スポーツ選手の決断

6月に入り、各種スポーツの大会や競技会が盛んに行われています。またプロ野球では巨人が連敗中、苦しいゲームが続いていますね。プロバスケは来シーズンまでお預け状態なので、やや寂しい週末の総院長です。

さて、スポーツを行なっていると怪我はつきもの!という状態があると思いますが、それが大切な試合の前だったりするとこの状況をどうしたら良いのか、考えてしまいます。このぐらいならヤレるのかな!?と。けがの程度によっては、絶対に無理とわかりやすい状況であれば良いのですが、できないことはない!という状態だと悩みますよね。そんな時に一流のスポーツ選手であれば、もちろんドクターやトレーナーの指示のもとに行動できます。ではそこまでは・・・という方にオススメの方法があります。例えば足首の捻挫であった場合、けがをした足で1分立っていられるかどうかで判断します。1分間立っていられるし、それほど痛くない!という状況であればGo!です。しかし、この場合の条件はしっかりとしたテーピングなどの補強、痛くなったらすぐに中止です。1分間立てれない場合は、やはり棄権が無難と思われます。それぞれの状況によって異なることだとは思いますが、怪我を判断する上では大切なことです。

ということで、スポーツ選手の決断としてもう一つ。これは、このままスポーツを継続するのか、辞めるのか、転向するのかです。怪我で仕方なく辞めたいう方が多いように思えます。肩や肘、膝の怪我、これらは我慢してできるものではないし、パフォーマンスも落ちます。勇気ある決断が必要となります。そんな怪我で辞めた!と言わなくて済むように、練習後のケアや日頃のメンテナンスは大切です。特に体幹、バランス、筋肉の状態などトータル的にケアすることが怪我予防につながります。以前、マック鈴木さんに、「現役の時に出会いたかったな〜」と言われたことは今でも嬉しい想い出です。


〜マック鈴木さんの治療後のインタビュー〜

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから


〜環水院近くの環水公園〜

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

踵の痛みには骨盤からのバランスが大切です

踵の痛みとスポーツの関連性でいうと、小学生の高学年から中学生に多い成長痛が考えられます。筋肉の成長に骨の成長が追いつかない場合、成長痛が起こりやすいものです。では、高校生から成人のスポーツマンであったらどうでしょうか?実際に、Bリーグのプロバスケ選手の中にも「踵が痛いんです!」という選手がいました。これは荷重のかかり具合で踵に大きなダメージ、ストレスが加わり続けると痛みを発生しやすいものです。となると、バランスが重要になります。踵の痛みには骨盤からのバランスが大切です。

多くの場合、圧痛と言って押して痛いという程度ではなく、歩くと痛い、踵に体重がかかると痛いという感じです。石でも雨水が落ち続けると侵食され穴があいてきます。これと同じように、踵の骨にも体重がかかり続けると壊れてしまうのです。特に踵の骨は海綿骨(スポンジのような骨)のため、圧迫骨折も多い場所です。歩くと痛いという経験をされた方はわかると思いますが、とっても苦しいものです。スポーツをやる方でしたらとっても辛いですよね。ではどうすれば良いのでしょうか。

例えば、右のかかとだけに痛みを生じた場合、バランスは左右対称ではないと思われます。このバランスの悪さを骨盤からチェックしていきます。すると、骨盤のズレを矯正で改善するだけでも、体重のかかり方が代わり、あれ!歩けるという場合もあります。また、バランスが整うと、かかとへ流れる血液、神経の流れが改善され、治る身体へと正されます。そして、最後にテーピングなどで痛みを予防するような方法をとります。これでひとまず歩ける!となります。ただし、これだけで根本改善にはならないので、たち方、歩き方などのバランスを見て行くことも重要な鍵になります。

ということで、ゆめたか接骨院グループでは、スポーツ選手のケアを専門に行っています。六月は大会シーズンですよね。勝ち進むためにも、体調は万全に、そして怪我のないように。そんなスポーツ選手と運動を頑張る方をゆめたか接骨院では応援しています。万が一のけが、メンテナンス治療、パフォーマンス向上のためにも、バランスをチェックし、ゆめたか接骨院の骨盤矯正を体験してください。きっといいことになるかもしれませんよ〜。


カターレ富山のパブロ選手と環水院の先生

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

脚の痛みは骨盤から⁉︎

脚の痛みは骨盤から⁉︎何で骨盤が関係するの?歪みが関係するの?と思う方もいるかもしれませんね。実は、脚の痛みと骨盤の関係は、神経の流れが一方通行のところにあります。痛みを感じる神経は、脳から脊髄、脊髄から脊髄神経、この脊髄神経が脚の方まで伸びているのです。よく耳にするのは坐骨神経ですよね。これも脳から始まっています。つまり、この神経の流れが悪ければ痛みや治り方に影響するということなのです。例えば、骨盤が歪んだ状態で周りの筋肉にひずみが生じた場合、神経の圧迫が起こり痛みの原因につながります。ということで、脚の痛みであっても、骨盤矯正が重要な鍵になるのです。疲労骨折の疑いや、コンパートメント症候群のように脚の痛みがなかなか解消されず不安になっている場合、痛みのある場所だけにとらわれずに、骨盤や全身のバランスを考えてみることをお勧めします。

脚の痛みを気にされる方は、陸上の選手が多いです。シンスプリントや疲労骨折を始め、足首周辺の腫れ、原因がよく分からない場合、とっても不安になります。これが、お子様の場合、親はとても心配になるものです。特に今からのシーズンは大会が多いものです。運動していいのかどうか、痛くても走りたい!といった声を多く聞きます。治療はその声に応えるべく最善を尽くす方法です。原因の追究、痛みの緩和、運動能力の向上と骨盤矯正を中心とする治療には可能性があります。なんとかしたい!という方はぜひ一度、ご相談ください。

ゆめたか接骨院グループでは、スポーツを愛する方を応援してえいます。Bリーグも今月で終了してしまいますが、富山グラウジーズは残留をかけての試合が続いています。今日で決着をつけたい!選手もそんな思いだと思います。精一杯、応援したいですね。ゆめたか接骨院では富山グラウジーズを応援しています。Go!グラウジーズ
B1にふさわしいチーム、そして選手を今後も応援下ですね。ゆめたか接骨院の総院長でした。

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

シンスプリントでも骨盤は関係するのか?

昨日7日の富山プロスポーツは熱かったですね〜。カターレ富山、富山グラウジーズ、富山GRNサンダーバーズの3チームとも勝利です。特にカターレ富山は2ゴールシーンを観戦できたことに感激です。というのも昨日のホームゲームではゆめたか接骨院グループの体験会がありました。3500名以上スタジアムには観客が押し寄せており、そんな中ゆめたかブースには114名の方が体験に来場されました。骨盤矯正と小顔矯正の体験をされた皆様、ありがとうございます。また、秋口に2回目を予定していますので、今回体験できなかった方は、次回をお楽しみに。


(スタジアム入り口での体験会の様子)

さて、富山グラウジーズのゲームもスポナビで観戦していたのですが、サッカーにしろバスケにしろフル出場している選手は走りっぱなしの状態です。これが学生であるとシンスプリントという問題になる場合があります。過労性のスネの痛みです。当然、休めば治るということも言えますが、選手たるもの何とかしたい!と思いますよね。今回、シンスプリントで悩んでこられた陸上の高校生が、走れるようになりました!と喜んでいました。治療計画としては、休養はしていたものの治りが悪かったので、来院。まずは全身の歪みチェック、その後骨盤矯正と背骨の矯正。最後に超音波で筋弛緩を試みる方法で行いました。3週間計画で施術を行い、走れる状態にまで回復。まずは一安心ですが、経過は見たいところです。シンスプリントでも骨盤が関係するのか?します!というのも、バランスが悪く使いすぎているためです。ですからバランスを整えるだけでもある程度の筋弛緩は起こり、使い方、走り方にもバランスは影響します。つまり、偏って走っていれば、疲労は一定の点に集まります。これを均等にする、これがバランスです。ですから、シンスプリントでも骨盤は重要なのです。ご参考まで。


(C)TOYAMA GROUSES#31 城宝選手
ゆめたか接骨院グループでは、富山のプロスポーツを応援しています。メンテナンス治療としてお手伝いさせていただいております。スポーツを続ける上で大切なことは体のケアです。怪我予防、体力、筋力向上のためにもメンテナンスは大切なのです。ということで、今週も健康と元気で運動を楽しみましょう。

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

体を柔らかくするには筋肉の教育が大切です

ゴールデンウィークの合間ですが、いかがお過ごしでしょうか。昨日はしんきろうマラソンがあり、向かい風と暑さで、苦しいレースになったようですね。それでも完走し、喜びの達成感を知らせてくれる患者様が多くおられました。マラソンを楽しめるっていいですね。僕はひたすら観戦する側のポジションにいますが、健康増進のためにもスポーツにはまってみたいものです。このゴールデンウィークには、3日、富山グラウジーズのホーム最終戦があります。そして、7日はカターレ富山ホームゲームです。どちらも楽しみな1日になるのですが、7日のカターレ富山のホームゲームでは、ゆめたか接骨院が体験会を開催します。骨盤矯正と小顔矯正の体験が無料でできます。ただし、入場チケットが必要になりますので、ご了承ください。富山県総合運動公園陸上競技場で、10時45分スタートです。後半のキックオフ、およそ14時までの予定ですので、お早めにご来場ください。当日は整理券も配布しますので、慌てずにご利用くださいませ。Go!グラウジーズ&Go!カターレ!両チームの勝利を願って、ゆめたか接骨院は両チームを応援します。

さて、『体を柔らかくするには筋肉の教育が大切です』というテーマですが、体の柔らかさは骨格、じん帯、筋肉などの構成で決まります。中でも筋肉の緊張は体の硬さを作ります。体の前屈でも、腹筋や背中の筋肉が硬いと曲がりません。ですから、腹筋を叩いて刺激を送ると、一時的に腹筋が柔らかくなり前屈がしやすくなったりします。このように、筋肉の状況により体の柔らかさが変わったりするのです。では一体、どうやって筋肉を柔らかくするのでしょうか?これには筋肉の教育が最適です。まず、筋肉に力を入れ筋力を出させます、そしてストレッチ。すると、動かなかった関節に動きが出てきます。詳しい方法はさらにあるのですが、筋肉に力を入れそのあとにストレッチ、お試しください。

それでは、楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。7日はカターレ富山ホームゲームでお待ちしております。無料体験会(骨盤と小顔)開催しています。

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

筋力増強に重要なのは効率

一流のアスリートを見ていると、筋肉モリモリで素晴らしく鍛え上げられた肉体美にさえ思えますよね。人並みならぬ努力があり、一流の座へ導かれたことでしょう。その座を目指す人もそうでない人も、筋肉はあった方が良いと思います。高齢者になるとロコモが気になるところです。先日、僕の母親が富山へ来た時に歳とったな〜と感じたのは、足腰が弱くヨタヨタと歩いている姿を見た時です。確かに運動やウォーキングとは無縁の生活をしていますので、筋肉が衰えるのは当たり前のことです。通常は、筋肉を維持するために筋力の半分以上の運動は必要です。それが全くと言っていいほど、じっとしている時間が長いと、これは大変なことです。そこで、筋肉増強に重要なのは効率ということをお話しします。

日常生活をハードに過ごしていると、知らぬ間に筋肉がついていることがあります。階段が多い生活、布団の上げ下げが多い生活、歩くことが多い生活などなど。つまり筋肉というものは、ある一定の負荷をかけると増えていくのは常識の範疇です。そこで、効率よくと考えると、筋肉の中の細い人のようなものは5秒で運動を終えます。その後は、新しい糸が増え、代償して運動をするのです。これが筋肉は増えるメカニズムです。例えば、日常生活でも空気椅子とかを6秒行うと、5秒で運動を終えますから、残りの1秒で新しい筋肉の誕生ということになります。こんな発想でいろんなことをしてみると、日常生活だけでもなんとなく筋肉がついていきそうですよね。ぜひお試しください。


富山グラウジーズの宇都選手#11にご来院いただきました。残り試合に向けてしっかりメンテナンスさせていただきました。激しい空中戦が見どころでもあるB1のバスケですが、残り試合がホームゲームだと後1試合です。寂しいような気もしますが、最後までしっかりと応援したいですね。Go!グラウジーズ!

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

肘の痛みに悩んだら、関節と筋肉を柔らかく

肘の痛みに悩んだら、関節と筋肉を柔らかくしましょう。肘の痛みは辛いもので、投げたくても投げれない、ベンチをしたくてもできない!なんてことになります。僕も柔道をしていたころベンチに挑戦しましたが、肘の痛みであげれなかった記憶があります。深刻ですよね。ではこの痛み、柔らかくと言ってもどうすればよいのでしょうか。一つは関節に遊びを作るイメージです。闇雲に引っ張るのとは違います。洗い立てのお椀二つがくっついたとします。それを引き離すようなイメージです。そ〜っと引き離す、そんな感じです。そして、筋肉はとにかく強く指圧やマッサージではありません。これも弱い力で痛む場所を触り、その傷んだ硬い筋肉を動かすのです。すると筋肉が柔らかくなり、動かしても痛くない!という状況に変化していきます。そして、最後に関節をテーピングで固定です。こんなことを行うと、痛みも軽くなり運動の再開も可能になっていきます。肘の痛みに悩んだら、関節と筋肉に注目し、柔らかくする努力をしましょう。

4月も後半に入り、富山県のプロスポーツが熱くなってきました。Bリーグの富山グラウジーズはB1残留をかけて熱戦が繰り広げられています。先日も最強の川崎を相手に勝利を挙げました。その立役者が、24得点を挙げた岡田優選手です。いつもゆめたか接骨院でメンテナンスをさせていただいております。かっこよかったですね。ヒーローインタビューもこれからの勢いを感じました。そして、富山GRNサンダーバーズでは、コラレス投手が勝利投手に。コラレス投手も先週ご来院いただきました。最後に、カターレ富山ではカベッサ選手、0−0ではありましたが活躍されていました。今後が楽しみですね。

ということで、ゆめたか接骨院環水院では、スポーツを楽しむ皆様の応援をしています。痛みや苦悩なく快適に運動したい!これから運動を始めたい!という方は一度、ゆめたか式のスポーツ整体をお試しください。はじめての方はご予約が可能です。ご予約はお電話で 📞076−464−6228


富山グラウジーズの岡田優選手 #10


カターレ富山のカベッサ選手 #29


富山GRNサンダーバーズのコラレス投手 #25

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

ゆめたか接骨院環水院は、環水公園近くです。

使いすぎ症候群はバランス改善で克服

4月に入り、春の陽気とともに運動を始めよう!と心に決めた人もいるのではないしょうか。また、新入生は部活動を始めたりして、新たな生活の緊張と肉体の疲労などで、怪我には注意したいものですね。運動を過度にしたり、偏ったトレーニングをしすぎると、over use、使いすぎ症候群と言われる痛みの症状に悩まされます。機会や車でも使いすぎると故障するものです。人間の体も使いすぎると痛むものです。ですから、車でも定期点検があるように、人間の体でもメンテナンスが必要になるのです。使いすぎ症候群はバランス改善で克服できます。

例えば、歪んだ状態、傾いた状態で走り続けたとしましょう。まっすぐに走れるでしょうか?右膝だけ痛い!なんてことになった場合、右へ傾いて走っていたのでは?と想像できます。このように、歪みは正しい体の使い方を崩す原因にもなるのです。ですから、歪み、バランスを改善することで、使いすぎ症候群を克服することにも繋がるのです。


カターレ富山のパブロ選手とカベッサ選手 環水院にて

サッカーの選手や野球の選手、バスケの選手は特に体のバランス、体幹が重要なスポーツになります。ピッチャーでも投げすぎることで、野球肩、野球肘という病気があります。これも使いすぎることが原因になります。だからと言って練習しないわけにいきません。そこで重要なのが、バランスを整えるというメンテナンスの発想です。体を鍛える!という科学は発達しています。同じように体をメンテナンスするという科学も重要になってくるのではないでしょうか。特に、外人選手がゆめたか接骨院環水院にはご来院されますが、単に疲労を取るためだけでなく、バランスを考えたメンテナンスの発想に喜んでもらえている様子です。健康的にスポーツをたのしみたい!怪我なくパフォーマンスをあげたい!という方にオススメなのが、スポーツ整体です。快適なスポーツライフのために、ボディーメンテナンスを意識することをお勧めします。


富山GRNサンダーバーズのジョシュ・コラレス投手 環水院にて

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

ゆめたか接骨院環水院は、環水公園近くです。

スポーツ選手に大切な体幹

体幹を鍛える、体幹トレーニングなど、スポーツで大切な要素に体幹という言葉があります。体幹とは胴体のことであり、骨盤から背骨の部分が体幹です。この部分が正常であること、このことはスポーツに限らず日常生活の健康面でも同じことが言えます。人間の体は脳と脊髄、これが神経の主流です。体幹が不安定な状態にあれば、この神経の流れも不安定になる可能性があるということなのです。従って、単純にバランスという問題だけではなく、神経系にも影響するのが体幹の重要性なのです。

では、この体幹はどのように鍛えるべきなのでしょうか?体幹、つまり胴体の基礎となる部分は骨盤です。この骨盤を支えるのが骨盤底筋群です。おしっこを我慢したりする筋肉がその一つです。代表的な骨盤底筋群の鍛え方としてお尻歩き(坐骨歩き)があります。長座(脚を伸ばして座る)のまま、前へ後ろへお尻でずっていく方法です。意外とキツイのでお試しください。

ゆめたか接骨院では、富山県内のスポーツ選手を応援していることから、富山グラウジーズの選手やカターレ富山の選手、富山GRNサンダーバーズの選手にご来院いただいております。バスケ、サッカー、野球、どのスポーツをとっても体幹バランスは大切です。選手の話を聞くと、軸がまっすぐになることでパフォーマンスが上がった!と言ってくださる選手もいます。華麗なプレーに影響を与えるメンテナンスができるということは、治療家にとって嬉しいかぎりです。プロ選手にとって、疲労からの怪我だけはしたくないものです。この怪我を未然に防ぐためにも、疲労回復のメンテナンス、体幹を整えるメンテナンスはたいせつなのです。先日、ご来院された学生のサッカー選手も骨盤矯正を受けてからフリーキックで得点できた!と喜んでいました。体幹を整えて、スポーツを楽しみましょう。ゆめたか接骨院は富山県のスポーツ選手を応援します。

IMG_1472

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

富山はプロスポーツが楽しい!

富山県には、野球、サッカー、バスケットボールのプロスポーツがあり、県民にとっては楽しみがたくさんある状態ですね。総院長である僕は中学の時にバスケットボールをやっていたので、バスケファンなのです。高校では水泳、小学生の時にはスピードスケート、社会人でアイスホッケー、専門学校で柔道といろんなスポーツを経験しました。浅く広く、そんな感じですね。栄光という言葉は一切存在しなかったのですが、唯一高校の時の水泳は頑張りましたね、それでも400m個人メドレーで県8位どまりです。もっとやれた、そんな思いでいっぱいですが、当時はそれで一生懸命なものです。ということで、富山はプロスポーツが楽しい!しかもあついですね。週末も、富山グラウジーズ(Bリーグバスケ)が3連勝、カターレ富山(J3サッカー)が3連勝と勢いに乗っている富山です。嬉しいですね。ゆめたか接骨院では、両チームともスポンサーになっており、楽しく応援させていただいております。

IMG_6767
富山市総合体育館にて

ゆめたか接骨院様
富山県総合運動公園陸上競技場にて

スポーツ選手のメンテナンスをさせていただいていますが、オーバーワークは当然の状態であり日頃のケアをいかにするかで、ゲームでのパフォーマンスも変わると感じます。単純な筋肉疲労のみであれば骨格の矯正とマッサージ、そして栄養と休息で超回復するのがプロ選手です。しかし、損傷部位が発生していると安静固定は必須です。それにしても回復力は一般の方に比べると早いですね、鍛え抜かれたボディーゆえなのでしょう。ゆめたか式の矯正技術が役立てば幸いですね。

ということで、ゆめたか式の骨盤矯正は歪みをチェックし、ズレが改善することが体感できる矯正技術です。スポーツを楽しく痛みなくするためには、正しい状態でパフォーマンスを上がることが要求されます。よって、まずは骨盤のズレを直す、そして筋肉を柔らかい状態する、最後にスポーツに耐えれる筋力を強化いしていくことですね。その一部でもお役に立てれるよう、ゆめたか接骨院は日々研修に励んでいますので、スポーツでの疲れ、痛みがあった場合にはお問い合わせください。

スクリーンショット 2017-03-26 23.37.57

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

IMG_6758
環水公園から見る富山市総合体育館