腰痛は怪我をかばっても出てくる!? 富山市接骨院

こんにちは(。・ω・。)

ゆめたか接骨院です☀

運動の秋といいますが皆さんは運動できていますか?

一気に運動してしまうと怪我をしやすかったり、

身体の負担がかかりやすくなるため

運動をこれから始めるという方は

少しずつ運動を増やしていくようにしましょうね!(^^)!

さて、皆さんは腰が痛くなる時、何かの拍子に痛くなる事もあるのですが

膝や股関節、足首を痛めてしまった後に

腰も痛くなったということはありませんか?

実はぎっくり腰と違い膝や股関節、足首を痛めた時、

患部をかばって生活して腰痛になってしまうこともあります。

人間は痛みが出ると疼痛を緩和する姿勢を無意識にとります。

その状態で生活をすると自然と身体の使い方が変わるため

骨盤の歪みが出てきます。

そのため余計な筋の緊張がいろいろなところに出て

腰痛や背部の痛みにも関係しています。

それでは、怪我をしたときどのようにしたら、

腰痛などほかの部位に負担がかからなくなると思いますか?

当院で行っているのは

Ⅰ 患部の処置
冷却、圧迫、挙上、安静

Ⅱ 身体のバランスを整える
・余計な筋の緊張をとっていき患部の早期回復が期待できる
・患部をかばって腰痛や背部痛など痛くならないようケアになる

このような、怪我で来院された患者様にも根本改善からおすすめして、

自然治癒の向上をねらい早期回復と二次的な痛みが起こらないよう

全力でサポートさせていただいております<(_ _)>

もし、不安な点がございましたら、一度ご連絡ください!(^^)!

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398
ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

ぎっくり腰になる原因 富山市接骨院

こんにちは(。・ω・。)ゆめたか接骨院富山院です。

寒くなってきましたね~

朝晩と冷え込むこの時期は

暖かいものを食べたくなってきます(^-^)

だんだん寒くなってくると要注意なのが

【ぎっくり腰】です

■ 朝の起きがけ

■ 重いものを持った時

■ 無理なストレッチ

■ 前傾姿勢になった時

■ いつも行うことのない動作

 

などで痛みを伴いやすくなります。

しかし、ぎっくり腰になるときは必ず

日頃の疲れによって

「筋肉の緊張」がある事が多くあります。

緊張状態が強い筋肉は柔軟性がなく

少しの衝撃で筋肉に傷がついてしまいます。

ストレッチや身体を温めるという行動は

ぎっくり腰の予防にとても重要なものになります。

これから、冬に向けて怪我、風邪で悩まされないよう

今から身体を整えて起きましょう。

当院では、骨盤矯正から余計な筋の緊張をとっていき

怪我の早期回復、怪我予防も行っております。

少しでも皆様のお手伝いになれば幸いです。

 

 
◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

『姿勢と腰痛』について   富山市 接骨院

こんにちは(^^)/

最近、スポーツをするのに、動きやすい気温になってきましたね。

正しい身体の使い方をしないと腰痛になりやすくなります。

という事で

今回は『姿勢と腰痛』についてお伝えします

皆さん、自分自身正しい姿勢を意識出来ていますか?

座り方や日常生活によっても身体のバランスの崩れや骨盤の前傾が痛みにも繋がります。

では、骨盤の前傾があると腰痛になると思いますか?

骨盤が前傾すると腰が反ってしまいます。

腰が反ってしまうと衝撃をうまく吸収することが出来ないため痛みが出てきたり

寝ている時などでは腰全体が床にくっつくことが出来ないため、

腰背部と骨盤の方に体重がかかってしまい、負担が大きく痛みに繋がります。

朝起きて腰痛がある方は、この骨盤の前傾が関係ある可能性があります。

【骨盤の前傾に関する筋肉】

背骨から骨盤にかけての『腸腰筋』太ももの筋肉『四頭筋』と

お尻の筋肉『殿筋』

これらのバランスが悪いと骨盤の前傾に繋がります。

当院では、骨盤の歪みから整えていき筋肉の柔らかくしています。

腰痛にならないよう、まずは正しい身体の状態を作り

バランスの良い身体の使い方が出来るようにしていきましょう。

当院でも全力でサポートさせて頂きます。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

椎間板ヘルニアって何?

こんにちわ!腰痛ブログの時間です!

レセプトの時期は腰が痛くなる富山院院長のFです|д゚)

そんな時は副院長に治療してもらっています(^_-)-☆

今日はヘルニアについてお話しさせて頂きます。

まずヘルニアについて説明します。

・ヘルニアとは、体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。
・有名なところでは、臍ヘルニア〈でべそ〉、鼠径ヘルニア〈脱腸)があります。
・これが背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。

接骨院で対応可能なのはこの椎間板ヘルニアによる症状です。

・椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。

《原因》
椎間板は10歳を過ぎたころから老化が始まります。加齢に伴う椎間板の老化の過程で生じますが

・急に重い物を持ち上げる
・中腰といった日常の動作
・激しいスポーツなどの腰への負担

その他として喫煙、遺伝(同一家系内に発症しやすい)、精神・社会的側面(不安、抑うつ、結婚生活)や、仕事に対する姿勢(仕事上のストレス、仕事への集中度や満足度、失職)などが深く関与していることも指摘されています。

《治療》
整形外科での治療では、

①神経ブロック等の注射
②非ステロイド性消炎鎮痛剤や筋弛緩薬による薬物療法

がメインになってきます。

これらの治療で症状が軽減する方がほとんどですが、中には良くならない方もいます。

なぜか?

それは痛みの原因が別の部分にあるからなんです。

当院で考える痛みの原因は「筋肉の硬さ」です。

背骨を支えるのも、関節を動かすのもすべて筋肉の働きなんです。

その筋肉が硬くなるために背骨を支える力が弱まり椎間板にかかる負担が増えヘルニアを誘発しやすくなります。

なので当院では筋肉を柔らかくすることを一番目標において治療をしております。

次回はどのようにアプローチしていくかをお話しさせていただきます。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら
日本骨盤矯正技術協会のHPはこちら

【腰痛】コルセットの巻き方について 富山市接骨院

こんにちは!!ゆめたか接骨院です(`・ω・´)

今回のゆめたかTVで腰痛時のコルセットの巻き方についてお伝えしています

当院では、肩の痛みや腰痛・膝の痛みで来院される方が多いです。

その中でも最近よく質問されることがあります。

「コルセットの正しい巻き方を教えてほしい」

「コルセットはどんな時巻いたらいいの?」

このような質問いただきます。

そのため今回、ゆめたかTVで【コルセットの巻き方】について取り入れました。

ぜひ確認してみてください★

まず動画のコルセットの適用例ですが、

基本的にはぎっくり腰のように急に痛くなり、動くのもやっとかっと

と言った場合に巻いていただくのがベストです。

ぎっくり腰のように関節や筋肉を痛めてる場合は患部を固定し

動かなくすることが重要です。

固定をすることで患部への負担を減らし、組織が回復することに繋がります。

コルセットを巻くことで骨盤や腰椎の動きを止めることが出来るので

非常に有効です。

続いて巻き方の解説ですが、

1.骨盤の腸骨(細かい場所は動画で参照ください)を中心に巻く

2.マジックテープを止める部分はおへそから少し下の部分

3.最後に補助のベルトを強さの調整をします。

ここで注意!特に1と2の位置を必ず守っていただくことが重要です!

上過ぎるとお腹が圧迫され辛くなりますし、

下過ぎると固定力が大きく失われます。

正しい位置につける事で本来の効果を出せるように使用しましょう。

最後に【いつまでコルセットをしていたらいいのか?】について、

1日の中では寝るとき以外は巻いておいた方が良いです。

ぎっくり腰を起こしてから5日以上たち最初よりも

痛みが半分になってからは巻かない時間を増やしていきましょう。

最終的にはコルセットを巻くのを卒業していくことも大切です。

自分の筋力がコルセットに頼りすぎて弱くなってしまうのを

防ぐためです。

正しく使うことで上手くコルセットと付き合っていきましょう!

                           院長より

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

【腰痛の方必見!!】今の時期行ってもらいたい事 富山市接骨院

こんにちはm(_ _)m

こんなに暑いのに梅雨明けしていないみたいです

学生はもうすぐ夏休みですね。部活に遊びにいろいろ忙しいと思いますが

皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

最近ぎっくり腰になる方が非常に多く来院されます。

なぜでしょうか?

今の時期考えられるのは、エアコンの関係が大きいと思います。

エアコンで部屋が冷えきっていませんか?

冷えた部屋にいると筋肉はとても緊張してしまいます。

そんなところに急に動いてしまうとどうなるでしょうか・・・Σ(・ω・ノ)ノ!

そうです!ビキッと怪我をしてしまいます。

怪我をしやすい方の筋肉は非常に硬く柔軟性のない筋肉です。

それでは硬くなる原因は何だと思いますか?

何度もお伝えしていると思いますが・・・もう一度(^_^)v

▶使いすぎ

▶使わなすぎ

▶病的な問題

▶外傷

主にこれらが関係してます。

ただ、もうひとつ・・・

身体が冷えると血液の流れは悪くなります。

そうなると筋肉は柔軟性のない硬い筋肉になってしまいます。

【今の時期行ってもらいたい事】

①エアコンの風を直接受けない

②急な動きをしない

③冷えた部屋では一枚服を多く着用する

④温かい物を飲む

いつもの骨盤が歪みにくい動作に+αこれらをぜひ行ってみてください

この暑い夏を元気に乗り切れるよう全力でサポートさせて頂きます。

 


富山院よりスタッフHよりお届けしました(。-`ω-)

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

今回は腰痛と大腰筋について 【富山市接骨院】

こんにちは~(。-`ω-)

現在7月5日、6日と合宿を行います。ゆめたか接骨院です☆

今回は『大腰筋について』書かせていただきます

さて、皆さん大腰筋ってどこの筋肉かわかりますか?

 

【大腰筋】

浅部は第12胸椎と第1~4腰椎の側面、深部は第1~5腰椎の肋骨突起から始まり、腸骨筋と合流して腸腰筋となり腸骨筋膜に包まれ、腸恥隆起を越えて走り筋裂孔を通って小転子で終わる。

この筋肉は

●股関節の屈曲(ふとももを持ち上げる)
●大腿骨の外旋(ふとももを外側に回す)
●腰椎の側屈(身体を横に倒す)
●腰椎を前弯させる(腰を反らせる)

そのため、日常生活にはとても必要な筋肉となります。

そして、この筋肉には骨盤を前傾させる役割があり、柔軟性をつけておかないと

反り腰になる可能性があります。

反り腰になると・・・

▶寝返りが取れない

▶腰痛になる

▶ポッコリお腹になる

▶猫背になる

▶肩こりがひどい

など色々な症状が出てきます。

このような症状が日常生活で起こると

腰痛や肩こりだけでなく、呼吸がしにくくなったり睡眠不足になったりと

身体にとってとても良くありません。

当院では根本改善を行っており、歪みが出てきたとしても自分で回復できるよう

脳に正しい歪みのない状態を覚えさす事を行っております。

日常生活が過ごしやすく出来るよう一緒にサポートさせて頂きます

ご不明や不安な事がありましたら、ご連絡下さい(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

スタッフHよりお届けしました🐷

 

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

朝の腰痛・・・原因は?     富山市接骨院

こんにちは(*’▽’)

暖かくなり、朝も気持ちよく目覚めやすくなってきましたね☀

あれ?

そんな事もない。。。(;”∀”)

と言われる方必見です!(。◕ˇдˇ​◕。)/

痛みがある時、いつ痛くなりますか?

■ 朝方痛くなる

■ 仕事中に痛くなる

■ 夜痛くなる

■ 常に痛みがある

■ 動き始めに痛みがある

など、色々な痛くなる時間帯があります。

Ⅰ 朝痛みがある

日常生活は問題ないのに、朝の起床時痛みがある方は、夜寝る時に問題があるのかもしれません。

朝は血液の循環が悪くなり、体温が低い状態です。

皆さん寝返りはとれていますか?

【起床時】

・身体の痛みがある。

・疲れが取れない。

・寝た気がしない。

・身体のこわばりがある。

・スッキリしない。

などこのような症状がある時は、おそらく寝返りがとれていない状態です。

筋肉は2時間以上同じ姿勢でいると硬くなってしまいます。

通常、大体の方は寝る時間は2時間以上寝ますよね。

その時間、寝返りがとれない状態だと筋肉が硬くなってしまいます。

なかなか寝れない方に多いのは反腰です。

【反腰】

WIN_20160415_200732

仰向きで楽に寝ている時、皆さん腰の下に手が入っていませんか?

骨盤が前傾になると反腰になります。そうなると寝ている時も腰に負担がかかっています。

反腰になりやすい方は

➀ 猫背の方

➁ ハイヒールをはく方

➂ 体幹の弱い方

➃ 腰を反った状態で立つ方

        など様々な原因があります。

比較的、反腰は女性に多く腰痛だけでなく、ポッコリお腹やヒップラインが

気になる方も実は反腰だったという事が良くあります。

当院では、あなたの痛みの原因はどこなのか、お身体の状態とお話しを聞かせて頂き

一緒に施術のメニューを考えさせていただいています。

朝スッキリ目覚めることが出来ると一日気分が良いですよね。

皆さんが快適に過ごせれるようお手伝いさせて頂ければと思います。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

Twitterは  こちらから
Facebookは こちらから
エキテンは こちらから

スタッフHよりお届けしました🌱

エイエイ٩( ”ω” )و