だったり

いろいろとイベントが多くありますが、もう一つ『忘年会』シーズンです🍻

飲み会が多い時期ですが、飲み会の次の日に『何もしていないのに腰が痛い』

と来院される方がおられます。

お話を聞くと飲み会で席を立つことが少なかったなど・・・

2時間以上同じ姿勢は筋を緊張させます。

そして痛みの原因の多くは筋の緊張です。

飲み会で同じ姿勢で座っている状態でると筋の緊張により

▶ 痛み

▶ 重だるい

▶ むくみ

▶ 冷え

▶ 痺れ

など様々な症状が出てきます。

【対処として】

気がついたら体勢を変えたり、席を立つことができるのであれば

席を立つ事も必要になります。

自宅に帰ってからストレッチなどもいいかもしれないですね

痛みがない楽しい忘年会になりますように・・・(´人`)

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら
YouTubeはこちらから

腰痛は怪我をかばっても出てくる!? 富山市接骨院

こんにちは(。・ω・。)

ゆめたか接骨院です☀

運動の秋といいますが皆さんは運動できていますか?

一気に運動してしまうと怪我をしやすかったり、

身体の負担がかかりやすくなるため

運動をこれから始めるという方は

少しずつ運動を増やしていくようにしましょうね!(^^)!

さて、皆さんは腰が痛くなる時、何かの拍子に痛くなる事もあるのですが

膝や股関節、足首を痛めてしまった後に

腰も痛くなったということはありませんか?

実はぎっくり腰と違い膝や股関節、足首を痛めた時、

患部をかばって生活して腰痛になってしまうこともあります。

人間は痛みが出ると疼痛を緩和する姿勢を無意識にとります。

その状態で生活をすると自然と身体の使い方が変わるため

骨盤の歪みが出てきます。

そのため余計な筋の緊張がいろいろなところに出て

腰痛や背部の痛みにも関係しています。

それでは、怪我をしたときどのようにしたら、

腰痛などほかの部位に負担がかからなくなると思いますか?

当院で行っているのは

Ⅰ 患部の処置
冷却、圧迫、挙上、安静

Ⅱ 身体のバランスを整える
・余計な筋の緊張をとっていき患部の早期回復が期待できる
・患部をかばって腰痛や背部痛など痛くならないようケアになる

このような、怪我で来院された患者様にも根本改善からおすすめして、

自然治癒の向上をねらい早期回復と二次的な痛みが起こらないよう

全力でサポートさせていただいております<(_ _)>

もし、不安な点がございましたら、一度ご連絡ください!(^^)!

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398
ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

腰痛の原因は「筋肉の硬さ」 【富山市接骨院】

8月になりましたね(。-`ω-)

色々な所で花火大会がありますが見に行きましたか?

綺麗ですよね✨私は音だけ楽しみました🎆

今回は『筋肉の硬さ』についてです。

腰痛の原因は色々ありますが筋の緊張がとても関係しています。

では、筋肉が緊張する原因はなんだと思いますか?

一般的に

➀使いすぎ

➁使わなすぎ

➂骨格の歪みからの影響

が考えられます

大体の方は使いすぎで筋肉の緊張が出ています。

人間は重力に負けないよう筋肉で身体を支えています。

それだけでも筋肉は使っているのです。

皆さん日常生活を思い出してください。

姿勢悪くないですか?使い方は均等に出来ていますか?

おそらく出来ていないと思います。

ただでさえ筋肉は生活する中で使うのに、それにプラスして

悪い姿勢などで余計負担させてしまいます。

そして、歪みが出てくるとなかなか良くなってこないですよね(^_-)

そのため、根本改善がとても重要になります。

痛みや硬いところはそこだけマッサージをしただけでは、限度があります。

骨盤矯正をして歪みからの筋の引っ張りを取り除き

ほぐしていくと効果的に筋の緊張が緩まってくれます。

夏はお出かけなどで動くことが多くなると思います

より良く日常生活を過ごしていけるよう身体のケアをきちんとしていきましょう。

当院では根本改善から行っていき、皆様の生活のサポートを行っていきます。

疑問・不安がありましたら、ご連絡下さいm(_ _)m

 

 

 

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら
日本骨盤矯正技術協会のHPはこちら

【腰痛】コルセットの巻き方について 富山市接骨院

こんにちは!!ゆめたか接骨院です(`・ω・´)

今回のゆめたかTVで腰痛時のコルセットの巻き方についてお伝えしています

当院では、肩の痛みや腰痛・膝の痛みで来院される方が多いです。

その中でも最近よく質問されることがあります。

「コルセットの正しい巻き方を教えてほしい」

「コルセットはどんな時巻いたらいいの?」

このような質問いただきます。

そのため今回、ゆめたかTVで【コルセットの巻き方】について取り入れました。

ぜひ確認してみてください★

まず動画のコルセットの適用例ですが、

基本的にはぎっくり腰のように急に痛くなり、動くのもやっとかっと

と言った場合に巻いていただくのがベストです。

ぎっくり腰のように関節や筋肉を痛めてる場合は患部を固定し

動かなくすることが重要です。

固定をすることで患部への負担を減らし、組織が回復することに繋がります。

コルセットを巻くことで骨盤や腰椎の動きを止めることが出来るので

非常に有効です。

続いて巻き方の解説ですが、

1.骨盤の腸骨(細かい場所は動画で参照ください)を中心に巻く

2.マジックテープを止める部分はおへそから少し下の部分

3.最後に補助のベルトを強さの調整をします。

ここで注意!特に1と2の位置を必ず守っていただくことが重要です!

上過ぎるとお腹が圧迫され辛くなりますし、

下過ぎると固定力が大きく失われます。

正しい位置につける事で本来の効果を出せるように使用しましょう。

最後に【いつまでコルセットをしていたらいいのか?】について、

1日の中では寝るとき以外は巻いておいた方が良いです。

ぎっくり腰を起こしてから5日以上たち最初よりも

痛みが半分になってからは巻かない時間を増やしていきましょう。

最終的にはコルセットを巻くのを卒業していくことも大切です。

自分の筋力がコルセットに頼りすぎて弱くなってしまうのを

防ぐためです。

正しく使うことで上手くコルセットと付き合っていきましょう!

                           院長より

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら