新しい世代、最高のパフォーマンスを上げるために!

 もう11月も最終の週になりました。今年も残りわずかになります。この時期になると中学、高校では3年の引退があり新体制、新チームとして始動していきます。先輩たちの意志を継ぎ、より良い成績、パフォーマンスの向上を目指すことでしょう!フィジカルやテクニック、メンタルの向上はもちろんのこと、いかに体のケアが出来て怪我をしないかが重要だと思います。

 僕は19年間、柔道をやってきました。試合や練習で仲間が怪我をして1年間リハビリ生活や試合の日に間に合っても本来のパフォーマンスを発揮されずに負けて悔しい思いをしているのを多く見てきました。『こんなスポーツやらなきゃよかった』なんて思って欲しくないし、学生時代を無理するというのは今後の社会人生活に負荷がかかってしまいます。社会人になってからの方がより長く使いますよね?

 なのでパフォーマンスの向上にも今後の体のためにもケアは必須なのです!

 ケアといっても何をすればいいのかわかりませんよね?
ケアの基本としてはストレッチですね。ストレッチはスポーツ前のウォームアップの時だけ、クールダウンの時だけで良いと思っていませんか?それは大きな間違いです!
ウォームアップの時は急に身体を動かして固くなった筋肉が断裂しないようにほぐす目的で行います。クールダウンの時は疲労により筋肉が固まってしまい身体が重く感じたり倦怠感を感じることもあると思います。それを軽減や防ぐためにほぐし素早く疲労回復を促します。このようにストレッチ1つでもやり方違えば目的も変わってきます。

 学生や社会人で疲労を感じてる方、パフォーマンスを上げたい方、一度自分の体にどれだけ負荷をかけて痛めつけているか確認されてみてはいかがですか?
スタッフ一同お待ちしております。

国家資格柔道整復師のヤマダでした。

 先週の富山グラウジーズ冠ゲームでは、総院長と山崎先生がハーフタイムにストレッチを行いました。会場の多くの方が、ご参加いただきました。わずかな時間でしたが、ストレッチの変化を実感!ストレッチでもゆめたか式は違いがわかるんですよね〜♪

#24 大塚裕土選手