足とシューズは一体化すべし

先週の11月12日(日)に富山県内で、第35回県駅伝競走大会と県小学生駅伝競走大会がありました。10℃前後の寒空の中であたたかい声援が選手に送られ、大いに盛り上がったそうです。どちらも富山市チームが優勝したそうです、おめでとうございます!日曜劇場でもランニングシューズの開発が進み逆転劇が始まろうとしています。ということで、今回は足の変形とシューズについて書いていきます。
足の変形で代表的なものと言えば、土踏まずがない状態である扁平足、逆に土踏まずが極端にある状態のハイアーチ、親指の先が小指側に向いていて付け根が飛び出ている状態である外反母趾、足の指が曲がったままの状態であるハンマートゥ…など、様々あります。そのほとんどが小さい頃から今までの生活習慣や、足に合っていない靴を履いていたことが原因で変形してしまいます。変形があると足の負担が通常よりもかかりやすくなり、血行不良によって疲れが出やすくなるなどしてしまいます。
では、足に合った靴とはどういうものなのか?夕方ころに両方の足を試し履きしてみて、下の5点を参考に選んでみてください。

1.つま先
足の指が自由に動くこと。指先~靴先の間が約1~1.5cm余裕あるもの。

2.横幅
親指の付け根~小指の付け根の間(足囲)が靴の横幅とぴったり合うこと。

3.土踏まず、アーチ
土踏まずの位置とクッションの位置が合っていて違和感がないこと。クッションの硬さについても同様に違和感がないこと。

4.足の甲
3を踏まえたうえで、足の甲と靴の甲との隙間が窮屈すぎずかつ空きすぎないこと。

5.かかと
日常で使うシューズはかかと~靴の隙間は1cm程空いていたほうがいいですが、スポーツシューズの場合かかとをくわえ込むようなものを選ぶべき。また、アキレス腱とくるぶしを圧迫しないもの。

もちろん、生活習慣の改善や正しい状態に矯正することは必要ですので、お気軽に相談してみてください。

現在、ゆめたか接骨院グループが応援するプロバスケットボールB1リーグの富山グラウジーズは、中地区で3位と活躍を見せています。さらに名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、三遠ネオフェニックス、新潟アルビレックスBBと6勝9負でB.LEAGUEのB1中地区の順位争いが激化しています。さらなる熱い応援をお願いします!院内でも、富山グラウジーズの応援メッセージボードが用意されておりますので、ぜひ選手の方々に熱いメッセージを書き残してください!

 

柔道整復師の河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

足への負担は想像以上にあります

先週は富山グラウジーズが勝利しましたね、おめでとうございます!今週末も期待です。今年のB.LEAGUEは順位争いが苛烈になっています。2017-18シーズンのスローガン”STEP BY STEP 着実な進化で勝ちにいく”のとおり、進化を繰り返してB1リーグ中地区1位になっていって欲しいです。
フィギュアスケート界でも、平昌オリンピック・東京オリンピックの代表選考のため、少ない枠を懸けてグランプリシリーズや大会の順位争いが行われています。こちらもベストを尽くした悔いのない演技を披露してほしいです。

さて、今回はバスケットボールやフィギュアスケートのような、ジャンプする動作や走る動作が多いスポーツによく起こるアキレス腱炎とアキレス腱周囲炎についてお話します。
名前のとおり、ふくらはぎとかかとの間にあるアキレス腱が腫れ炎症がでた状態を指します。アキレス腱自体に炎症が起こればアキレス腱炎、その周りを覆っているパラテノンという膜に炎症が起こればアキレス腱周囲炎といわれます。どちらもふくらはぎの筋肉を使いすぎたり、偏平足などで足に負担をかけすぎたことにより炎症がでてきてしまったのです。実は、普段何気なく歩くだけでも足には体重の1.2倍の負担がかかっており、走れば約3倍、ジャンプすれば約6倍の負担がかかるのです。そう考えると使いすぎて痛みが出てきてしまうのも当たり前ですよね。
治療法としてはまず第一に安静が必要になります。運動を控えたりアイシングで熱を冷ましたりするのはもちろん、かかとにクッションをいれてつま先立ちのような状態にしてあげたり足の形に合ったインソールを入れてあげたりするとアキレス腱への負担が少なくなります。
ゆめたか接骨院ではふくらはぎの酷使により硬くなってしまった筋肉を柔らかくすることができますし、スポーツ整体でバランスをとることによって、足の負担を軽くすることができます。お気になられましたらお電話ください。

柔道整復師のチャンカワイこと河合でした。


#22 上江田選手

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

運動前後のケア、どちらが大事?

富山マラソン2017が終了し、参加された患者さまから「怪我なく完走できた!」「去年のタイムを更新した!」など嬉しいご感想を頂いております。そんなお言葉を聞くと、自分たちの施術の励みになります。自分も元旦マラソン完走を目指して頑張ってみたいと思います。
さて、今週のゆめたかTVはスポーツをした後のケアについてのお話です。マラソンなどのスポーツをする前のウォーミングアップなどの準備は、怪我予防やベストパフォーマンスをするためにもちろん大事です。しかし実は、運動し終わった後のケアなどは今後のコンディションを整え怪我をしないために、準備よりもさらに大事になってきます。
人間の三大養生は運動、栄養、休養・睡眠です。この順番の通りにケアをしていくのがオススメです。

1.運動
運動後はすぐに止めず、ウォーキングなどでクールダウンを行ってください。酷使した筋肉にたまっている疲労を全身の血液に流してあげます。その後、痛みのある箇所や熱をもっている箇所にアイシング・クーリングを行い、疲労と炎症が出てくるのを最小限に抑えます。15~20分くらい氷で冷やして熱がとれてから、硬くなった筋肉をゆっくり伸ばすイメージでストレッチをし柔らかくしていきます。

2.栄養
運動後から30分以内のゴールデンタイムに栄養補給をしてあげると疲労回復が早くなります。とくにごはんやパンなどの炭水化物でエネルギーを摂り、肉や魚などのタンパク質で筋肉を作ってあげるのが身体のためになります。なので鮭おにぎりやハムエッグサンドイッチなどだと手軽に食べられます。

3.休養・睡眠
1のアイシング・クーリングで身体の熱がとれてからお風呂に入りましょう。疲労の場合は、1で血液に流した疲労を体外へ出してあげれます。ただし、炎症は温めてしまうと悪化してしまうため逆効果になります。入浴は短めにして熱がとれるまで必ず冷やしてあげてください。

ぜひ参考にしてみてください。ゆめたか接骨院環水院でも運動のケアができますよ。
11月はスポーツ応援キャンペーンを実施しています。富山マラソン・金沢マラソンに参加された証拠(完走メダル、写真など)を受付でご提示していただければお得なクーポンをお渡ししています。来年に向けてお得に身体作りされてみてはいかがでしょうか?

柔道整復師のチャンカワイこと河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

スポーツ選手に熱い応援を、富山市のゆめたか接骨院グループ

昨日、9月8日(金)は、ありそドームで富山グラウジーズvs京都ハンナリーズのプレシーズンゲームが行われました!
そしてさらに、本日9月9日は富山県総合運動公園陸上競技場でカターレ富山vsセレッソ大阪U-23のゲームが行われています!
どちらも指定席は完売!富山のスポーツは熱いですね。

一個人としても応援していますが、ゆめたか接骨院グループでは富山グラウジーズ、カターレ富山を応援しています。選手のメンテナンスサポートもさせていただくこともあります。
先日も、選手がメンテナンスしにご来院され、私もほんの少しですが、ケアさせていただきました。こちらも全力で選手をサポートをさせていただきたいと思っています。

当院が応援しているのは、プロスポーツチームだけではありません。部活動に励んでいる方、力を入れてスポーツに取り組む方、日々の健康のために運動をされている方、これから運動をしようとされている方・・・、一所懸命にスポーツに頑張るすべての方々をゆめたか接骨院は応援しています。お怪我をされてしまった時の処置から日頃のお身体のケアまで、お任せください。
スポーツ整体をすることによって体幹が整い、パフォーマンスの向上や怪我予防、回復を早めるなどの効果が期待できます。まずはご相談ください。

柔道整復師のチャンカワイこと河合でした。


〜富山グラウジーズの宮永選手と上江田選手〜

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

人間の体の仕組み


大事なところの体の仕組みについて、ゆめたかTVで話しています。どうぞご覧ください。

人間の体はうまくできています。大事なところは、硬い骨で守られたり、毛で守られたりします。脳は頭蓋骨、心臓は肋骨、生殖器は骨盤で守られています。そして、頭にも胸も生殖器にも毛が生えます。このように、大事なところは守られるようなシステムが人間にはあるのです。このことは、スポーツ、運動でも同じです。弱いところは、鍛えれば筋肉や体力がつくようになっています。筋肉は5秒間の負荷までは今ある筋肉が使われ、6秒目からこのままでは動けないから筋肉を増やそう!という働きに変わります。ですから、筋肉を増やす場合は、一回で6秒以上の運動が大事になってくるのです。

このように人間の体は、足りないものは補おうという働きがあります。このことをうまく利用すれば、無駄なく効率よくトレーニングもできそうですよね。スポーツ選手にとって、効率良い運動は重要だと思います。さらに、バランスの良い状態であれば、本来もパワーをフルに出せれるので、パフォーマンスも向上するでしょう。全身の歪み、骨盤の歪み、背骨の歪み、足首の硬さなど、すべて、パフォーマンスの向上を邪魔する様相です。一つでもこれらの要素を消滅し、快適にスポーツを楽しみたいものですね。

ゆめたか接骨院環水院では、富山市総合体育館が近いということもあり、スポーツ選手が多くご来院されます。脚の痛みや腰の痛み、肩の痛み、膝の痛みなど、あらゆる症状を訴えられます。これらすべての症状であっても全身の歪みが影響していますので、まずは歪みチェックから行います。自分の歪みが気になるかたは是非一度、ご相談ください。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

使いすぎ症候群はバランス改善で克服

4月に入り、春の陽気とともに運動を始めよう!と心に決めた人もいるのではないしょうか。また、新入生は部活動を始めたりして、新たな生活の緊張と肉体の疲労などで、怪我には注意したいものですね。運動を過度にしたり、偏ったトレーニングをしすぎると、over use、使いすぎ症候群と言われる痛みの症状に悩まされます。機会や車でも使いすぎると故障するものです。人間の体も使いすぎると痛むものです。ですから、車でも定期点検があるように、人間の体でもメンテナンスが必要になるのです。使いすぎ症候群はバランス改善で克服できます。

例えば、歪んだ状態、傾いた状態で走り続けたとしましょう。まっすぐに走れるでしょうか?右膝だけ痛い!なんてことになった場合、右へ傾いて走っていたのでは?と想像できます。このように、歪みは正しい体の使い方を崩す原因にもなるのです。ですから、歪み、バランスを改善することで、使いすぎ症候群を克服することにも繋がるのです。


カターレ富山のパブロ選手とカベッサ選手 環水院にて

サッカーの選手や野球の選手、バスケの選手は特に体のバランス、体幹が重要なスポーツになります。ピッチャーでも投げすぎることで、野球肩、野球肘という病気があります。これも使いすぎることが原因になります。だからと言って練習しないわけにいきません。そこで重要なのが、バランスを整えるというメンテナンスの発想です。体を鍛える!という科学は発達しています。同じように体をメンテナンスするという科学も重要になってくるのではないでしょうか。特に、外人選手がゆめたか接骨院環水院にはご来院されますが、単に疲労を取るためだけでなく、バランスを考えたメンテナンスの発想に喜んでもらえている様子です。健康的にスポーツをたのしみたい!怪我なくパフォーマンスをあげたい!という方にオススメなのが、スポーツ整体です。快適なスポーツライフのために、ボディーメンテナンスを意識することをお勧めします。


富山GRNサンダーバーズのジョシュ・コラレス投手 環水院にて

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

ゆめたか接骨院環水院は、環水公園近くです。

運動を始める前に歪み改善がオススメ

毎週更新のゆめたかTVでは、運動を始める前に大切なことを話しています。もし骨盤や背骨がゆがんだ状態で運動を続けるとどうなるのか?そして、歪みを改善した状態で運動をしたらどうなるのか?もちろん後者の方が良さそうですよね。例えば、歪んだ状態が走った場合、左右対象に脚がでで、左右対象に腕を振れるでしょうか。ゆめたか接骨院が考えるただいい状態とは、左右対称に脚や腕が動き、機能が左右対称で正常な状態で、かつ筋肉が柔らかい状態を歪みのない正しい状態と考えます。運動を始める前に、歪み改善をして快適にスポーツを楽しみましょう。

ここで患者様からのアンケートをご紹介します。
IMG_0979

スキーで膝を痛め、10日間冷やして治るのを待っていましたが、なかなか治らず・・・骨盤のゆがみを治していただいたら、膝の痛みはもちろん、肩の痛みも楽になりました。早く治療に来ればよかったです。富山院同様、環水院のスタッフの皆さんもとても優しく、心も体もリラックスできました。
(女性 43歳 富山市の方より)

このようなご感想をいただけました、ありがとうございます。まさに、膝の痛みであっても肩の痛みであっても骨盤は重要なのですね。そのことを身をもって体験していただいた方のご感想でした。治療を受けて是非皆様もご感想をお知らせくさい。どんなご感想でも、スタッフの成長につながるとともに、とっても嬉しい気持ちになりますので、よろしくお願いします。

環水院は富山市総合体育館に近いとことに位置することから、市総合で運動をされて体を痛めてご来院Dされる方な、メンテナンスに来られる方がとても多いです。富山グラウジーズのホームゲームの体育館であることからバスケファンも多いですね。あらゆるスポーツの痛みに対応できるように、スタッフは知識と技術を磨いています。スポーツにはそのスポーツ特有の動きやリスクがあります。その状況を把握して精一杯治療していきますの、スポーツの痛みやメンテナンスでお困りの方は、ゆめたか接骨院環水院をよろしくお願いします。

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

IMG_6758
環水公園から見る富山市総合体育館

整体は痛いからするの?

整体のイメージって「ボキバキ!」って思っていませんか?なんだか痛そう、怖そうというイメージをお持ちの方がまだまだ多くおられます。本日も、ご家族に「ボキバキやって大丈夫なのか?」と不安を抱えながらご来院された方がおられました。その方にも、ゆめたか式の整体はボキバキでないことを伝え、理解していただきました。骨を動かすということが、ボキッというイメージなんでしょうね。骨折やアキレス腱を切る時はものすごい音がすると言われています。それも関係するのでしょうね。実は、骨がずれると言っても、それほど大きくずれるわけではありません。少しの引っかかりで動きが悪くなる程度です。逆にたった少しのズレでも大きく痛みにつながるということです。このようなイメージがある整体ですが、ゆめたか式整体はこのズレをわずかな力で矯正していきます。ですから、痛くなく、安心安全に行われる整体なのです。

では、この整体ですがなんのために行うのでしょうか?痛みがある方なら痛みをなくすために整体を行います。では、痛くないのに?という方もいます。この方の場合は予防、メンテナンス、つまり日常生活での歪みやズレを改善して運動能力や日常生活での活動力を向上させるために行っています。車でいう定期点検ですね。日頃から面倒を見ているとエンストの確率も低くなります。人間も同じです。無視、ほっておくことが一番の不都合を生み出すのです。ですから、痛くなる前に整体を行う、楽しく運動をしたいから整体を行うという方が増えているのです。

ゆめたか接骨院では、スポーツを楽しくやりたい方のためのスポーツ整体があります。そろそろ運動でもするか!と思ったら、まずは歪み改善をしてみてください。きっと楽しく運動できますよ。

DSC02629

環水院ではBリーグの富山グラウジーズを応援しています。城宝選手のブログでも紹介されています。是非こちらもご覧いただき、読者登録してみてください。
城宝選手に会えるかも!

城宝選手のブログ

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。