腰は身体のかなめです

近頃、アメリカンフットボールのとあるプレーについて様々な報道や議論が出ています。個人的には、このプレーを受けた選手が、全治3週間の腰の靭帯損傷で後遺症の可能性が低いケガで済んで良かったと思っています。1日でも早く回復して試合復帰できることを望んでいます。
ということで、今回は腰について…とくに成長期といわれる10代に発症しやすい「腰椎分離症」について書いていきます。

腰椎分離症とは、背骨の腰の部分にあたる「腰椎(ようつい)」という骨が疲労骨折をして真っ二つに分離してしまう病気です。真っ二つといっても上下または左右に分かれるのではなく、おなか側にある「椎体(ついたい)」と背中側にある「椎弓(ついきゅう)」とに分かれます。分離してしまうことにより腰が不安定な状態になり、腰やお尻・太ももに痛みが出てきます。

この病気は腰に負担をかけすぎたことが原因で疲労骨折を起こし発症しているので、「骨折しているから腰が痛いんだ」と思われるかもしれませんが、それは実は間違いです。なぜかというと、痛みを感じる神経は骨にはほとんどないからです。
痛みを感じる神経のほとんどは筋肉に分布しており、この他に粘膜、内臓、骨膜(骨の表面)と続きます。また、とある調査でプロバレエダンサーを検査したところ約32%の人に分離症がみつかりましたが、その全員が腰痛を訴えていた訳ではなかったそうです。つまり、「腰の骨が骨折しているせいで痛い」ではないのです。

では腰椎分離症のせいではないのなら、なぜ腰が痛くなるのか?
それは上記に書いた、「痛みを感じる神経のほとんどは筋肉に分布している」ことが原因だからです。
腰椎分離症で来院された方の腰をみると、腰椎のまわりの筋肉がとても硬くなっています。「痛みを感じる神経のほとんどは筋肉に分布している」ことから、この腰の筋肉が硬いために神経が痛みを感じとり腰痛を引き起こしているのです。なので、この筋肉を柔らかくする必要があります。
単純にほぐすだけでも柔らかくはなりますが、それだけではすぐ元に戻りやすいです。そのうえ、医学的知識なくほぐすと骨折部分に過度な刺激が入る可能性があります。疲労骨折した部分にはまず安静が必要です。日常生活を送るだけでも腰はよく使う場所なので過度な刺激が入りやすく、そのせいで骨折部分がくっつきにくいのです。腰椎分離症は治りにくい、といわれるのはこのためです。

ではどうすれば、腰椎の骨折部分を刺激せず、かつ、腰の筋肉を柔らかくすることができるのか?
それは実は骨盤矯正でできます。当院の骨盤矯正は、幼少期のお子さまからご年配の方まで幅広く受けられる、”ソフトな骨盤矯正”です。また、骨盤矯正をすると骨が正しい位置に戻ってくれるので、骨盤の歪みのせいで引っ張られ硬くなっていた筋肉が和らいでくれます。腰の痛みに悩まされなくてもよくなるよう、精一杯お手伝いさせていただきます。まずはお電話ください。

柔道整復師の河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

肩を柔らかくしましょう

ここ最近の大谷翔平選手の活躍がすごいですね!米メディアでは苦言を呈する記者もいましたが、今ではそれを覆すくらいの活躍ぶりを見せ、謝罪するコメントが出されているくらいです。彼は投手としても打者としても活躍する”二刀流”を成し遂げるために、驚くべき身体能力がいくつもあります。そのうちの1つが”肩甲骨がとても動くこと”です。

通常、腰に手の甲を当ててヒジを前に突き出す動作をすると、少し前に出すくらいで肩に引っかかりを感じます。しかし彼の場合、両方のヒジが真正面に向くくらいに肩が柔らかいのです。肩は肩甲骨・上腕骨(二の腕の骨)・鎖骨・胸骨(左右の鎖骨の間にある骨)・肋骨の5つの骨で構成されています。この骨にいくつもの筋肉がくっついて伸び縮みをしているために、肩はほぼ180度動くようになっています。彼はとくに肩甲骨にくっつく筋肉がとても柔らかくしなやかなために”肩甲骨がとても動く”のです。その上、強靭さもあるために、攻守ともにパフォーマンスがよく、ケガをしにくく、メジャーリーグという厳しい環境であっても通用するのだと思います。大谷選手は、ゴルフの石川遼選手が世界で活躍できている秘訣は肩の柔軟さだと発見し、肩甲骨まわりのストレッチを重点的にし始めたそうです。

プロ野球選手がやっている肩甲骨まわりのストレッチといえば、左右の腕を交互にまわす「マエケン体操」や、腰に手を当て肘を前に突き出す「大谷翔平体操」があります。これらも肩にくっつく筋肉を柔らかくするためのストレッチです。肩のストレッチをするときのポイントは、”肩を動かす”のではなく”肩甲骨を動かす”よう意識をすることです。意識して動かしてあげることで、たとえ回数が少なかったとしても十二分に効果がでてきますし、肩こりや四十肩・五十肩などの予防、肩まわりのダイエット効果にもなります。

上記のストレッチが難しく感じる方は、肩まわりの筋肉が硬いためだと思われます。硬い筋肉のままストレッチを続けているとケガにつながりかねます。ゆめたか接骨院・整体院では硬い筋肉を柔らかくしてから、一人一人に合ったストレッチを教えていきます。ちなみに、YouTubeの「ゆめたかTV」というチャンネルでも肩まわりのストレッチやその他お得な情報を投稿していますのでチェックしてみてください↓

肩を柔らかくする方法

柔道整復師のチャンカワイこと河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

骨盤矯正で筋肉を柔らかく!

もうすぐ年末年始ですね。お正月はゆっくりと過ごされる方が多いのではないでしょうか。もちろん、師走で忙しかった分休養をとるのはいいことです。しかし「寝正月」「お正月太り」という言葉があるように、あまりにもだらだらと過ごされるのはよろしくないのです。皆さんはゆっくり過ごした休み明けの仕事をしていて、身体が重だるく感じたことはありませんか?

個人差はありますが、実は筋肉というのは”たった1日ゆっくり過ごした”だけで弱くなってしまうのです。とある研究では1日の安静で約2~3%の筋力低下を引き起こすというデータがあります。さらに厚生労働省の調査によると、安静に寝ている状態での筋力低下について、1週間の安静で20%の筋力低下、2週間の安静で36%の筋力低下、5週間の安静で96%の筋力低下がみられたという結果が出ています。20%も筋肉が落ちると、歩くどころか立つことさえも難しくなります。この落ちてしまった筋力を取り戻すには、1日の安静で1週間、1週間の安静で1ヵ月、4週間の安静で6ヵ月もかかってしまうそうです。
さらに怖い話をします。普通に生活をされていても筋力は30代から1年で約1%衰えていきます。筋力を最も使っていないのが寝ている時で、1日中ゴロゴロしていると筋力が約0.5%低下するというデータがあるそうです。ということは、1日ゴロゴロと過ごしただけで半年分衰えているのです。2日間だと1年分になります。

対策としては予想どおり、休みといえどだらだらしないこと、そして運動することです。運動初心者の方にはウォーキングをオススメしていますが、雪が降っていて外に出たくない、寒くて家から出たくないという方も中にはおられると思います。そういった方には家の内でもできる足踏みを勧めています。ゆめたか接骨院では運動する前に骨盤矯正して筋肉を柔らかくすることを推奨しています。

皆様がよいお年を迎えられることを願っています。

柔道整復師のチャンカワイこと河合でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

柔らかくするには?

先週のゆめたかTVは肩を柔らかくする方法をお送りしました、ぜひご覧ください。

この回は2人ペアで肩を柔らかくしていきましたが、腕や足など、さまざまな部位にも応用できますよ。実際に手首でやってみましょう。

まずは手首で気になっている動きや痛みがでる動きを、実際に動かして確認してみてください。手首の動きが悪かったり痛みがでるのは、筋肉が固いからです。逆を言えば、筋肉が柔らかければ、動きが良くなったり痛みがでなくなったりするのです。確認しましたら、さっそくスタートします。

1、気になっている動きに対して、6秒間負荷をかけていきます。

固い筋肉に対して、筋肉が伸びた状態から抵抗を加えて縮めていきます。この6秒間が短くても長くても効果はありません、しっかり守ってください。負荷は全力を100%として、30~50%の力でとどめてください。無理やりは怪我の原因になります。

2、一呼吸休憩をはさんでください。

人間も筋肉も働きっぱなしでは疲れてしまいます。一息ついて休ませてあげましょう。

3、2秒間ストレッチして筋肉を伸ばしてください。

筋肉が休んで緩んだところでしっかり伸ばして、硬さをとってあげてください。2秒あればほぐれてくれます。

これを3~5セットするだけでも違ってきてくれます。先ほど気になっていた動きや痛みが出た動きをもう一度確かめてみてください。どうですか?動きやすくなったり痛みが軽減したりしていませんか?これが先ほど固かった筋肉が柔らかくなって手首が動きやすくなってくれた状態です。ゆめたかTVでも肩の動きが広くなりましたよね。

上のことから、固い筋肉が柔らかくなれば痛みや動きの制限に悩むことがなくなります。では、どうすれば固い筋肉が柔らかくなるのか。もちろんストレッチやマッサージも方法の1つですが、それだけではすぐ筋肉が固くなってしまいやすいです。ヒントは”骨盤”です。答えが知りたい方はゆめたか接骨院までお問い合わせください。

柔道整復師のチャンカワイこと河合がお送りしました。

 

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

富山グラウジーズ優勝おめでとうございます!

先日のB1アーリーカップ東海北陸では、富山グラウジーズが素晴らしいプレーを3日間に渡り観せてくれました。その結果、見事に優勝です。いや〜驚きました。新潟に行きたかった!という方が多いのではないでしょうか。僕もその一人です。スポナビで応援していました。あれだけタフな試合を続けるには、個人の力だけでなく、チーム力、コーチ力などなどあらゆる力の融合でつかんだ優勝だと思います。プレとはいえ、優勝には素晴らしい誇りもあり、応援するブースターの皆さん、スポンサーの皆さんにとっても幸せを感じる喜びの出来事だと思います。本当に幸せな気分になりますね。選手のみ皆様、コーチの皆様、スタッフの皆様、連日の試合でお疲れのことと思います。お身体のメンテナンスはお任せ下さい。

ということで、ゆめたか接骨院グループでは、富山グラウジーズを全力で応援しています。というのも、総院長である僕自身が中学のときにバスケット部に入っていたことがあります。一応レギュラーだったのですが、勝ち星が1試合だけというとっても寂しいチームでした。個人の力や身長などは優れていたように思えますが、全くをもって練習不足ですね。富山にバスケチームができるというときに、観戦には行ったものの、スポンサーにまでは手が届かず・・・。そんなこんなで月日が経ち先輩からのご縁もあり、富山グラウジーズのスポンサー、そしてメディカルメンテナンスの立場として関わることができるようになったのです。これは、僕の目標というか夢の一つであったので、とっても嬉しいことです。このご縁は大切にしたいですね。

ゆめたか接骨院富山院・環水院には、実際に選手の皆様もご来院されることがあります。今日も選手が続々とご来院。苦しくても苦しくてもハイあがる81番の小原選手にもご来院いただきましたよ。コートでも拝見するよりも、近くで並ぶと身長の高さにびっくりします。思わず背伸びしましたが、僕は子供のようですね。ベッドからも大型にしなければ・・と思うほどです。ということで、もうすぐシーズンも始まります。今シーズンも精一杯応援しましょう。Go!グラウジーズ‼︎

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

スポーツ選手の決断

6月に入り、各種スポーツの大会や競技会が盛んに行われています。またプロ野球では巨人が連敗中、苦しいゲームが続いていますね。プロバスケは来シーズンまでお預け状態なので、やや寂しい週末の総院長です。

さて、スポーツを行なっていると怪我はつきもの!という状態があると思いますが、それが大切な試合の前だったりするとこの状況をどうしたら良いのか、考えてしまいます。このぐらいならヤレるのかな!?と。けがの程度によっては、絶対に無理とわかりやすい状況であれば良いのですが、できないことはない!という状態だと悩みますよね。そんな時に一流のスポーツ選手であれば、もちろんドクターやトレーナーの指示のもとに行動できます。ではそこまでは・・・という方にオススメの方法があります。例えば足首の捻挫であった場合、けがをした足で1分立っていられるかどうかで判断します。1分間立っていられるし、それほど痛くない!という状況であればGo!です。しかし、この場合の条件はしっかりとしたテーピングなどの補強、痛くなったらすぐに中止です。1分間立てれない場合は、やはり棄権が無難と思われます。それぞれの状況によって異なることだとは思いますが、怪我を判断する上では大切なことです。

ということで、スポーツ選手の決断としてもう一つ。これは、このままスポーツを継続するのか、辞めるのか、転向するのかです。怪我で仕方なく辞めたいう方が多いように思えます。肩や肘、膝の怪我、これらは我慢してできるものではないし、パフォーマンスも落ちます。勇気ある決断が必要となります。そんな怪我で辞めた!と言わなくて済むように、練習後のケアや日頃のメンテナンスは大切です。特に体幹、バランス、筋肉の状態などトータル的にケアすることが怪我予防につながります。以前、マック鈴木さんに、「現役の時に出会いたかったな〜」と言われたことは今でも嬉しい想い出です。


〜マック鈴木さんの治療後のインタビュー〜

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから


〜環水院近くの環水公園〜

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

体を柔らかくするには筋肉の教育が大切です

ゴールデンウィークの合間ですが、いかがお過ごしでしょうか。昨日はしんきろうマラソンがあり、向かい風と暑さで、苦しいレースになったようですね。それでも完走し、喜びの達成感を知らせてくれる患者様が多くおられました。マラソンを楽しめるっていいですね。僕はひたすら観戦する側のポジションにいますが、健康増進のためにもスポーツにはまってみたいものです。このゴールデンウィークには、3日、富山グラウジーズのホーム最終戦があります。そして、7日はカターレ富山ホームゲームです。どちらも楽しみな1日になるのですが、7日のカターレ富山のホームゲームでは、ゆめたか接骨院が体験会を開催します。骨盤矯正と小顔矯正の体験が無料でできます。ただし、入場チケットが必要になりますので、ご了承ください。富山県総合運動公園陸上競技場で、10時45分スタートです。後半のキックオフ、およそ14時までの予定ですので、お早めにご来場ください。当日は整理券も配布しますので、慌てずにご利用くださいませ。Go!グラウジーズ&Go!カターレ!両チームの勝利を願って、ゆめたか接骨院は両チームを応援します。

さて、『体を柔らかくするには筋肉の教育が大切です』というテーマですが、体の柔らかさは骨格、じん帯、筋肉などの構成で決まります。中でも筋肉の緊張は体の硬さを作ります。体の前屈でも、腹筋や背中の筋肉が硬いと曲がりません。ですから、腹筋を叩いて刺激を送ると、一時的に腹筋が柔らかくなり前屈がしやすくなったりします。このように、筋肉の状況により体の柔らかさが変わったりするのです。では一体、どうやって筋肉を柔らかくするのでしょうか?これには筋肉の教育が最適です。まず、筋肉に力を入れ筋力を出させます、そしてストレッチ。すると、動かなかった関節に動きが出てきます。詳しい方法はさらにあるのですが、筋肉に力を入れそのあとにストレッチ、お試しください。

それでは、楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。7日はカターレ富山ホームゲームでお待ちしております。無料体験会(骨盤と小顔)開催しています。

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

富山はプロスポーツが楽しい!

富山県には、野球、サッカー、バスケットボールのプロスポーツがあり、県民にとっては楽しみがたくさんある状態ですね。総院長である僕は中学の時にバスケットボールをやっていたので、バスケファンなのです。高校では水泳、小学生の時にはスピードスケート、社会人でアイスホッケー、専門学校で柔道といろんなスポーツを経験しました。浅く広く、そんな感じですね。栄光という言葉は一切存在しなかったのですが、唯一高校の時の水泳は頑張りましたね、それでも400m個人メドレーで県8位どまりです。もっとやれた、そんな思いでいっぱいですが、当時はそれで一生懸命なものです。ということで、富山はプロスポーツが楽しい!しかもあついですね。週末も、富山グラウジーズ(Bリーグバスケ)が3連勝、カターレ富山(J3サッカー)が3連勝と勢いに乗っている富山です。嬉しいですね。ゆめたか接骨院では、両チームともスポンサーになっており、楽しく応援させていただいております。

IMG_6767
富山市総合体育館にて

ゆめたか接骨院様
富山県総合運動公園陸上競技場にて

スポーツ選手のメンテナンスをさせていただいていますが、オーバーワークは当然の状態であり日頃のケアをいかにするかで、ゲームでのパフォーマンスも変わると感じます。単純な筋肉疲労のみであれば骨格の矯正とマッサージ、そして栄養と休息で超回復するのがプロ選手です。しかし、損傷部位が発生していると安静固定は必須です。それにしても回復力は一般の方に比べると早いですね、鍛え抜かれたボディーゆえなのでしょう。ゆめたか式の矯正技術が役立てば幸いですね。

ということで、ゆめたか式の骨盤矯正は歪みをチェックし、ズレが改善することが体感できる矯正技術です。スポーツを楽しく痛みなくするためには、正しい状態でパフォーマンスを上がることが要求されます。よって、まずは骨盤のズレを直す、そして筋肉を柔らかい状態する、最後にスポーツに耐えれる筋力を強化いしていくことですね。その一部でもお役に立てれるよう、ゆめたか接骨院は日々研修に励んでいますので、スポーツでの疲れ、痛みがあった場合にはお問い合わせください。

スクリーンショット 2017-03-26 23.37.57

スポーツ整体はこちらから

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

IMG_6758
環水公園から見る富山市総合体育館