ゆめたか接骨院グループはカターレ富山選手をサポートしています

こんにちは、ゆめたか接骨院グループ総院長の高橋です。暑い夏が続いていますね。熱中症対策は万全に、栄養補給にはビタミンB群が大切です。まだまだ夏は続きます。楽しく元気に過ごすためにも日常生活を気を使いましょう。ゆめたか接骨院グループでは、富山で活躍するスポーツ選手を応援しています。今月は、カターレ富山のホームゲームで当院が冠スポンサーを努めます。そして、カターレ富山の選手もメンテナンスサポートさせていただいております。サッカー選手は特に、体感バランスが重要ですね。ゆめたか式の骨盤矯正がお役に立つように頑張っています。

#28谷奥選手のメンテナンス中

選手の施術体験の感想は、8月25日(土)ホームゲーム会場で配布されするゆめたか誌号外に掲載されますので、ご注目ください。当日の予定は・・・

  • 《16:30〜》 入場ゲート入ってすぐ
  • 骨盤矯正体験会(ワンコインチャリティー)西日本豪雨災害支援
  • 小顔矯正体験会(ワンコインチャリティー)西日本豪雨災害支援
  • 《①16:00 ②16:15 ③16:30 ④17:00》ゲート前広場
  • ストレッチ教室(4回開催)

8月25日(土)カターレ 富山ホームゲーム18:30キックオフ

ゆめたか接骨院スペシャルマッチ

カターレ富山サイトはこちら

※観戦チケットは富山院、環水院でプレゼントしています。先着順ですので、無くなり次第終了しますので、お早めにどうぞ。お問い合わせは、富山院493−5660 環水院464−6228までお願いします。

さて、サッカーといえば、中学の授業でのことを思い出します。部活はバスケットをしていたので、広いグラウンドでプレーすることに戸惑いを感じていました。ということで、ゴールキーパーをやったのですが、たまたま偶然に手をあげたところにボールが蹴られ、ナイスセーブができました。先にも後にもあの時だけですね。サッカーでいいところをみせれたのは。楽しくサッカーをしたことは良い想い出です。ゴールキーパーに多い怪我で、その名がついた怪我があります。「ゴールキーパー母指」です。これは、セービングをした際に、手をつき親指の付け根の靭帯を断裂するものです。こうなると長期間の治療が必要となります。気をつけたい怪我ですね。

※安達監督にも骨盤矯正を体験していただきました。

骨盤バランスとメンテナンスの重要性を熟知しておられましたので、これからの選手の活躍が楽しみです。

ということで、8月25日(土)の冠ゲームに今からドキドキの緊張をしていますが、暑い夏を健康と元気で過ごすためにも、骨盤を整え、筋肉もほぐし、体調万全で過ごしましょう。

※施術後、爽やかな選手たち。

(左:#28谷奥選手 中:#20進藤選手 右:#25松坂選手)

スポーツ整体はこちら

◇◇◇◇◇◆◆◆◇◇◇◇◇◆◆◆◇◇◇◇◇◆◆◆◇◇◇◇◇◆◆◆◇◇◇

ゆめたか接骨院環水院

〒930-0804 富山県富山市下新町3−5

📞076−464−6228

患者様のご感想はこちら

 

足とシューズは一体化すべし

先週の11月12日(日)に富山県内で、第35回県駅伝競走大会と県小学生駅伝競走大会がありました。10℃前後の寒空の中であたたかい声援が選手に送られ、大いに盛り上がったそうです。どちらも富山市チームが優勝したそうです、おめでとうございます!日曜劇場でもランニングシューズの開発が進み逆転劇が始まろうとしています。ということで、今回は足の変形とシューズについて書いていきます。
足の変形で代表的なものと言えば、土踏まずがない状態である扁平足、逆に土踏まずが極端にある状態のハイアーチ、親指の先が小指側に向いていて付け根が飛び出ている状態である外反母趾、足の指が曲がったままの状態であるハンマートゥ…など、様々あります。そのほとんどが小さい頃から今までの生活習慣や、足に合っていない靴を履いていたことが原因で変形してしまいます。変形があると足の負担が通常よりもかかりやすくなり、血行不良によって疲れが出やすくなるなどしてしまいます。
では、足に合った靴とはどういうものなのか?夕方ころに両方の足を試し履きしてみて、下の5点を参考に選んでみてください。

1.つま先
足の指が自由に動くこと。指先~靴先の間が約1~1.5cm余裕あるもの。

2.横幅
親指の付け根~小指の付け根の間(足囲)が靴の横幅とぴったり合うこと。

3.土踏まず、アーチ
土踏まずの位置とクッションの位置が合っていて違和感がないこと。クッションの硬さについても同様に違和感がないこと。

4.足の甲
3を踏まえたうえで、足の甲と靴の甲との隙間が窮屈すぎずかつ空きすぎないこと。

5.かかと
日常で使うシューズはかかと~靴の隙間は1cm程空いていたほうがいいですが、スポーツシューズの場合かかとをくわえ込むようなものを選ぶべき。また、アキレス腱とくるぶしを圧迫しないもの。

もちろん、生活習慣の改善や正しい状態に矯正することは必要ですので、お気軽に相談してみてください。

現在、ゆめたか接骨院グループが応援するプロバスケットボールB1リーグの富山グラウジーズは、中地区で3位と活躍を見せています。さらに名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、三遠ネオフェニックス、新潟アルビレックスBBと6勝9負でB.LEAGUEのB1中地区の順位争いが激化しています。さらなる熱い応援をお願いします!院内でも、富山グラウジーズの応援メッセージボードが用意されておりますので、ぜひ選手の方々に熱いメッセージを書き残してください!

 

柔道整復師の河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

スポーツ選手の決断

6月に入り、各種スポーツの大会や競技会が盛んに行われています。またプロ野球では巨人が連敗中、苦しいゲームが続いていますね。プロバスケは来シーズンまでお預け状態なので、やや寂しい週末の総院長です。

さて、スポーツを行なっていると怪我はつきもの!という状態があると思いますが、それが大切な試合の前だったりするとこの状況をどうしたら良いのか、考えてしまいます。このぐらいならヤレるのかな!?と。けがの程度によっては、絶対に無理とわかりやすい状況であれば良いのですが、できないことはない!という状態だと悩みますよね。そんな時に一流のスポーツ選手であれば、もちろんドクターやトレーナーの指示のもとに行動できます。ではそこまでは・・・という方にオススメの方法があります。例えば足首の捻挫であった場合、けがをした足で1分立っていられるかどうかで判断します。1分間立っていられるし、それほど痛くない!という状況であればGo!です。しかし、この場合の条件はしっかりとしたテーピングなどの補強、痛くなったらすぐに中止です。1分間立てれない場合は、やはり棄権が無難と思われます。それぞれの状況によって異なることだとは思いますが、怪我を判断する上では大切なことです。

ということで、スポーツ選手の決断としてもう一つ。これは、このままスポーツを継続するのか、辞めるのか、転向するのかです。怪我で仕方なく辞めたいう方が多いように思えます。肩や肘、膝の怪我、これらは我慢してできるものではないし、パフォーマンスも落ちます。勇気ある決断が必要となります。そんな怪我で辞めた!と言わなくて済むように、練習後のケアや日頃のメンテナンスは大切です。特に体幹、バランス、筋肉の状態などトータル的にケアすることが怪我予防につながります。以前、マック鈴木さんに、「現役の時に出会いたかったな〜」と言われたことは今でも嬉しい想い出です。


〜マック鈴木さんの治療後のインタビュー〜

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから


〜環水院近くの環水公園〜

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。