筋力の正しい付け方

皆さんは『正しく筋肉(筋力)が付く』ということはどういうことか分かりますか?

より重たいものを持ち上げれるようになることですか?
それともムキムキな6パックの腹筋?
常に硬い筋肉=良い筋肉だと思っていませんか?それは大きな間違いです!
確かにより重たいものを持ち上げられる様になることはスゴイことだし6パックの腹筋は見栄えもいいので僕も欲しいです。
しかし、良い筋肉は全く硬くありません!硬くなる筋肉とは筋肉を使うことで筋肉内に疲労物質の乳酸の蓄積や身体の歪みによって筋肉が引っ張られて硬くなってしまうことが原因のひとつです。

僕の友人に週4〜5回、部位ごとにウエイトトレーニングをしている人がいます。毎回、トレーニング前と後に30分以上かけてストレッチをしています。歪まない動作や姿勢を教えてあげれば、しっかり守ってくれるのでその友人はボディビルダー顔負けの体をしていますが常に筋肉は柔らかい状態です。筋肉が硬くなると関節の動きが悪くなってしまいます。また、寝違えやギックリ腰などの急なケガを引き起こしやすくしてしまいます。

では硬くない筋肉にするにはどうしたらいいのでしょう?まず筋肉を休めさせるためにお風呂など温めてあげると良いです。忙しくてシャワーだけになってませんか?シャワーだけだと表面は温かく感じますが、深部は全く温まっていません。しっかり湯船に浸かりましょう!またストレッチなどで筋肉を伸ばしてあげるのも効果的です身体の歪みによって引っ張られて硬くなった筋肉は骨盤矯正を行い、真っ直ぐな歪みのない状態にして引っ張られていた筋肉を元の位置まで戻してあげれば良いのです。
骨盤矯正により真っ直ぐな体を癖付けしてから筋力アップしていき自らの筋肉で固定、保つ様にしていきましょう!
真っ直ぐな体だと筋肉も引っ張られようがないですよね?
身体の歪みや痛みについて気になる方、悩んでらっしゃる方は是非ゆめたか接骨院環水院にお越しください。スタッフ一同お待ちしています。

柔道整復師、やまだでした。