新しい世代、最高のパフォーマンスを上げるために!

 もう11月も最終の週になりました。今年も残りわずかになります。この時期になると中学、高校では3年の引退があり新体制、新チームとして始動していきます。先輩たちの意志を継ぎ、より良い成績、パフォーマンスの向上を目指すことでしょう!フィジカルやテクニック、メンタルの向上はもちろんのこと、いかに体のケアが出来て怪我をしないかが重要だと思います。

 僕は19年間、柔道をやってきました。試合や練習で仲間が怪我をして1年間リハビリ生活や試合の日に間に合っても本来のパフォーマンスを発揮されずに負けて悔しい思いをしているのを多く見てきました。『こんなスポーツやらなきゃよかった』なんて思って欲しくないし、学生時代を無理するというのは今後の社会人生活に負荷がかかってしまいます。社会人になってからの方がより長く使いますよね?

 なのでパフォーマンスの向上にも今後の体のためにもケアは必須なのです!

 ケアといっても何をすればいいのかわかりませんよね?
ケアの基本としてはストレッチですね。ストレッチはスポーツ前のウォームアップの時だけ、クールダウンの時だけで良いと思っていませんか?それは大きな間違いです!
ウォームアップの時は急に身体を動かして固くなった筋肉が断裂しないようにほぐす目的で行います。クールダウンの時は疲労により筋肉が固まってしまい身体が重く感じたり倦怠感を感じることもあると思います。それを軽減や防ぐためにほぐし素早く疲労回復を促します。このようにストレッチ1つでもやり方違えば目的も変わってきます。

 学生や社会人で疲労を感じてる方、パフォーマンスを上げたい方、一度自分の体にどれだけ負荷をかけて痛めつけているか確認されてみてはいかがですか?
スタッフ一同お待ちしております。

国家資格柔道整復師のヤマダでした。

 先週の富山グラウジーズ冠ゲームでは、総院長と山崎先生がハーフタイムにストレッチを行いました。会場の多くの方が、ご参加いただきました。わずかな時間でしたが、ストレッチの変化を実感!ストレッチでもゆめたか式は違いがわかるんですよね〜♪

#24 大塚裕土選手

ベストパフォーマンスを続けるには、ケアが一番!

同じ時期にスポーツを始めても引退の時期は人それぞれです。選手生命の長い、短いの違いはどこにあるでしょうか?テクニックのうまさやフィジカルの強さ、メンタルの強さはもちろんあると思います。しかし、長く続けれる選手は自分の身体の変化に敏感でそれに対してケア、対処出来る人だと思います。

メジャーのイチローこと鈴木一郎選手は1992年のオリックス入団時から現在まで野球選手が怪我をしやすい手首や肘、肩、腰、ふくらはぎの損傷や断裂など怪我といったものはしていません!イチロー選手は現役時代から猫背などで肩を内側に入れることで肩を痛めたりするので姿勢を気をつけたり無茶なプレイをしないように心掛けているそうです。また怪我防止のためにトレーニングやストレッチをして柔軟性と弾力性に富んだ筋肉を鍛えていることである程度の不規則なプレーを可能にしています。ですがイチロー選手がスゴイのはこれだけではありません!自分自身の身体を1番理解しているのはイチロー選手自身ということです。普段から姿勢やトレーニング、ストレッチで真っ直ぐな歪みのない身体が出来上がっているからこそ自分の変化にも敏感で無理のないプレーが出来ているのだと思います。しかし、自分で真っ直ぐな歪みのない身体を作るのはかなりの難易度です。

それで今回、11/17〜18の土日でゆめたか接骨院主催の富山グラウジーズ対栃木ブレックスとの対戦で会場の一画を使い骨盤体験会、小顔矯正体験会を開催してきました。普段、自分の身体がどれだけ歪んでいるのか知って驚いた人がほとんどでした。また、矯正後の変化にも驚き笑顔で富山グラウジーズの応援に向かわれていきました。

ゲームの方は強敵相手に素晴らしいプレーを選手は観せてくれましたが、残念な結果となりました。しかし、ゆめたかブースの骨盤矯正、小顔矯正の体験会の方は2日間で195人もの方が来て頂き大成功でした。ゲームの観客数も3800名、4000名と2日間で8000名近くの方が、ご来場していました。富山グラウジーズの人気ぶりがわかりますね。

ということで、歪みが気になる方や腰痛、肩コリに悩まされてる方は是非、骨盤矯正が得意なゆめたか接骨院に来ていただき、歪みの確認をしてみてはいかがでしょうか?
スタッフ一同、お待ちしております。

国家資格の柔道整復師、ヤマダでした。


スピードあるドリブルで切り込む宇都選手

良いプレーを常に行うために、体に投資

 同じ年代の選手でも体に歪みがあれば選手生命は違います。好きなスポーツなら良いパフォーマンスを続けたいですよね?
以前、千葉ジェッツ時代の阿部友和選手(現在グラウジーズ)のインタビューブロブを拝見しました。その時の内容はスポーツ選手のお金の使い方というものでした。阿部選手は『プロ選手は体が資本の社長みたいなもの』と書いてありました!また怪我をしないためには治療器具や治療費は必要経費だと書いてありました。
今年でプロ11年目グラウジーズというチームをまとめれるエネルギーがあるのも自分自身のケアができているからだと思います。

 僕は先週の日曜日の11日、新川地区の柔道大会に出てきました。黒部市代表として出場し学生時代、憧れていた先輩達とメンバーを組んで試合に挑みました。決勝では大将戦まで決着のつかない展開でとても面白かったです。最終結果としては大将戦で僕が勝利し優勝を決め最優秀選手賞を頂くことができました。ちょっと自慢になっちゃいました。(苦笑)

 そして今週の土日の11/17•18は、ゆめたか接骨院主催の冠試合です!相手は手強い栃木です。!今年のグラウジーズも優秀な選手ぞろいなのでたのしみですね!勢いに乗っているチームの試合を見るのはワクワクします!是非見てほしいですね。ゆめたか接骨院も会場の一画を使って骨盤矯正や小顔矯正の体験会ブースを設置しています。ワンコインチェリティーです。是非ご来場いただき、自分自身の歪みを確認されてはいかがでしょうか?スタッフ一同、富山市総合体育館でお待ちしております。

 骨盤整え、元気いっぱいな状態で、一緒に富山グラウジーズを応援しましょう!Go!Grouses!! 国家資格、柔道整復師のヤマダでした。

セルフケアが今後のプレーを変える!

メジャー、ニューヨークヤンキースの田中将大投手がメジャーに挑戦した年から5年連続の12勝を達成しメジャーで5人目の快挙を達成しました。またメジャーに挑戦した、もしくは現役でメジャー挑戦中の日本人プレイヤーの中で通算勝利数が歴代3位【田中将大投手63勝】にランクインしました。ちなみに1位は野茂英雄選手で123勝、2位は黒田博樹選手で79勝です。田中将大投手はまだ29歳。これからの活躍を期待しています。

 

ということで今回の環水院ブログは【野球】にまつわる怪我の話をします。野球で怪我をしやすいところといえば肘や肩などありますが今回は腰痛についてです。強く投げる、早く投げる、遠くに投げるや鋭く強烈なスイングをする際、土台になるのは下半身。特に腰です。プロの野球選手でも読売ジャイアンツの坂本勇人選手や監督の高橋由伸監督、元ジャイアンツの上原浩治投手などが腰痛に悩まされました。若い人で原因として多いのは使い過ぎ(over use)によるものです。

野球ではいろんな言い方がありますが【体の軸】や【体のバランス】、【重心】などが重要なスポーツです。打つや投げるという動作は体重移動からの腰の回転力で行うことができます。少しでも体のバランスが崩れてしまったりすると知らず知らずのうちに腰に負荷がかかり蓄積し腰痛となってしまいます。腰痛になると痛みによる恐怖心が出て今までできた動作、プレーができなくなりパフォーマンスが低下に繋がってしまいます。

 

ベストなプレーをするため、腰痛に対しての対策は練習や試合前のストレッチを入念に行うことが重要です。もちろん練習後や試合後、日常ではお風呂に入った後に行いましょう!

 

日頃のセルフケアが腰痛対策の近道です!

 

投球フォームやスイングフォームのバランスの変化やズレに気が付けるのは監督、コーチやチームメイトです。

もしかしたらその変化や軸のズレは骨盤の歪みが原因かもしれません!

 

我々ゆめたか接骨院【環水院】スタッフは、その歪みを整えます。歪みのない体ができること骨盤が歪んでもまっすぐな姿勢、正常な姿勢に戻りやすい体、怪我をしてもよくなりやすい体を作ることができます。

 

もし気になることがありましたら一度連絡をしてみてはいかがでしょうか?
ご相談、ご予約はこちらまで、お願いします。

☎︎076-464-6228

 

今年も富山グラウジーズの冠ゲームを持ちます。栃木戦です。11月17・18日の土日です。骨盤矯正の体験会と、小顔矯正の体験会をワンコインで開催します。両日ともに会場オープンと同時に開始。第3クオーター開始まで!集まった収益は、北海道震災の義援金とさせていただきます。ご協力、よろしくお願いします。なお、ハーフタイムには、ストレッチコーナーもありますので、お楽しみに。骨盤整え、元気にグラウジーズを応援しましょう。

国家資格者の柔道整復師が監修しています。

 

肩の痛みは筋肉を柔らかく、そして筋力アップが大事!

ゆめたか接骨院には、富山のプロスポーツ球団から選手がケアに訪れることがあります。選手によっていろんなお悩みを言われますが、バスケ、サッカー、野球に共通して肩の痛みが多かったりします。接触プレーの場合、肩は脱臼を起こしやすいものです。僕も柔道をやっていたときに、肩鎖関節脱臼と胸鎖関節脱臼を経験しています。1ヶ月程度、痛みと不都合な生活が続き、辛い思いをしました。プロとなるとなおさら辛い思いに強いられるようです。怪我の期間、プレーできなくなりますからね。ですから、シーズン中は痛みを固定などでごまかして、シーズンオフに手術を行う、この流れがプロの世界のようです。肩の怪我をすると痛みだけでなく、動きに制限がかかります。肩が上がらない、回らないなどです。これらは、骨折や脱臼であればそれらの修復を待たねばなりませんが、筋肉だけの問題であれば、筋肉を柔らかくし、筋力をアップさせることで痛みの回復、機能の回復をすることができます。


《西選手 新井選手 代選手》

肩の関節は、腕の部分で7割、肩甲骨と背中の部分で3割動いて、手を上げることができています。つまり、肩の周辺の筋肉が強く固まっていると動きが悪くなるのです。この場合、どの筋肉の影響で、痛みが出ているのか、挙がらないのかを探していきます。多くの場合、肩甲骨の上の筋肉、棘上筋と胸の大胸筋、そして肩甲骨の内側の肩甲下筋の硬さに問題があります。これらの筋肉を柔らかくし、筋力をつけるエクササイズを行うことで回復の道が開かれます。また、肩甲骨からは骨盤へ繋がる広背筋があるので、骨盤の影響も否めません。ですから、ゆめたか接骨院では、骨盤矯正をメインで行うことで、肩の痛みの改善につなげています。

ポイント
1 肩の痛み、動きに関わる筋肉を柔らかくすること
2 肩の動きを悪くしている筋力をアップすること
3 骨盤の影響を追求し、骨盤矯正を行うこと

富山の野球といえば、富山GRNサンダーバーズですが、先日富山出身の吉田投手が完封試合を成功させました。おめでとうございます。そして、サッカーのカターレ富山は、新監督の元、鳥取から勝利をもぎ取りました。そして、B1バスケの富山グラウジーズ、終盤にかけて惜しい試合が続いていましたが、B1残留を願って応援したいものですね。どの球団も応援しがいのある選手が揃っているように思えます。富山はスポーツが熱い!そんなイメージでゆめたか接骨院は、スポーツ選手を応援します。背は小さいですが、中学の時にバスケットボール部で10番をつけていた総院長高橋がお届けしました。最後までお読みいただきありがとうございます。

総院長が毎週月曜に配信するメルマガはこちらから

スポーツ整体はこちら
健康情報を動画配信ゆめたかTVはこちら

初診の方はご予約をお願いします。
☎︎076−464−6228

スポーツ整体 / 骨盤矯正 / 交通事故治療
ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
am9:00-12:30
pm15:00-19:00
休診:木曜午後・土曜午後・日祝祭日

ご注意:お車でお越しの方へ
下新橋が崩壊の恐れのため通行止になっています。
環水公園の方からお越しください。

スポーツの力で乗り越えましょう

今月の20日(土)と21日(日)はゆめたか接骨院presents富山グラウジーズホームゲームが開催されます。両日ともにハーフタイム中に総院長によるストレッチ講座を、さらに21日のみ入場してすぐのブースで骨盤矯正&小顔矯正体験会を開催することになりました!体験会へ参加するにはチケットと体験料500円が必要です。体験料は全額、熊本復興支援の義援金として寄附させていただきます。ゆめたか接骨院独自の矯正技術を体験できる上に募金までできる機会は数少ないので、ぜひご協力お願いします。

寄付といえば、プロ野球選手にも1勝するたびに寄附されている方がおられるのはご存知でしょうか?阪神タイガースの左腕投手・岩田稔選手という方で、彼は”1型糖尿病”を患っておられるのです。
”糖尿病”と聞くと、肥満や食事の不摂生などが思い浮かぶと思いますが、それは”2型糖尿病”といわれるものです。血糖値は膵臓でつくられるインスリンというホルモンで下がります。”2型糖尿病”の場合インスリンの効果が悪くなるあるいは必要量に達しないために血糖値が上がりますが、”1型糖尿病”の場合何らかが原因でインスリンが作られなくなってしまい血糖値が上がってしまうのです。”2型”でしたら生活習慣を変えれば改善できますが、”1型”はいまだ原因不明であるためインスリン注射で血糖値をコントロールするか膵臓移植するかしか今は治療法がありません。
しかし岩田選手は「血糖値さえ調整できれば何だってできるんだ!」と現役プロ野球選手として行動で示されています。その結果社会貢献活動として表彰されたり岩田稔基金が創設されたりと広がりをみせています。こういった選手がおられるとファンではなくとも応援したくなりますよね。

東日本大震災や九州熊本地震などの傷あとはまだ完全に癒えてはいません。今も復興に向けて一歩ずつ進んでおられます。こういった時に、熱い心を一つにできるスポーツの力は魅力的だと思います。皆様の小さな力が誰かの大きな力になります。
今回のチャリティー体験会は、皆様が美と健康になることで誰かのためになるイベントです。骨盤矯正で健康に、小顔矯正でお顔スッキリで、富山グラウジーズを応援しましょう。

柔道整復師の河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

矯正でキレイになりましょう!

1月8日は成人の日だったということで、新成人の皆様おめでとうございます!
私事ですが、下の兄弟が今年成人になり、付き添いということで式に出席させていただきました。成人になられた皆々さまは初々しさもありながら凛々しい表情で式に臨まれていました。正装にふさわしくなるよう、また今後社会人として立派に歩んでいって欲しいという願いを込めて、今回は”正しい姿勢”について書いていきたいと思います。

皆さんは”正しい姿勢”といわれると、背筋を伸ばす姿勢を真っ先に思い浮かべると思いますが、実は背筋を伸ばすことだけが正しい姿勢ではないのです。ではどういった姿勢が”正しい姿勢”なのか、全身が映るように姿見を自分の横において自然に立ってみてください。
耳たぶ(耳垂)-肩の先端(肩峰)-股関節のよこの膨らみ(大転子)-膝の関節(膝蓋骨後面)-外くるぶし(外果)の2~3cm前の、この5点が床と垂直で一直線になっているのが”正しい姿勢”といわれています。
耳たぶが前に出てしまっている方は、首に負担をかけすぎているので頭痛やめまいなどが起こりやすくなります。肩の先端が前に出てしまっている方は、肩が内側に入っているので肩・背中に負荷がかかりやすく肩が痛くなりがちです。股関節のよこの膨らみが後ろに出てしまっている方は、腰が必要以上に反っているため腰痛やぽっこりお腹や便秘の原因になります。
”正しい姿勢”が身につくことで、外見がキレイにみえるだけでなく、消費カロリーが増えて脂肪がつきにくくなるなど、内面も変えることができます。これは各スポーツ界でも同じで選手により多少の違いはありますが、正しいフォームでプレイするとパフォーマンスが上がる、体力の消耗を減らせる、怪我をしにくくなるなどのメリットがあるんです。
ゆめたか接骨院のスポーツ整体でなら姿勢矯正のお手伝いができるかもしれません。1度ご相談ください。

今月の20日(土)と21日(日)に富山市総合体育館で、ゆめたか接骨院presents富山グラウジーズホームゲームが開催されます。さらに、21日はゆめたか接骨院ブースで骨盤矯正&小顔矯正体験会を開催することになりました!是非この機会に体験してみませんか。お待ちしております。

柔道整復師の河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

最大限のパワーで目標へ

今週の30日(木)にアメリカ・バハマで行われたヒーローワールドチャレンジにタイガー・ウッズ選手が出場され、この慈善試合を期に復帰されるそうです。自身の腰痛で復帰自体も危ぶまれていましたが、今は腰痛がなく復帰に望めそうだとコメントされています。プライベートではお騒がせもありましたが、ゴルフ界の大スターが引退しなくてホッとしています。

ゴルフは他のスポーツのように選手同士で身体を激しくぶつけ合うことも急激な動作を強いられることもなく、誰もが楽しめるスポーツです。来院される患者様の中にも、会社でのお付き合いでされていたり身体を動かすためにされていたりする方がおられます。しかし、やはりスポーツですので、怪我はつきものです。特に多いのはタイガー・ウッズ選手のように腰を痛められる方と、背中を痛められる方です。クラブをスイングする時の、前かがみの姿勢を保ったままで身体をひねる動作が腰や背中に負担をかけてしまうのです。腰はひねる動作に1番弱く、右利きの方の場合左側を痛めることが多いのです。
怪我をしないためにはもちろん、柔軟体操やプレイ前後の入念なストレッチをして筋肉を柔らかくすることが必要です。また、体幹を整えることで怪我のリスクを少なくできるうえに身体の力をすべてボールにのせることができるため飛距離が伸びます。ゆめたか接骨院は身体の歪みを整えバランスを良くすることを得意としています。一度体感されてみてはいかがでしょうか?

今週末の12月2日(土)と3日(日)に富山グラウジーズvs滋賀レイクスターズのホームゲームがあります。皆様の応援の力が強ければ強いほど選手の方々のパワーが発揮されます。現在3位でかなり接戦ですが優勝目指して、ぜひ熱い応援をお願いします!

柔道整復師のチャンカワイこと河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

足への負担は想像以上にあります

先週は富山グラウジーズが勝利しましたね、おめでとうございます!今週末も期待です。今年のB.LEAGUEは順位争いが苛烈になっています。2017-18シーズンのスローガン”STEP BY STEP 着実な進化で勝ちにいく”のとおり、進化を繰り返してB1リーグ中地区1位になっていって欲しいです。
フィギュアスケート界でも、平昌オリンピック・東京オリンピックの代表選考のため、少ない枠を懸けてグランプリシリーズや大会の順位争いが行われています。こちらもベストを尽くした悔いのない演技を披露してほしいです。

さて、今回はバスケットボールやフィギュアスケートのような、ジャンプする動作や走る動作が多いスポーツによく起こるアキレス腱炎とアキレス腱周囲炎についてお話します。
名前のとおり、ふくらはぎとかかとの間にあるアキレス腱が腫れ炎症がでた状態を指します。アキレス腱自体に炎症が起こればアキレス腱炎、その周りを覆っているパラテノンという膜に炎症が起こればアキレス腱周囲炎といわれます。どちらもふくらはぎの筋肉を使いすぎたり、偏平足などで足に負担をかけすぎたことにより炎症がでてきてしまったのです。実は、普段何気なく歩くだけでも足には体重の1.2倍の負担がかかっており、走れば約3倍、ジャンプすれば約6倍の負担がかかるのです。そう考えると使いすぎて痛みが出てきてしまうのも当たり前ですよね。
治療法としてはまず第一に安静が必要になります。運動を控えたりアイシングで熱を冷ましたりするのはもちろん、かかとにクッションをいれてつま先立ちのような状態にしてあげたり足の形に合ったインソールを入れてあげたりするとアキレス腱への負担が少なくなります。
ゆめたか接骨院ではふくらはぎの酷使により硬くなってしまった筋肉を柔らかくすることができますし、スポーツ整体でバランスをとることによって、足の負担を軽くすることができます。お気になられましたらお電話ください。

柔道整復師のチャンカワイこと河合でした。


#22 上江田選手

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

スポーツ選手に熱い応援を、富山市のゆめたか接骨院グループ

昨日、9月8日(金)は、ありそドームで富山グラウジーズvs京都ハンナリーズのプレシーズンゲームが行われました!
そしてさらに、本日9月9日は富山県総合運動公園陸上競技場でカターレ富山vsセレッソ大阪U-23のゲームが行われています!
どちらも指定席は完売!富山のスポーツは熱いですね。

一個人としても応援していますが、ゆめたか接骨院グループでは富山グラウジーズ、カターレ富山を応援しています。選手のメンテナンスサポートもさせていただくこともあります。
先日も、選手がメンテナンスしにご来院され、私もほんの少しですが、ケアさせていただきました。こちらも全力で選手をサポートをさせていただきたいと思っています。

当院が応援しているのは、プロスポーツチームだけではありません。部活動に励んでいる方、力を入れてスポーツに取り組む方、日々の健康のために運動をされている方、これから運動をしようとされている方・・・、一所懸命にスポーツに頑張るすべての方々をゆめたか接骨院は応援しています。お怪我をされてしまった時の処置から日頃のお身体のケアまで、お任せください。
スポーツ整体をすることによって体幹が整い、パフォーマンスの向上や怪我予防、回復を早めるなどの効果が期待できます。まずはご相談ください。

柔道整復師のチャンカワイこと河合でした。


〜富山グラウジーズの宮永選手と上江田選手〜

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。