ベストパフォーマンスを続けるには、ケアが一番!

同じ時期にスポーツを始めても引退の時期は人それぞれです。選手生命の長い、短いの違いはどこにあるでしょうか?テクニックのうまさやフィジカルの強さ、メンタルの強さはもちろんあると思います。しかし、長く続けれる選手は自分の身体の変化に敏感でそれに対してケア、対処出来る人だと思います。

メジャーのイチローこと鈴木一郎選手は1992年のオリックス入団時から現在まで野球選手が怪我をしやすい手首や肘、肩、腰、ふくらはぎの損傷や断裂など怪我といったものはしていません!イチロー選手は現役時代から猫背などで肩を内側に入れることで肩を痛めたりするので姿勢を気をつけたり無茶なプレイをしないように心掛けているそうです。また怪我防止のためにトレーニングやストレッチをして柔軟性と弾力性に富んだ筋肉を鍛えていることである程度の不規則なプレーを可能にしています。ですがイチロー選手がスゴイのはこれだけではありません!自分自身の身体を1番理解しているのはイチロー選手自身ということです。普段から姿勢やトレーニング、ストレッチで真っ直ぐな歪みのない身体が出来上がっているからこそ自分の変化にも敏感で無理のないプレーが出来ているのだと思います。しかし、自分で真っ直ぐな歪みのない身体を作るのはかなりの難易度です。

それで今回、11/17〜18の土日でゆめたか接骨院主催の富山グラウジーズ対栃木ブレックスとの対戦で会場の一画を使い骨盤体験会、小顔矯正体験会を開催してきました。普段、自分の身体がどれだけ歪んでいるのか知って驚いた人がほとんどでした。また、矯正後の変化にも驚き笑顔で富山グラウジーズの応援に向かわれていきました。

ゲームの方は強敵相手に素晴らしいプレーを選手は観せてくれましたが、残念な結果となりました。しかし、ゆめたかブースの骨盤矯正、小顔矯正の体験会の方は2日間で195人もの方が来て頂き大成功でした。ゲームの観客数も3800名、4000名と2日間で8000名近くの方が、ご来場していました。富山グラウジーズの人気ぶりがわかりますね。

ということで、歪みが気になる方や腰痛、肩コリに悩まされてる方は是非、骨盤矯正が得意なゆめたか接骨院に来ていただき、歪みの確認をしてみてはいかがでしょうか?
スタッフ一同、お待ちしております。

国家資格の柔道整復師、ヤマダでした。


スピードあるドリブルで切り込む宇都選手