冷え性の原因と迫り来る痛み……

 

先週あたりから2週間ほど《異常天候早期警戒情報》というのが発令しました。平年よりも気温が2〜3度上がるということらしいのですがそのおかげで桜の満開時期も早くなるそうです!しかし早く始まるのは桜だけではありません!花粉の時期も2月11日からと少し早めに飛んでるそうです。くしゃみなどの衝撃でギックリ腰になってしまうのでお気をつけてください。

しかし平年よりも気温が2〜3度上がっても寒いものは寒いですよね?寒いと増えてくるのが女性に多い『冷え性』です。冷え性の原因として血行不良や出産などのホルモンバランスの崩れ、筋肉量の不足などがあります。

今回は血行不良と筋肉量の不足における冷え性について説明させていただきます。まず筋肉量の不足でなぜ冷え性が起きてしまうかというと筋肉は腕や脚を動かすだけではなく、心臓のように血液を送り出すポンプのような機能もあります。その機能が筋肉量の不足や筋肉の緊張により血液を送り出す力が弱まり血液が指先やつま先まで行き届かなくなってしまい冷たくなります。筋肉は動かしている時に熱を出しているのですが筋肉量が不足すると熱を生み出しづらくなり体温は低下してしまいます。その結果、体温が低温気味になり血行不良により筋肉まで固まってしまい肩コリや偏頭痛を引き起こします。

 

ツラい肩こりや首の痛み、偏頭痛が起きる前に冷え性対策をしておきましょう!対策といっても手袋や靴下の2枚履きで防寒していても多少、温かくなりますが原因は手のひらやつま先、足の裏にはないのでまた冷え性は出てきます。

対策としては飲酒なども効果的ですが飲み過ぎは大量の汗を出し余計に体温を下げてしまいます。また食事などでも加熱するとジンゲロンという成分を出すショウガや聞いたことがあると思いますがカプサイシンなどの成分があるトウガラシは血行促進や発汗作用があり身体の中から温めてくれます。運動も効果的です!けど激しい運動はしなくてもいいです。ウォーキングなどはいつもより歩幅を大きく30分毎日歩くだけでふくらはぎの筋肉《下腿三頭筋》が鍛えられ足先へ血液を送り出す力が改善されます。この時期お風呂もいいですね!今の時期ですと40〜42℃で10〜15分を目安として入るのがいいでしょう。しかしそれ以上入ると筋肉内の水分も抜けてしまい余計に固くなってしまいます!気をつけましょう。

 

この対策でも効果がない場合、ほかに理由があるかもしれません。それは身体の歪みです。骨盤などの歪みによって筋肉は引っ張られてしまい硬くなってしまいます。硬くなった筋肉の中にある血管が締まってしまい手の先や足先まで血液が届かなくなって冷たくなります。そんな時は骨盤矯正してみてはいかがですか?歪んで引っ張られている筋肉を骨盤矯正することで筋肉を元の位置まで戻していきます。元に戻すことで筋肉も緩み血流が改善します。

一度、ご自身の身体の状態を知ってみるのもいいかもしれませんね!
スタッフ一同お待ちしております。

柔道整復師 やまだでした。

身体の柔軟性における必要性

 

みなさんは身体が柔らかいとなぜ良いのか知っていますか?またなぜ硬いとダメなのか分かりますか?今回は身体における柔軟の必要性についてお話ししたいと思います。
まず身体が固いと血行が悪くなり筋肉が固くなることで関節に負担がかかり関節に痛みが出たりポキポキなど骨が鳴ってしまうこともあります。また体内の血行不良のせいで老廃物や疲労物質が溜まってしまい肩こりや休んでも疲れが取りきれない状態になってしまいます。そんな状態が続くとどうしても筋肉はさらに固まり怪我につながってしまいます。怪我をしてから後悔しても遅いです!

 

 

 

じゃあどうすればいいか?簡単な話です!ストレッチをしましょう!ストレッチの効果としては筋肉を柔らかくするだけではなく健康面として血行の改善で代謝も改善されたり体内の溜まっていた老廃物や疲労物質が流れていくメリットもあります。また心身の老化防止やリラックス効果、関節にかかる負担が軽減されます。パフォーマンス面では筋肉が柔らかいと捻挫や肉離れなど不意に起こる衝撃を吸収し怪我の予防をにもなります。またパフォーマンス能力も向上していき、しなやかな動きや美しい演技、より遠くより速く投げれるといった身体能力にも影響が出てきます。このようにストレッチを行なっていくことでメリットが多くあるのですがデメリットもあります。デメリットとしてそれなりに身体を柔らかくしていくにはどうしても時間がかかってしまいます。しかし無理なストレッチや間違ったストレッチは筋肉ではなく靭帯に負荷をかけてしまい、靭帯が緩んでしまうことで怪我に繋がることもあります。

 

 

ストレッチ方法も人によって効果的なものやそうでないものと適した方法があります!骨盤のズレによって筋肉が固くなり動きが悪いこともありますし筋肉が固いせいで骨盤がズレてしまい本来のパフォーマンスができないということもあります。一度、身体の筋肉の固さや骨盤のズレなど状態を確認してみてはいかがでしょうか?自分の状態を知ることでどんなストレッチが効果的かもわかるかもしれません!

スタッフ一同お待ちしております。
柔道整復師《やまだ》でした。

肩の痛みは筋肉を柔らかく、そして筋力アップが大事!

ゆめたか接骨院には、富山のプロスポーツ球団から選手がケアに訪れることがあります。選手によっていろんなお悩みを言われますが、バスケ、サッカー、野球に共通して肩の痛みが多かったりします。接触プレーの場合、肩は脱臼を起こしやすいものです。僕も柔道をやっていたときに、肩鎖関節脱臼と胸鎖関節脱臼を経験しています。1ヶ月程度、痛みと不都合な生活が続き、辛い思いをしました。プロとなるとなおさら辛い思いに強いられるようです。怪我の期間、プレーできなくなりますからね。ですから、シーズン中は痛みを固定などでごまかして、シーズンオフに手術を行う、この流れがプロの世界のようです。肩の怪我をすると痛みだけでなく、動きに制限がかかります。肩が上がらない、回らないなどです。これらは、骨折や脱臼であればそれらの修復を待たねばなりませんが、筋肉だけの問題であれば、筋肉を柔らかくし、筋力をアップさせることで痛みの回復、機能の回復をすることができます。


《西選手 新井選手 代選手》

肩の関節は、腕の部分で7割、肩甲骨と背中の部分で3割動いて、手を上げることができています。つまり、肩の周辺の筋肉が強く固まっていると動きが悪くなるのです。この場合、どの筋肉の影響で、痛みが出ているのか、挙がらないのかを探していきます。多くの場合、肩甲骨の上の筋肉、棘上筋と胸の大胸筋、そして肩甲骨の内側の肩甲下筋の硬さに問題があります。これらの筋肉を柔らかくし、筋力をつけるエクササイズを行うことで回復の道が開かれます。また、肩甲骨からは骨盤へ繋がる広背筋があるので、骨盤の影響も否めません。ですから、ゆめたか接骨院では、骨盤矯正をメインで行うことで、肩の痛みの改善につなげています。

ポイント
1 肩の痛み、動きに関わる筋肉を柔らかくすること
2 肩の動きを悪くしている筋力をアップすること
3 骨盤の影響を追求し、骨盤矯正を行うこと

富山の野球といえば、富山GRNサンダーバーズですが、先日富山出身の吉田投手が完封試合を成功させました。おめでとうございます。そして、サッカーのカターレ富山は、新監督の元、鳥取から勝利をもぎ取りました。そして、B1バスケの富山グラウジーズ、終盤にかけて惜しい試合が続いていましたが、B1残留を願って応援したいものですね。どの球団も応援しがいのある選手が揃っているように思えます。富山はスポーツが熱い!そんなイメージでゆめたか接骨院は、スポーツ選手を応援します。背は小さいですが、中学の時にバスケットボール部で10番をつけていた総院長高橋がお届けしました。最後までお読みいただきありがとうございます。

総院長が毎週月曜に配信するメルマガはこちらから

スポーツ整体はこちら
健康情報を動画配信ゆめたかTVはこちら

初診の方はご予約をお願いします。
☎︎076−464−6228

スポーツ整体 / 骨盤矯正 / 交通事故治療
ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
am9:00-12:30
pm15:00-19:00
休診:木曜午後・土曜午後・日祝祭日

ご注意:お車でお越しの方へ
下新橋が崩壊の恐れのため通行止になっています。
環水公園の方からお越しください。