スポーツや日常で起こるover use

over use(オーバーユース)とはあまり聞き馴染みのない言葉だと思います。簡単に言うと“使い過ぎ”です!使い過ぎと聞いてみなさんは『なんだ、ただの使い過ぎかぁ』と思う方が多いと思います。しかし使い過ぎだと思って甘くみてはいけません!
とくに小•中学生は成長期のまだまだ身体が未熟な時期で、スポーツ少年団や部活などで様々な激しい練習やトレーニングをしなくてはいけない過酷な環境の中に身を置きついつい頑張り過ぎてしまいます。
若いから大丈夫だと思って無理をさせてしまうと若い骨は柔軟性があるため、使い過ぎによる筋肉のハリによって骨が引っ張られ裂けてしまいます。これがオーバーユースによるオスグット、シンスプリントや疲労骨折と言われるものになります。
また筋肉、関節や靭帯に高負荷がかかることで怪我に繋がってしまうこともあります。

over useはスポーツをする人だけに起こるものではなく、仕事や日常的な場面でも起こることがあります。例えば、運送業や土木関係などよく重いものを持つ人、主婦の方で毎日フライパンや包丁など腕をよく使う人の仕事や作業で起こりやすいです。使い過ぎると筋肉が固まってしまい筋肉の中にある神経が締め付けられて痛みはもちろん 、しびれ、手首や指が動かしにくくなることや力が入りにくいということも起きてしまうかもしれません!

私は中学生のとき柔道部だったのですが山の坂道をランニングし腕立て、腹筋、背筋、スクワット300回が普通だと思ってた昔の体育会系でした。しかし無理を繰り返す事でふくらはぎなど足に疲れがたまり痛みなどが出てきました。
疲れで部活を休めるわけもなく激しい練習を続けていると筋肉が硬くなり過ぎて足の感覚が一時的にわからなく麻痺している状態でした。その時は治療とストレッチ、お風呂で温めたりマッサージする事でなんとか筋肉が緩み感覚が戻り痛みも治まりました。
私のように軽く済んだ人もいれば、オスグットなど骨に影響が出た友人もいました。
オスグットなど骨に影響を与えないようにするにはやはりストレッチが大切です。
オスグットの場合、太ももの前後とふくらはぎやアキレス腱などを伸ばしていくとだいぶ変わってきます!
ストレッチ方法も様々ありますがみんな同じストレッチを行えばいいというものでもありません。その人の状態によってストレッチ方法も変化していきます。
一度ゆめたか接骨院にいらして今ご自身の筋肉の状態、身体の歪みなどの確認してみてはいかがでしょうか?スタッフ一同お待ちしてます。

国家資格:柔道整復師
やまだでした。

むち打ちは矯正が大切です

夏休み突入で楽しい気分の方や、連日の暑さでバテバテになっている方が多いのではないでしょうか。そんな暑い夏ですが、高校野球に富山のプロスポーツなど盛り上がりを見せています。高校野球の記事など見ているとドラマがあるな〜と感動してしまいます。富山GRNサンダーバーズは後期1位を維持、カターレ富山も2位キープ、そして富山グラウジーズも練習開始とワクワクする話題が豊富な富山県ですね。富山は山に海、食に水、何をとっても見ても恵まれた環境だと思います。僕は長野出身なので、海に憧れていました。富山での食は何と言っても嬉しいですね。大地よ、海よ、食の恵みをありがとう!と毎日思って食しています。感謝ですね。ということで、むち打ちは矯正が大切ということなのですが、交通事故のむち打ちだけでなく、スポーツでもムチウチはあり得ます。サッカーのヘディングもかなりの衝撃がありそうですよね、ラグビーではダイレクトではないでしょうか。バスケットでも宇都選手のように、華麗に激しいプレーですと、転倒や接触のリスクから心配されます。しかし、万が一、鞭打ちになったとしても、初期段階で的確に矯正を行い、サポートをしておけば最悪の状態は避けられることが多いです。鞭打ちは首がムチがしなるように動き炒める首の怪我です。瞬間的な筋肉の緊張、そして歪みを生じるものです。ですから、初期段階で早めに手当をしておくことが大切なのです。

ということでゆめたか接骨院グループでは、交通事故治療を専門に行っています。事故治療の方に限り、受付時間を夜8時まで延長しています。万が一、事故でお困りのことがありましたら、事故専門院の当院までご相談ください。
交通事故専門サポートダイヤル→076−464−6228

T’SCENEの富山グラウジーズページにサインをいただきました。
今年もゆめたか接骨院グループでは、富山グラウジーズを応援します。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。