椎間板ヘルニアって何?

こんにちわ!腰痛ブログの時間です!

レセプトの時期は腰が痛くなる富山院院長のFです|д゚)

そんな時は副院長に治療してもらっています(^_-)-☆

今日はヘルニアについてお話しさせて頂きます。

まずヘルニアについて説明します。

・ヘルニアとは、体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。
・有名なところでは、臍ヘルニア〈でべそ〉、鼠径ヘルニア〈脱腸)があります。
・これが背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。

接骨院で対応可能なのはこの椎間板ヘルニアによる症状です。

・椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。

《原因》
椎間板は10歳を過ぎたころから老化が始まります。加齢に伴う椎間板の老化の過程で生じますが

・急に重い物を持ち上げる
・中腰といった日常の動作
・激しいスポーツなどの腰への負担

その他として喫煙、遺伝(同一家系内に発症しやすい)、精神・社会的側面(不安、抑うつ、結婚生活)や、仕事に対する姿勢(仕事上のストレス、仕事への集中度や満足度、失職)などが深く関与していることも指摘されています。

《治療》
整形外科での治療では、

①神経ブロック等の注射
②非ステロイド性消炎鎮痛剤や筋弛緩薬による薬物療法

がメインになってきます。

これらの治療で症状が軽減する方がほとんどですが、中には良くならない方もいます。

なぜか?

それは痛みの原因が別の部分にあるからなんです。

当院で考える痛みの原因は「筋肉の硬さ」です。

背骨を支えるのも、関節を動かすのもすべて筋肉の働きなんです。

その筋肉が硬くなるために背骨を支える力が弱まり椎間板にかかる負担が増えヘルニアを誘発しやすくなります。

なので当院では筋肉を柔らかくすることを一番目標において治療をしております。

次回はどのようにアプローチしていくかをお話しさせていただきます。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら
日本骨盤矯正技術協会のHPはこちら

妊娠中、産後の人の腰痛予防!!  富山市接骨院

こんにちは(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
もうすぐ6月に入り梅雨が入り涼しくなるのかと思いきや暑いですね(;”∀”)

最近日焼けを気にし始めた。スタッフHです🐷

妊娠中から腰痛がひどくなり出産しても良くならないと言われる方が

多くおられます。

妊娠中、産後の場合は『リラキシン』というホルモンが関係しています。

この『リラキシン』何が影響しているかというと

骨盤は1つの骨で出来ているわけではありません。

「フリー骨盤画像」の画像検索結果

このように色々な骨がくっついて骨盤が作り上げられますh。

リラキシンはその骨と骨の間にある靭帯を緩める役割があります。

リラキシンが一番作用するものは恥骨になります。

そのため妊娠中や産後の方は恥骨が痛くなる事がとても多くおられます。

靭帯が緩められると、骨盤はグラグラになります。

これは出産する際に一番グラグラな不安定になり、そうなると人間は骨盤周囲の

筋肉で骨盤を安定しようと、緊張してしまいます。

そうなると、腰痛や骨盤周囲の痛みに繋がり、日常生活にも支障がでてきます。

妊娠、産後の腰痛予防

骨盤の不安定な状態は産後約6ヶ月くらいまで続きます。

①バンドをきちんと締め、骨盤の開きがないようにしましょう。

➁腰部、骨盤周囲の筋の緊張がある状態でなおかつ重いものを持ってしまうと

怪我に繋がります。

➂身体をなるべく温め筋の緊張をほぐしていきましょう。

➃骨盤底筋のトレーニングをすることにより骨盤に安定感が出てきます。

痛みが落ち着いたらチャレンジしてみましょう

このような事に気をつけていく事により、腰痛予防になります。

ぜひぜひお試しあれ~((((oノ´3`)ノ

当院では、産後の骨盤矯正も得意として行っております。

困ったこと、不安なことがありましたらご相談下さい(`・ω・´)ゞ

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

《富山院》
ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

椎間板ヘルニアについて ~パート2~   富山市接骨院

こんにちはヾ(≧▽≦)ノ

だんだん暖かくなってきましたね☀

前回に引き続きヘルニアについてお話しさせて頂きます(^^♪

前回の投稿ではヘルニアがどんなものか?どんな症状が出るか?痛みの原因はどこにあるか?

についてお話しさせて頂きました。

ではゆめたかではどのようにアプローチしていくか

「筋肉の柔らかくする」

ここを一番目標にして治療していきます。

痛みの原因は「筋肉の硬さ」です。なのでここをどれだけ取っていけるかが重要になってきます。

そしてそれを実現するために一番近道になるのは

身体の歪みを整えてあげることです

なぜ歪むかというと日常生活での癖や動き方などいろいろありますが一番の原因は

・痛みがあればかばってしまう

これによるものがほとんどです。

当院では「骨盤矯正」をすることでこの身体の歪みを徹底的に良いクセに変えていきます。

身体の悪い歪みの癖が変わってくるとともに、筋肉も少しずつ柔らかくなってきます。

柔らかくなる事で神経に対しての刺激が減ってくるので

しびれの症状も徐々に減ってきます。

骨盤矯正をし、身体の歪みが整ってくると本来持っている治癒力を引き出すことが出来るので痛みが治りやすい身体が出来てきます。

ただ、神経ブロックや痛み止めと違い

身体が持っている治癒力を引き出す治療になるので

1回では完全に取り切ることはできません。そして即効性もありません。

その方の症状の出方にもよりますが、

4~6回の治療が目安としては必要になってきます。

以上がゆめたかでのヘルニアに対してのアプローチの仕方になってきます。

余談ではありますが、

ヘルニアに似たような症状を出す疾患として

「脊柱管狭窄症」

があります。この狭窄症とヘルニアの違いは何かというと

神経に触っている部分の違いと好発年齢の違いがあります。

脊柱管狭窄症は神経が通っている脊柱の中に異常があり、

ヘルニアは神経が脊柱から出た後の末梢神経系に異常が出てくる疾患です。

ヘルニアは20代から40代の青年期に比較的多くみられ

狭窄症は高齢者に多くみられます。

どちらの疾患もゆめたかで症状を減らすために治療はしていけますが、

狭窄症の方がやや症状が軽減するまでに時間がかかります。

そちらにしても「痛み」ではなく「シビレ」の治療は

時間がかかるものだという認識でいて頂きたいと思います。

 

 

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

スタッフFよりお届けしました🏇

接骨院で対応可能!椎間板ヘルニアによる症状 富山市接骨院

こんにちは(`・ω・´)

季節の変わり目は天候や気温の差が激しく体調管理も大変なのではないでしょうか?

今日は『ヘルニア』についてお話しさせて頂きます。

【ヘルニアとは・・・】

・体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。

・有名なところでは、臍ヘルニア〈でべそ〉、鼠径ヘルニア〈脱腸)があります。

・これが背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。

接骨院で対応可能なのはこの椎間板ヘルニアによる症状です。

・椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。

【原因】

椎間板は10歳を過ぎたころから老化が始まります。加齢に伴う椎間板の老化の過程で生じますが

・急に重い物を持ち上げる

・中腰といった日常の動作

・激しいスポーツなどの腰への負担

その他として喫煙、遺伝(同一家系内に発症しやすい)、精神・社会的側面(不安、抑うつ、結婚生活)や、仕事に対する姿勢(仕事上のストレス、仕事への集中度や満足度、失職)などが深く関与していることも指摘されています。

【治療】

●整形外科での治療

①神経ブロック等の注射

②非ステロイド性消炎鎮痛剤や筋弛緩薬による薬物療法

がメインになってきます。

 

これらの治療で症状が軽減する方がほとんどですが、中には良くならない方もいます。

なぜか?

 

それは痛みの原因が別の部分にあるからなんです。

当院で考える痛みの原因は「筋肉の硬さ」です。

 

背骨を支えるのも、関節を動かすのもすべて筋肉の働きなんです。その筋肉が硬く

なるために背骨を支える力が弱まり椎間板にかかる負担が増えヘルニアを誘発しや

すくなります。

なので当院では筋肉を柔らかくすることを一番目標において治療をしております。

 

次回はどのようにアプローチしていくかをお話しさせて頂ます。

 

スタッフFからでした🏇

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら