使いすぎ症候群はバランス改善で克服

4月に入り、春の陽気とともに運動を始めよう!と心に決めた人もいるのではないしょうか。また、新入生は部活動を始めたりして、新たな生活の緊張と肉体の疲労などで、怪我には注意したいものですね。運動を過度にしたり、偏ったトレーニングをしすぎると、over use、使いすぎ症候群と言われる痛みの症状に悩まされます。機会や車でも使いすぎると故障するものです。人間の体も使いすぎると痛むものです。ですから、車でも定期点検があるように、人間の体でもメンテナンスが必要になるのです。使いすぎ症候群はバランス改善で克服できます。

例えば、歪んだ状態、傾いた状態で走り続けたとしましょう。まっすぐに走れるでしょうか?右膝だけ痛い!なんてことになった場合、右へ傾いて走っていたのでは?と想像できます。このように、歪みは正しい体の使い方を崩す原因にもなるのです。ですから、歪み、バランスを改善することで、使いすぎ症候群を克服することにも繋がるのです。


カターレ富山のパブロ選手とカベッサ選手 環水院にて

サッカーの選手や野球の選手、バスケの選手は特に体のバランス、体幹が重要なスポーツになります。ピッチャーでも投げすぎることで、野球肩、野球肘という病気があります。これも使いすぎることが原因になります。だからと言って練習しないわけにいきません。そこで重要なのが、バランスを整えるというメンテナンスの発想です。体を鍛える!という科学は発達しています。同じように体をメンテナンスするという科学も重要になってくるのではないでしょうか。特に、外人選手がゆめたか接骨院環水院にはご来院されますが、単に疲労を取るためだけでなく、バランスを考えたメンテナンスの発想に喜んでもらえている様子です。健康的にスポーツをたのしみたい!怪我なくパフォーマンスをあげたい!という方にオススメなのが、スポーツ整体です。快適なスポーツライフのために、ボディーメンテナンスを意識することをお勧めします。


富山GRNサンダーバーズのジョシュ・コラレス投手 環水院にて

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

ゆめたか接骨院環水院は、環水公園近くです。