足への負担は想像以上にあります

先週は富山グラウジーズが勝利しましたね、おめでとうございます!今週末も期待です。今年のB.LEAGUEは順位争いが苛烈になっています。2017-18シーズンのスローガン”STEP BY STEP 着実な進化で勝ちにいく”のとおり、進化を繰り返してB1リーグ中地区1位になっていって欲しいです。
フィギュアスケート界でも、平昌オリンピック・東京オリンピックの代表選考のため、少ない枠を懸けてグランプリシリーズや大会の順位争いが行われています。こちらもベストを尽くした悔いのない演技を披露してほしいです。

さて、今回はバスケットボールやフィギュアスケートのような、ジャンプする動作や走る動作が多いスポーツによく起こるアキレス腱炎とアキレス腱周囲炎についてお話します。
名前のとおり、ふくらはぎとかかとの間にあるアキレス腱が腫れ炎症がでた状態を指します。アキレス腱自体に炎症が起こればアキレス腱炎、その周りを覆っているパラテノンという膜に炎症が起こればアキレス腱周囲炎といわれます。どちらもふくらはぎの筋肉を使いすぎたり、偏平足などで足に負担をかけすぎたことにより炎症がでてきてしまったのです。実は、普段何気なく歩くだけでも足には体重の1.2倍の負担がかかっており、走れば約3倍、ジャンプすれば約6倍の負担がかかるのです。そう考えると使いすぎて痛みが出てきてしまうのも当たり前ですよね。
治療法としてはまず第一に安静が必要になります。運動を控えたりアイシングで熱を冷ましたりするのはもちろん、かかとにクッションをいれてつま先立ちのような状態にしてあげたり足の形に合ったインソールを入れてあげたりするとアキレス腱への負担が少なくなります。
ゆめたか接骨院ではふくらはぎの酷使により硬くなってしまった筋肉を柔らかくすることができますし、スポーツ整体でバランスをとることによって、足の負担を軽くすることができます。お気になられましたらお電話ください。

柔道整復師のチャンカワイこと河合でした。


#22 上江田選手

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

運動前後のケア、どちらが大事?

富山マラソン2017が終了し、参加された患者さまから「怪我なく完走できた!」「去年のタイムを更新した!」など嬉しいご感想を頂いております。そんなお言葉を聞くと、自分たちの施術の励みになります。自分も元旦マラソン完走を目指して頑張ってみたいと思います。
さて、今週のゆめたかTVはスポーツをした後のケアについてのお話です。マラソンなどのスポーツをする前のウォーミングアップなどの準備は、怪我予防やベストパフォーマンスをするためにもちろん大事です。しかし実は、運動し終わった後のケアなどは今後のコンディションを整え怪我をしないために、準備よりもさらに大事になってきます。
人間の三大養生は運動、栄養、休養・睡眠です。この順番の通りにケアをしていくのがオススメです。

1.運動
運動後はすぐに止めず、ウォーキングなどでクールダウンを行ってください。酷使した筋肉にたまっている疲労を全身の血液に流してあげます。その後、痛みのある箇所や熱をもっている箇所にアイシング・クーリングを行い、疲労と炎症が出てくるのを最小限に抑えます。15~20分くらい氷で冷やして熱がとれてから、硬くなった筋肉をゆっくり伸ばすイメージでストレッチをし柔らかくしていきます。

2.栄養
運動後から30分以内のゴールデンタイムに栄養補給をしてあげると疲労回復が早くなります。とくにごはんやパンなどの炭水化物でエネルギーを摂り、肉や魚などのタンパク質で筋肉を作ってあげるのが身体のためになります。なので鮭おにぎりやハムエッグサンドイッチなどだと手軽に食べられます。

3.休養・睡眠
1のアイシング・クーリングで身体の熱がとれてからお風呂に入りましょう。疲労の場合は、1で血液に流した疲労を体外へ出してあげれます。ただし、炎症は温めてしまうと悪化してしまうため逆効果になります。入浴は短めにして熱がとれるまで必ず冷やしてあげてください。

ぜひ参考にしてみてください。ゆめたか接骨院環水院でも運動のケアができますよ。
11月はスポーツ応援キャンペーンを実施しています。富山マラソン・金沢マラソンに参加された証拠(完走メダル、写真など)を受付でご提示していただければお得なクーポンをお渡ししています。来年に向けてお得に身体作りされてみてはいかがでしょうか?

柔道整復師のチャンカワイこと河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

足で多い怪我といえば・・・

富山グラウジーズ2連勝おめでとうございます!このままB1リーグの上位を保ってほしいこの頃です。カターレ富山も勝利おめでとうございます!ぜひ次のホームゲームも勝利を勝ち取ってほしいです。
そして、約2週間後に富山マラソンが開催されます!すでにコース沿いには弾幕が下がっていて、そこを通るたびに(選手として参加はしませんが)期待に胸が膨らみます。ということで、今回はスポーツを行うなかで一番多い足の怪我である、捻挫について書いていきます。
足の関節を過度にひねってしまうことで起こる怪我で、ひねり方はつま先を下に向けたまま足の裏を内側に向けた状態(内がえし)が多いです。足にある代表的な靭帯は、外くるぶしの近くにある前距腓靭帯・後距腓靭帯・踵腓靭帯の3本と、内くるぶしの近くにある三角靭帯ですが、内がえしの動作により前距腓靭帯を損傷しやすいです。よく「1度ひねったらクセになりやすい」と聞きますが、実際その通りで、靱帯は金属のバネと同じで1度伸びてしまうと元には戻りにくいため、足の関節が不安定になり再び捻挫しやすくなってしまうのです。
もちろん捻挫をした場合は応急処置(RICE処置)をすぐに行い、医療機関へ受診して欲しいです。問題はどうすれば捻挫しにくくなるのか?これに関しては、靱帯は戻りにくいため関節の周りにある筋肉で補わなければいけません。筋肉を強くすることで関節が安定して不安感が少なくなります。
もし捻挫した場合はゆめたか接骨院でも診させていただくことができますので、まずはご相談ください。処置から復帰まで、トータルサポートさせていただきます。

あとお知らせですが、10月15日(日)のカターレ富山vs藤枝MYFC戦のキックオフ前に、会場である富山県総合運動公園陸上競技場でゆめたか接骨院が骨盤矯正・小顔矯正体験会を開催します!!観戦チケットと体験料500円が必要になりますが、体験料は全額寄附させていただきます。カターレ富山の勝利のために是非ご協力お願いします。
10月14日(土)、10月15日(日)の富山グラウジーズvsシーホース三河のアウェイゲームにも、体験会で行けないゆめたか接骨院スタッフの代わりに足を運んであげてください。

柔道整復師のチャンカワイこと河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

体を柔らかくするには筋肉の教育が大切です

ゴールデンウィークの合間ですが、いかがお過ごしでしょうか。昨日はしんきろうマラソンがあり、向かい風と暑さで、苦しいレースになったようですね。それでも完走し、喜びの達成感を知らせてくれる患者様が多くおられました。マラソンを楽しめるっていいですね。僕はひたすら観戦する側のポジションにいますが、健康増進のためにもスポーツにはまってみたいものです。このゴールデンウィークには、3日、富山グラウジーズのホーム最終戦があります。そして、7日はカターレ富山ホームゲームです。どちらも楽しみな1日になるのですが、7日のカターレ富山のホームゲームでは、ゆめたか接骨院が体験会を開催します。骨盤矯正と小顔矯正の体験が無料でできます。ただし、入場チケットが必要になりますので、ご了承ください。富山県総合運動公園陸上競技場で、10時45分スタートです。後半のキックオフ、およそ14時までの予定ですので、お早めにご来場ください。当日は整理券も配布しますので、慌てずにご利用くださいませ。Go!グラウジーズ&Go!カターレ!両チームの勝利を願って、ゆめたか接骨院は両チームを応援します。

さて、『体を柔らかくするには筋肉の教育が大切です』というテーマですが、体の柔らかさは骨格、じん帯、筋肉などの構成で決まります。中でも筋肉の緊張は体の硬さを作ります。体の前屈でも、腹筋や背中の筋肉が硬いと曲がりません。ですから、腹筋を叩いて刺激を送ると、一時的に腹筋が柔らかくなり前屈がしやすくなったりします。このように、筋肉の状況により体の柔らかさが変わったりするのです。では一体、どうやって筋肉を柔らかくするのでしょうか?これには筋肉の教育が最適です。まず、筋肉に力を入れ筋力を出させます、そしてストレッチ。すると、動かなかった関節に動きが出てきます。詳しい方法はさらにあるのですが、筋肉に力を入れそのあとにストレッチ、お試しください。

それでは、楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。7日はカターレ富山ホームゲームでお待ちしております。無料体験会(骨盤と小顔)開催しています。

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

肘の痛みに悩んだら、関節と筋肉を柔らかく

肘の痛みに悩んだら、関節と筋肉を柔らかくしましょう。肘の痛みは辛いもので、投げたくても投げれない、ベンチをしたくてもできない!なんてことになります。僕も柔道をしていたころベンチに挑戦しましたが、肘の痛みであげれなかった記憶があります。深刻ですよね。ではこの痛み、柔らかくと言ってもどうすればよいのでしょうか。一つは関節に遊びを作るイメージです。闇雲に引っ張るのとは違います。洗い立てのお椀二つがくっついたとします。それを引き離すようなイメージです。そ〜っと引き離す、そんな感じです。そして、筋肉はとにかく強く指圧やマッサージではありません。これも弱い力で痛む場所を触り、その傷んだ硬い筋肉を動かすのです。すると筋肉が柔らかくなり、動かしても痛くない!という状況に変化していきます。そして、最後に関節をテーピングで固定です。こんなことを行うと、痛みも軽くなり運動の再開も可能になっていきます。肘の痛みに悩んだら、関節と筋肉に注目し、柔らかくする努力をしましょう。

4月も後半に入り、富山県のプロスポーツが熱くなってきました。Bリーグの富山グラウジーズはB1残留をかけて熱戦が繰り広げられています。先日も最強の川崎を相手に勝利を挙げました。その立役者が、24得点を挙げた岡田優選手です。いつもゆめたか接骨院でメンテナンスをさせていただいております。かっこよかったですね。ヒーローインタビューもこれからの勢いを感じました。そして、富山GRNサンダーバーズでは、コラレス投手が勝利投手に。コラレス投手も先週ご来院いただきました。最後に、カターレ富山ではカベッサ選手、0−0ではありましたが活躍されていました。今後が楽しみですね。

ということで、ゆめたか接骨院環水院では、スポーツを楽しむ皆様の応援をしています。痛みや苦悩なく快適に運動したい!これから運動を始めたい!という方は一度、ゆめたか式のスポーツ整体をお試しください。はじめての方はご予約が可能です。ご予約はお電話で 📞076−464−6228


富山グラウジーズの岡田優選手 #10


カターレ富山のカベッサ選手 #29


富山GRNサンダーバーズのコラレス投手 #25

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

ゆめたか接骨院環水院は、環水公園近くです。

使いすぎ症候群はバランス改善で克服

4月に入り、春の陽気とともに運動を始めよう!と心に決めた人もいるのではないしょうか。また、新入生は部活動を始めたりして、新たな生活の緊張と肉体の疲労などで、怪我には注意したいものですね。運動を過度にしたり、偏ったトレーニングをしすぎると、over use、使いすぎ症候群と言われる痛みの症状に悩まされます。機会や車でも使いすぎると故障するものです。人間の体も使いすぎると痛むものです。ですから、車でも定期点検があるように、人間の体でもメンテナンスが必要になるのです。使いすぎ症候群はバランス改善で克服できます。

例えば、歪んだ状態、傾いた状態で走り続けたとしましょう。まっすぐに走れるでしょうか?右膝だけ痛い!なんてことになった場合、右へ傾いて走っていたのでは?と想像できます。このように、歪みは正しい体の使い方を崩す原因にもなるのです。ですから、歪み、バランスを改善することで、使いすぎ症候群を克服することにも繋がるのです。


カターレ富山のパブロ選手とカベッサ選手 環水院にて

サッカーの選手や野球の選手、バスケの選手は特に体のバランス、体幹が重要なスポーツになります。ピッチャーでも投げすぎることで、野球肩、野球肘という病気があります。これも使いすぎることが原因になります。だからと言って練習しないわけにいきません。そこで重要なのが、バランスを整えるというメンテナンスの発想です。体を鍛える!という科学は発達しています。同じように体をメンテナンスするという科学も重要になってくるのではないでしょうか。特に、外人選手がゆめたか接骨院環水院にはご来院されますが、単に疲労を取るためだけでなく、バランスを考えたメンテナンスの発想に喜んでもらえている様子です。健康的にスポーツをたのしみたい!怪我なくパフォーマンスをあげたい!という方にオススメなのが、スポーツ整体です。快適なスポーツライフのために、ボディーメンテナンスを意識することをお勧めします。


富山GRNサンダーバーズのジョシュ・コラレス投手 環水院にて

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

ゆめたか接骨院環水院は、環水公園近くです。

スポーツ選手に大切な体幹

体幹を鍛える、体幹トレーニングなど、スポーツで大切な要素に体幹という言葉があります。体幹とは胴体のことであり、骨盤から背骨の部分が体幹です。この部分が正常であること、このことはスポーツに限らず日常生活の健康面でも同じことが言えます。人間の体は脳と脊髄、これが神経の主流です。体幹が不安定な状態にあれば、この神経の流れも不安定になる可能性があるということなのです。従って、単純にバランスという問題だけではなく、神経系にも影響するのが体幹の重要性なのです。

では、この体幹はどのように鍛えるべきなのでしょうか?体幹、つまり胴体の基礎となる部分は骨盤です。この骨盤を支えるのが骨盤底筋群です。おしっこを我慢したりする筋肉がその一つです。代表的な骨盤底筋群の鍛え方としてお尻歩き(坐骨歩き)があります。長座(脚を伸ばして座る)のまま、前へ後ろへお尻でずっていく方法です。意外とキツイのでお試しください。

ゆめたか接骨院では、富山県内のスポーツ選手を応援していることから、富山グラウジーズの選手やカターレ富山の選手、富山GRNサンダーバーズの選手にご来院いただいております。バスケ、サッカー、野球、どのスポーツをとっても体幹バランスは大切です。選手の話を聞くと、軸がまっすぐになることでパフォーマンスが上がった!と言ってくださる選手もいます。華麗なプレーに影響を与えるメンテナンスができるということは、治療家にとって嬉しいかぎりです。プロ選手にとって、疲労からの怪我だけはしたくないものです。この怪我を未然に防ぐためにも、疲労回復のメンテナンス、体幹を整えるメンテナンスはたいせつなのです。先日、ご来院された学生のサッカー選手も骨盤矯正を受けてからフリーキックで得点できた!と喜んでいました。体幹を整えて、スポーツを楽しみましょう。ゆめたか接骨院は富山県のスポーツ選手を応援します。

IMG_1472

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

富山はプロスポーツが楽しい!

富山県には、野球、サッカー、バスケットボールのプロスポーツがあり、県民にとっては楽しみがたくさんある状態ですね。総院長である僕は中学の時にバスケットボールをやっていたので、バスケファンなのです。高校では水泳、小学生の時にはスピードスケート、社会人でアイスホッケー、専門学校で柔道といろんなスポーツを経験しました。浅く広く、そんな感じですね。栄光という言葉は一切存在しなかったのですが、唯一高校の時の水泳は頑張りましたね、それでも400m個人メドレーで県8位どまりです。もっとやれた、そんな思いでいっぱいですが、当時はそれで一生懸命なものです。ということで、富山はプロスポーツが楽しい!しかもあついですね。週末も、富山グラウジーズ(Bリーグバスケ)が3連勝、カターレ富山(J3サッカー)が3連勝と勢いに乗っている富山です。嬉しいですね。ゆめたか接骨院では、両チームともスポンサーになっており、楽しく応援させていただいております。

IMG_6767
富山市総合体育館にて

ゆめたか接骨院様
富山県総合運動公園陸上競技場にて

スポーツ選手のメンテナンスをさせていただいていますが、オーバーワークは当然の状態であり日頃のケアをいかにするかで、ゲームでのパフォーマンスも変わると感じます。単純な筋肉疲労のみであれば骨格の矯正とマッサージ、そして栄養と休息で超回復するのがプロ選手です。しかし、損傷部位が発生していると安静固定は必須です。それにしても回復力は一般の方に比べると早いですね、鍛え抜かれたボディーゆえなのでしょう。ゆめたか式の矯正技術が役立てば幸いですね。

ということで、ゆめたか式の骨盤矯正は歪みをチェックし、ズレが改善することが体感できる矯正技術です。スポーツを楽しく痛みなくするためには、正しい状態でパフォーマンスを上がることが要求されます。よって、まずは骨盤のズレを直す、そして筋肉を柔らかい状態する、最後にスポーツに耐えれる筋力を強化いしていくことですね。その一部でもお役に立てれるよう、ゆめたか接骨院は日々研修に励んでいますので、スポーツでの疲れ、痛みがあった場合にはお問い合わせください。

スクリーンショット 2017-03-26 23.37.57

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

IMG_6758
環水公園から見る富山市総合体育館

ランナー膝の痛みを骨盤矯正で改善する

昨日の東京マラソンでは高速レースが展開され、今年も楽しく走られた方が多かったようですね。怪我なく楽しく快適に走ることがランナーの理想です。しかし、急に走り始めるといろんなアクシデントを引き起こす場合があります。よくある怪我が、ランナー膝です。これは、腸脛じん帯と言われる膝の外側の靭帯が、膝の骨とすれあい炎症を引き起こし痛みを生じるものです。この痛みに襲われると走るどころか、歩くのもままならない状況に陥ります。少し内股で歩くとスレないので、痛みなく歩けたりしますが、ずっと内股で歩くわけには行きませんのでこの対処法はお勧めできません。ではランナー膝はどうすればよいのでしょうか?

「ランナー膝の痛みは骨盤矯正で改善する!」です。

つまり、筋肉も骨盤から始まっています。ということは、骨盤がゆがんでいる以上、何かしらの影響を受けているのです。それが、ランナー膝の痛みにつながったのかもしれません。ですから、原因の追求をし骨盤に発端があるようであれば、骨盤矯正をお勧めします。根本改善の方法とするならば、膝の痛みであっても膝だけに原因があるとは限りません。ですから、ゆめたか接骨院の手技におけるテストでは、原因追求の方法が多くあるのです。このレースだけ走れればいい!というよりは、生涯的に走り続けたいということの方が、マラソンを愛する人々の願いではないでしょうか。

ということで、直近では能登マラソンに参加するという声を多く聞きます。大会に合わせて調整をしたい、痛みなく走れるか心配だ、という方は歪みのチェックをお勧めします。ゆがんだ状態で走るようりも、バランスの整った状態で走る方が結果も違うと思いますよ。歪みを直す、そして筋肉をよい状態にする、そして走るこの3ステップがランナーには大切であり、ランナー膝なんていう痛みを回避する方法なのです。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

整体は痛いからするの?

整体のイメージって「ボキバキ!」って思っていませんか?なんだか痛そう、怖そうというイメージをお持ちの方がまだまだ多くおられます。本日も、ご家族に「ボキバキやって大丈夫なのか?」と不安を抱えながらご来院された方がおられました。その方にも、ゆめたか式の整体はボキバキでないことを伝え、理解していただきました。骨を動かすということが、ボキッというイメージなんでしょうね。骨折やアキレス腱を切る時はものすごい音がすると言われています。それも関係するのでしょうね。実は、骨がずれると言っても、それほど大きくずれるわけではありません。少しの引っかかりで動きが悪くなる程度です。逆にたった少しのズレでも大きく痛みにつながるということです。このようなイメージがある整体ですが、ゆめたか式整体はこのズレをわずかな力で矯正していきます。ですから、痛くなく、安心安全に行われる整体なのです。

では、この整体ですがなんのために行うのでしょうか?痛みがある方なら痛みをなくすために整体を行います。では、痛くないのに?という方もいます。この方の場合は予防、メンテナンス、つまり日常生活での歪みやズレを改善して運動能力や日常生活での活動力を向上させるために行っています。車でいう定期点検ですね。日頃から面倒を見ているとエンストの確率も低くなります。人間も同じです。無視、ほっておくことが一番の不都合を生み出すのです。ですから、痛くなる前に整体を行う、楽しく運動をしたいから整体を行うという方が増えているのです。

ゆめたか接骨院では、スポーツを楽しくやりたい方のためのスポーツ整体があります。そろそろ運動でもするか!と思ったら、まずは歪み改善をしてみてください。きっと楽しく運動できますよ。

DSC02629

環水院ではBリーグの富山グラウジーズを応援しています。城宝選手のブログでも紹介されています。是非こちらもご覧いただき、読者登録してみてください。
城宝選手に会えるかも!

城宝選手のブログ

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。