筋力の正しい付け方

皆さんは『正しく筋肉(筋力)が付く』ということはどういうことか分かりますか?

より重たいものを持ち上げれるようになることですか?
それともムキムキな6パックの腹筋?
常に硬い筋肉=良い筋肉だと思っていませんか?それは大きな間違いです!
確かにより重たいものを持ち上げられる様になることはスゴイことだし6パックの腹筋は見栄えもいいので僕も欲しいです。
しかし、良い筋肉は全く硬くありません!硬くなる筋肉とは筋肉を使うことで筋肉内に疲労物質の乳酸の蓄積や身体の歪みによって筋肉が引っ張られて硬くなってしまうことが原因のひとつです。

僕の友人に週4〜5回、部位ごとにウエイトトレーニングをしている人がいます。毎回、トレーニング前と後に30分以上かけてストレッチをしています。歪まない動作や姿勢を教えてあげれば、しっかり守ってくれるのでその友人はボディビルダー顔負けの体をしていますが常に筋肉は柔らかい状態です。筋肉が硬くなると関節の動きが悪くなってしまいます。また、寝違えやギックリ腰などの急なケガを引き起こしやすくしてしまいます。

では硬くない筋肉にするにはどうしたらいいのでしょう?まず筋肉を休めさせるためにお風呂など温めてあげると良いです。忙しくてシャワーだけになってませんか?シャワーだけだと表面は温かく感じますが、深部は全く温まっていません。しっかり湯船に浸かりましょう!またストレッチなどで筋肉を伸ばしてあげるのも効果的です身体の歪みによって引っ張られて硬くなった筋肉は骨盤矯正を行い、真っ直ぐな歪みのない状態にして引っ張られていた筋肉を元の位置まで戻してあげれば良いのです。
骨盤矯正により真っ直ぐな体を癖付けしてから筋力アップしていき自らの筋肉で固定、保つ様にしていきましょう!
真っ直ぐな体だと筋肉も引っ張られようがないですよね?
身体の歪みや痛みについて気になる方、悩んでらっしゃる方は是非ゆめたか接骨院環水院にお越しください。スタッフ一同お待ちしています。

柔道整復師、やまだでした。

ゆめたか接骨院グループはカターレ富山選手をサポートしています

こんにちは、ゆめたか接骨院グループ総院長の高橋です。暑い夏が続いていますね。熱中症対策は万全に、栄養補給にはビタミンB群が大切です。まだまだ夏は続きます。楽しく元気に過ごすためにも日常生活を気を使いましょう。ゆめたか接骨院グループでは、富山で活躍するスポーツ選手を応援しています。今月は、カターレ富山のホームゲームで当院が冠スポンサーを努めます。そして、カターレ富山の選手もメンテナンスサポートさせていただいております。サッカー選手は特に、体感バランスが重要ですね。ゆめたか式の骨盤矯正がお役に立つように頑張っています。

#28谷奥選手のメンテナンス中

選手の施術体験の感想は、8月25日(土)ホームゲーム会場で配布されするゆめたか誌号外に掲載されますので、ご注目ください。当日の予定は・・・

  • 《16:30〜》 入場ゲート入ってすぐ
  • 骨盤矯正体験会(ワンコインチャリティー)西日本豪雨災害支援
  • 小顔矯正体験会(ワンコインチャリティー)西日本豪雨災害支援
  • 《①16:00 ②16:15 ③16:30 ④17:00》ゲート前広場
  • ストレッチ教室(4回開催)

8月25日(土)カターレ 富山ホームゲーム18:30キックオフ

ゆめたか接骨院スペシャルマッチ

カターレ富山サイトはこちら

※観戦チケットは富山院、環水院でプレゼントしています。先着順ですので、無くなり次第終了しますので、お早めにどうぞ。お問い合わせは、富山院493−5660 環水院464−6228までお願いします。

さて、サッカーといえば、中学の授業でのことを思い出します。部活はバスケットをしていたので、広いグラウンドでプレーすることに戸惑いを感じていました。ということで、ゴールキーパーをやったのですが、たまたま偶然に手をあげたところにボールが蹴られ、ナイスセーブができました。先にも後にもあの時だけですね。サッカーでいいところをみせれたのは。楽しくサッカーをしたことは良い想い出です。ゴールキーパーに多い怪我で、その名がついた怪我があります。「ゴールキーパー母指」です。これは、セービングをした際に、手をつき親指の付け根の靭帯を断裂するものです。こうなると長期間の治療が必要となります。気をつけたい怪我ですね。

※安達監督にも骨盤矯正を体験していただきました。

骨盤バランスとメンテナンスの重要性を熟知しておられましたので、これからの選手の活躍が楽しみです。

ということで、8月25日(土)の冠ゲームに今からドキドキの緊張をしていますが、暑い夏を健康と元気で過ごすためにも、骨盤を整え、筋肉もほぐし、体調万全で過ごしましょう。

※施術後、爽やかな選手たち。

(左:#28谷奥選手 中:#20進藤選手 右:#25松坂選手)

スポーツ整体はこちら

◇◇◇◇◇◆◆◆◇◇◇◇◇◆◆◆◇◇◇◇◇◆◆◆◇◇◇◇◇◆◆◆◇◇◇

ゆめたか接骨院環水院

〒930-0804 富山県富山市下新町3−5

📞076−464−6228

患者様のご感想はこちら

 

激しい試合には熱気とケガがつきものです

サッカーワールドカップ(W杯)が終了しましたが、各国でまだ熱気が冷めやらぬ状態です。決勝戦で行われたフランス対クロアチアは激しい攻防が繰り広げられており、決勝戦にふさわしい試合だったと思います。日本でも、代表選手のハイライトや特番が組まれるくらいに、世界中を魅了するプレーをしていたと思います。
今回は、サッカーなどのコンタクトスポーツでよく起こる「打撲・打ち身」について書いていきます。

「打撲・打ち身」の定義としては、身体の外部から強い衝撃を受けたことにより、皮下組織(骨を除く身体の柔らかい部分)や筋肉が傷口を伴わずに損傷してしまうことを言います。多くの場合、腫れや熱感、赤みが出る、アザが出るなどして症状が現れます。損傷した部分を治すには酸素や栄養が必要なため、それらをより多く運ぶために血液が損傷部分に集まって、腫れ・熱感・赤みが現れます。また、強い衝撃によって血管が破れ内出血したために後日アザとなって出現します。単純な打撲・打ち身であれば1週間程度で治りますが、気をつけなければいけない「打撲・打ち身」がいくつか存在します。

1つ目は、打撲・打ち身をした箇所が頭部・胸部・腹部の場合、脳や内臓が損傷している可能性があります。損傷すると、呼吸の乱れ・脈拍の減少・吐き気などの症状が出てきますので要注意です。
2つ目は、激痛やシビレ・感覚異常が起きるコンパートメント(区画)症候群です。すべての筋肉は筋膜という膜で覆われているのですが、この膜内(区画)の圧が出血過多などによって高くなって神経・血管を圧迫してしまい発症します。この場合、区画を切り開いて圧を下げないといけないため早急に病院へ向かってください。
3つ目は、関節が動かしにくなる外傷性骨化性筋炎です。内出血が吸収されずに残ったままだと、そこから骨のような塊ができてしまい、痛みや動きに制限がかかってしまいます。
最後は、骨折や肉離れなどと間違えてしまうことです。程度にもよりますが、打撲・打ち身の場合痛みはあれど動くことはできることが多いです。しかし、骨折や肉離れなどの場合痛くて動かすのも辛いことが多いです。

上記のように、単なる打撲・打ち身だと判断しないことが痛みを長引かせない最良な方法です。痛みが長引く、もしくは痛みが強い場合は、RICE処置を済ませて早めに当院などの医療機関へ受診してください。

8月25日(土)にゆめたか接骨院スペシャルマッチ・カターレ富山vs福島ユナイテッドFCが開催されます!当日は大人気の骨盤矯正・小顔矯正体験会や打ち上げ花火などイベントが満載です。当院へ取りに来てくださる方限定で観戦チケットをお配りしていますので、ぜひお電話などでお声がけください。

柔道整復師の河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

適度に肩の力を抜きましょう

世界の各地でサッカーのワールドカップ(W杯)に関して盛り上がりを見せていますね。各出場国の様子や代表選手の一挙一動などが毎日こと細かく報道されています。それだけ世界中から注目されていますし、その分代表チームへのプレッシャーが大きいと思います。

ということで、今回はプレッシャーを感じた時に取り除く方法の1つである「深呼吸」について書いていきます。
呼吸は学校で学んだとおり、酸素を取り込み、二酸化炭素を吐き出すために必要な身体活動です。酸素を取り込むことで細胞がエネルギーを作り出し、全身に力がみなぎります。プロスポーツ選手が肺活量を鍛えているのも、より多くの酸素を体内に取り入れ大きなパワーを得るためです。
しかし、プレッシャーなどの精神的ストレスや疲れなどの肉体的ストレスを抱えていると、呼吸が浅くなって酸素量が減り、イライラしたり身体が強ばったりしてしまいます。それでは本領発揮はできないので、これを短時間で解決できるのが「深呼吸」なのです。

深呼吸には腹式呼吸や胸式呼吸、その他様々な方法が開発されていて数ありますが、リラックス効果が強いのは「鼻から息を吸い、ゆっくり口から息を吐く」方法です。どの方法もしっかりと肺を膨らませ、いつも以上に時間をかけて呼吸をすることを意識させています。
深呼吸をすることで身体の余計な力を抜くことができるのはもちろん、酸素をしっかり取り込めるので代謝アップ・免疫力アップ・治癒力アップ・頭痛や目まい等の改善・疲労回復効果などが期待できます。
ゆめたか接骨院でも深呼吸はオススメしていますが、より効果を高めてリラックスしやすくするために全身の筋肉をやわらかくしていきます。身体を動かすためにも呼吸をするためにも筋肉は必要です。とくに肺の周りの筋肉が硬いと、肺が膨らむための空間が少なくなります。狭くギチギチとした部屋よりも、広く開放的な部屋の方が皆さんは落ち着くはずです。肺だって同じです。酸素や栄養など身体に必要なものをたくさん取り込み、二酸化炭素や活性酸素など不必要なものを素早く体外へ排出するために、広々と余裕がある空間を作ってあげるのです。

本番で自分自身の力を最大限に発揮するにはほどよい緊張は必要ですが、過度な緊張は心身ともによくありません。西野ジャパンの皆さんも、ゆめたか接骨院に関わっている皆さんも、適度に力を抜いて結果を出して欲しいです。

柔道整復師の河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

運動後によく起こるアレについて

先週の6月12日(水)に、富山市内でゆめたか接骨院グループの運動会を行いました。大玉転がしや障害物競走、玉入れ、全員リレーなどの競技を、プロスポーツ選手も交えてゆめたかスタッフ全員で全力で取り組みました。相手チーム・味方チーム関係なく、ゆめたかスタッフである仲間のためにお互い声援を送り合い、絆がより強まったのを感じました。一段とパワーアップしたゆめたか接骨院にご期待ください。

さて、今回は運動した後によく起こる「筋肉痛」について書いていきます。
はっきりとした原因はいまだ解明されていませんが、とある研究によると筋肉痛は「傷ついた筋肉が修復されるときの炎症により起こる痛み」とされています。筋肉が傷ついたことによりさらに強くなろうと身体が修復するため、太くて力強い筋肉が作られます。なので筋肉を作るためには、運動後の筋肉痛は致し方ないです。しかし、筋肉痛が何日も続くのは生活に支障をきたすので、なるべく早く解消するための方法をお教えします。

1、運動直後に冷やす
運動直後は、身体や筋肉が熱を持っています。この熱の中には「炎症による熱」もあるため、アイシングによる”冷却”が必要です。コールドスプレーや化学反応を利用したものなど様々ありますが、当院では冷やしたいところまで冷やすために氷嚢をオススメしています。15分程度のアイシングを目安とし、凍傷(冷やしすぎ)に気をつけて行ってください。

2、栄養を補給する
傷ついた筋肉を修復するために、傷ついた部分へ栄養を運ぶ必要があります。そのためにまずは運動で不足してしまった栄養を食事で補給します。この栄養というのは、筋肉を構成する「タンパク質」とエネルギーを生み出す「炭水化物」のことを指します。運動後30分以内は栄養が体内へ吸収されやすいゴールデンタイムですので、手軽に食べれるものを事前に用意しておくと楽です。

3、血流を良くする
2で栄養を補給したら、血流を良くして傷ついた筋肉へと運んであげます。ストレッチでゆっくりと筋肉を伸ばし滞りを解消する方法と、入浴などで温めて血流を良くする方法があります。ただし、温めて痛みが増すようであれば、すぐに中止してアイシングをし、医療機関へ受診してください。

4、十分な睡眠をとる
良質な睡眠をとることで、回復を早めます。深い眠りの時に分泌される成長ホルモンは疲労回復効果があります。ゆっくり休んで疲労を残さないようにします。

上記の方法でも解消されやすいですが、もしなかなか改善されない場合は何か別の原因があるかもしれません。当院では原因を探り、根本改善を目指します。1度ご相談ください。

柔道整復師の河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

富山からアツイ応援を

平昌オリンピックが開幕され、各種目で白熱した戦いが繰り広げられていますね!
今までの冬季五輪の中でメダル獲得数が過去最高を超えるかもしれないと予想されていたり、平昌五輪の開会式のテレビ平均視聴率が28.5%と高かったことから、国内での期待がとても高いのではないかと思っています。
レジェンド・葛西紀明選手や女性人気が高い羽生結弦選手などが日本代表に選ばれ戦いに身を投じているなか、富山県出身の選手も日本代表として試合に全力を尽くされています。スノーボード・女子ハーフパイプの大江光選手、ノルディックスキー複合の山元豪選手、スノーボード・女子スロープスタイル,ビッグエアの広野あさみ選手、ノルディックスキー距離男子立位の川除大輝選手の計4名です。うち2名は悔しい結果に涙ぐんでおられました。閉会式が終わるまで、熱い応援と労いをよろしくお願いします。

さて、日本海側…とくに北陸では雪が降り積もり、雪かきなどでお身体が疲弊しているのではないでしょうか?寒く疲れているときにお風呂や温泉は恋しくなりますよね。ゆめたか接骨院でも疲れているときは入浴をオススメしています。38度くらいのぬるま湯に15分ほど、首までしっかり浸かることで疲労物質が排出されやすくなります。ポイントはぬるま湯に入ることと、長く入りすぎないことです。熱いお湯に浸かると身体の外側だけしか温まらず、内側は冷えたままなのです。ぬるま湯に浸かることで身体の中までしっかり温まることができるので、湯冷めしにくいのです。かといって、長く浸かりすぎてしまうと身体にダルさがでてきてしまうので注意が必要です。
ただし、筋トレなどの運動後の入浴は少し違います。運動直後は血流が普段以上に早くなっており身体に熱がこもっている状態のため、運動直後の入浴は好ましくないです。おおよそ30分くらい間隔を空けて、熱を水などで冷ましから入ってください。ぎっくり腰やねんざなどの怪我をした場合は、すぐに氷などでアイシングして、熱が治まるまで患部を温めないようにしましょう。入浴も控え、シャワーで汗を流す程度にとどめておいてください。
”温め”と”冷やし”を上手に使い分けてください。分からない場合はゆめたか接骨院にご相談ください。

柔道整復師のチャンカワイこと河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

矯正でキレイになりましょう!

1月8日は成人の日だったということで、新成人の皆様おめでとうございます!
私事ですが、下の兄弟が今年成人になり、付き添いということで式に出席させていただきました。成人になられた皆々さまは初々しさもありながら凛々しい表情で式に臨まれていました。正装にふさわしくなるよう、また今後社会人として立派に歩んでいって欲しいという願いを込めて、今回は”正しい姿勢”について書いていきたいと思います。

皆さんは”正しい姿勢”といわれると、背筋を伸ばす姿勢を真っ先に思い浮かべると思いますが、実は背筋を伸ばすことだけが正しい姿勢ではないのです。ではどういった姿勢が”正しい姿勢”なのか、全身が映るように姿見を自分の横において自然に立ってみてください。
耳たぶ(耳垂)-肩の先端(肩峰)-股関節のよこの膨らみ(大転子)-膝の関節(膝蓋骨後面)-外くるぶし(外果)の2~3cm前の、この5点が床と垂直で一直線になっているのが”正しい姿勢”といわれています。
耳たぶが前に出てしまっている方は、首に負担をかけすぎているので頭痛やめまいなどが起こりやすくなります。肩の先端が前に出てしまっている方は、肩が内側に入っているので肩・背中に負荷がかかりやすく肩が痛くなりがちです。股関節のよこの膨らみが後ろに出てしまっている方は、腰が必要以上に反っているため腰痛やぽっこりお腹や便秘の原因になります。
”正しい姿勢”が身につくことで、外見がキレイにみえるだけでなく、消費カロリーが増えて脂肪がつきにくくなるなど、内面も変えることができます。これは各スポーツ界でも同じで選手により多少の違いはありますが、正しいフォームでプレイするとパフォーマンスが上がる、体力の消耗を減らせる、怪我をしにくくなるなどのメリットがあるんです。
ゆめたか接骨院のスポーツ整体でなら姿勢矯正のお手伝いができるかもしれません。1度ご相談ください。

今月の20日(土)と21日(日)に富山市総合体育館で、ゆめたか接骨院presents富山グラウジーズホームゲームが開催されます。さらに、21日はゆめたか接骨院ブースで骨盤矯正&小顔矯正体験会を開催することになりました!是非この機会に体験してみませんか。お待ちしております。

柔道整復師の河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

最大限のパワーで目標へ

今週の30日(木)にアメリカ・バハマで行われたヒーローワールドチャレンジにタイガー・ウッズ選手が出場され、この慈善試合を期に復帰されるそうです。自身の腰痛で復帰自体も危ぶまれていましたが、今は腰痛がなく復帰に望めそうだとコメントされています。プライベートではお騒がせもありましたが、ゴルフ界の大スターが引退しなくてホッとしています。

ゴルフは他のスポーツのように選手同士で身体を激しくぶつけ合うことも急激な動作を強いられることもなく、誰もが楽しめるスポーツです。来院される患者様の中にも、会社でのお付き合いでされていたり身体を動かすためにされていたりする方がおられます。しかし、やはりスポーツですので、怪我はつきものです。特に多いのはタイガー・ウッズ選手のように腰を痛められる方と、背中を痛められる方です。クラブをスイングする時の、前かがみの姿勢を保ったままで身体をひねる動作が腰や背中に負担をかけてしまうのです。腰はひねる動作に1番弱く、右利きの方の場合左側を痛めることが多いのです。
怪我をしないためにはもちろん、柔軟体操やプレイ前後の入念なストレッチをして筋肉を柔らかくすることが必要です。また、体幹を整えることで怪我のリスクを少なくできるうえに身体の力をすべてボールにのせることができるため飛距離が伸びます。ゆめたか接骨院は身体の歪みを整えバランスを良くすることを得意としています。一度体感されてみてはいかがでしょうか?

今週末の12月2日(土)と3日(日)に富山グラウジーズvs滋賀レイクスターズのホームゲームがあります。皆様の応援の力が強ければ強いほど選手の方々のパワーが発揮されます。現在3位でかなり接戦ですが優勝目指して、ぜひ熱い応援をお願いします!

柔道整復師のチャンカワイこと河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

みなさんの憧れのヒーローは?

今年の「子ども・青少年の好きなスポーツ選手ランキング」の1位は2年連続でテニスの錦織圭選手になったそうです。
その他、フィギュアスケートの羽生結弦選手や浅田真央選手、野球の大谷翔平選手やイチロー選手、サッカーの本田圭佑選手やメッシ選手など、テレビで姿・名前を見ない日はないくらいの有名選手がランキング入りしています。
輝いている選手ほど魅力的で憧れますよね。

さて、今回は各スポーツの選手はもちろん、今や日本の国民病ともいわれている”腰痛”について書いていきます。
”腰痛”といわれて思い浮かぶ病気は、椎間板の中にある髄核が飛び出して腰の神経を圧迫する腰椎椎間板ヘルニア、脊髄の通り道である脊柱管が狭まって腰の神経を圧迫してしまう腰部脊柱管狭窄症、腰の骨が真っ二つに分かれてしまう腰椎分離症、腰の骨がお腹側にずれてしまうすべり症、・・・などあります。どれもテレビや雑誌などで見たことがあると思います。「もしかしたら自分もそうかもしれない」「実はヘルニアを持っていて…」とおっしゃられる患者様がゆめたか接骨院に来院されます。お医者さんからそう診断されると余計不安になりますが、病気持ちだからといって悲観する必要はありません。
統計データによると、腰痛の約15%が腰椎椎間板などの特異的腰痛(原因が特定できる腰痛)で、残り約85%が非特異的腰痛(原因不明の腰痛)なんです。さらに、同じ人数の椎間板ヘルニア患者と健常者の腰をレントゲンで撮ったところ、どちらとも同じ割合で椎間板ヘルニアが発見されたのです。ということは、腰痛があるから必ず病気があるというわけではないですし、逆も然りなのです。「ヘルニアですよ」と診断されるとそれだけで、治るのかな?と不安になりますが、不安で過ごすよりも、痛み改善の方向に目を向けましょう。

富山グラウジーズの宇都直輝選手がFIBAバスケットボールワールドカップ2019アジア地区1次予選に出場する男子日本代表選手に選出された、と23日に発表がありました。おめでとうございます!
宇都選手らしい”輝”いたプレーを応援しています!

柔道整復師の河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

足への負担は想像以上にあります

先週は富山グラウジーズが勝利しましたね、おめでとうございます!今週末も期待です。今年のB.LEAGUEは順位争いが苛烈になっています。2017-18シーズンのスローガン”STEP BY STEP 着実な進化で勝ちにいく”のとおり、進化を繰り返してB1リーグ中地区1位になっていって欲しいです。
フィギュアスケート界でも、平昌オリンピック・東京オリンピックの代表選考のため、少ない枠を懸けてグランプリシリーズや大会の順位争いが行われています。こちらもベストを尽くした悔いのない演技を披露してほしいです。

さて、今回はバスケットボールやフィギュアスケートのような、ジャンプする動作や走る動作が多いスポーツによく起こるアキレス腱炎とアキレス腱周囲炎についてお話します。
名前のとおり、ふくらはぎとかかとの間にあるアキレス腱が腫れ炎症がでた状態を指します。アキレス腱自体に炎症が起こればアキレス腱炎、その周りを覆っているパラテノンという膜に炎症が起こればアキレス腱周囲炎といわれます。どちらもふくらはぎの筋肉を使いすぎたり、偏平足などで足に負担をかけすぎたことにより炎症がでてきてしまったのです。実は、普段何気なく歩くだけでも足には体重の1.2倍の負担がかかっており、走れば約3倍、ジャンプすれば約6倍の負担がかかるのです。そう考えると使いすぎて痛みが出てきてしまうのも当たり前ですよね。
治療法としてはまず第一に安静が必要になります。運動を控えたりアイシングで熱を冷ましたりするのはもちろん、かかとにクッションをいれてつま先立ちのような状態にしてあげたり足の形に合ったインソールを入れてあげたりするとアキレス腱への負担が少なくなります。
ゆめたか接骨院ではふくらはぎの酷使により硬くなってしまった筋肉を柔らかくすることができますし、スポーツ整体でバランスをとることによって、足の負担を軽くすることができます。お気になられましたらお電話ください。

柔道整復師のチャンカワイこと河合でした。


#22 上江田選手

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。