姿勢の崩れは腰痛につながります!

こんにちは(^^)/

引き続き世間はサッカーワールドカップで盛り上がっていますね!

スポーツのイベントに触発されて運動を始める人も多いのではないでしょうか?

さて今回は『姿勢と腰痛』についてお伝えします

皆さん、自分自身正しい姿勢を意識出来ていますか?

座り方や日常生活によっても身体のバランスの崩れや骨盤の前傾が痛みにも繋がります。

では、骨盤の前傾があると腰痛になると思いますか?

骨盤が前傾すると腰が反ってしまいます。

腰が反ってしまうと衝撃をうまく吸収することが出来ないため痛みが出てきたり

寝ている時などでは腰全体が床にくっつくことが出来ないため、

腰背部と骨盤の方に体重がかかってしまい、負担が大きく痛みに繋がります。

朝起きて腰痛がある方は、この骨盤の前傾が関係ある可能性があります。

【骨盤の前傾に関する筋肉】

背骨から骨盤にかけての『腸腰筋』太ももの筋肉『四頭筋』と

お尻の筋肉『殿筋』

これらのバランスが悪いと骨盤の前傾に繋がります。

当院では、骨盤の歪みから整えていき筋肉の柔らかくしています。

腰痛にならないよう、まずは正しい身体の状態を作り

バランスの良い身体の使い方が出来るようにしていきましょう。

当院でも全力でサポートさせて頂きます。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

産後ママの腰痛~抱っこひも~   富山市 接骨院

産後ママ必見!!

暖かくなるとお子様と「散歩にいこ!」っという場面が

多くなると思います👀✨

そんな時、ベビーカーより小回りがきく抱っこひもを使うこと多くないですか?

でも、来院される方に「抱っこひもを使うと腰が痛くなるという辛い声を多く聞きます。

【赤ちゃんを抱っこすると】

産後ママはまっすぐに立っているつもりでも、お腹側に赤ちゃんという重みが乗る事でさらに土台の骨盤が開き身体のバランスがとりずらくなります。

赤ちゃんが産後ママのお腹側にいる事で身体の重心の位置はもっと前方に傾きます。そのままだと前のめりに倒れてしまうため、自然と身体は背中を反ってお腹を突き出す姿勢になります。(反り腰)

【悪い姿勢で抱っこひもを使う】

背中を反らせた姿勢は背中、腰に大きな負担になります。

この状態で抱っこすると

➀グラグラの骨盤を周囲の筋肉で支える

➁赤ちゃんの体重を支える

このことをしなくていけません。抱っこひもを使う場合、比較的長時間抱っこをするとが多いため、腰痛や肩こりなどの影響が与えられてしまいます。

【正しい姿勢で抱っこひもを使う】

余計な筋の緊張がなくなり、長時間抱っこをしても耐えれる身体になります。

姿勢が良くなると赤ちゃんの体重の負担も分散される為、必要以上の筋疲労がなくなり腰痛や肩こりが出にくくなります。

【抱っこひもを利用するときは骨盤ベルト】

骨盤ベルトをしようすると骨盤の不安定が安定する為、骨盤周囲の筋の緊張が和らぎます。そうすることにより、腰の負担も減り快適に長時間の外出も楽しめるのではないでしょうか。

当院では産後ママの為の産後の骨盤矯正にも力を入れています。

まず、バランスを整えていき骨盤の開きが締まりやすい、安定しやすい状態を作りましょう。

日常生活で不安な事がありましたらご相談下さい<(_ _*)>

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

Twitterは  こちらから
Facebookは こちらから
エキテンは こちらから

スタッフHよりお届けしました🌱

エイエイ٩( ”ω” )و