ブログ

注意!!雪かき時のぎっくり腰

今月からブログ担当になった富山院のワタナベです。
12月に入り天気予報に雪だるまマークがいつ出てくるかドキドキしている今日この頃ですが昔と比べ降雪量は減ってきている富山県。しかし降る時は降るので雪国であることを実感します。
そんな雪国富山県で毎年みなさんも大変な思いをしているのが雪かきではないでしょうか?
そして雪かき時にぎっくり腰になられた方も多いのではないでしょうか?

富山の雪は日本海側からの冷たい空気が対馬暖流の影響で水分を多く含んだ雲になり、その雲が南の山々にぶつかり高気圧になりざらめ雪が降りやすくなります。
ざらめ雪は新雪と比べ2~4倍の重さがあります。
さらに雪かきの体勢(中腰や前かがみ)で物を持とうとすると、腰には直立時の約2倍の負荷がかかると言われています。
なので雪かき時にぎっくり腰になることが多いのです。
そうならないために予防法がありますのでいくつかご紹介します。

まず1つ目は身体をしっかりと温めてあげることです。
冬の外は気温が低く富山の12月から3月の平均気温は4,4℃と寒いです。
筋肉は寒くなると硬くなり、傷つきやすくなるのでしっかり温めてあげることにより柔らかく、傷つきにくい状態をつくるのが重要です。なので準備体操を行い、暖かい格好で雪かきをすることで予防できます。
2つ目は身体を捻らず、腰をしっかりと落とし、全身を使い雪かきを行うことです。
前述で書きましたが中腰や前かがみの体勢だと負担が大きくなり、腰や背中の力のみで行うとどうしてもぎっくり腰が起きやすくなってしまします。
なので理想で言えば雪かきしたい場所の近くによって相撲の躑踞(そんきょ)の姿勢からお腹に力を入れて立ち上がり、どかしたい方向に体を向けて行いましょう。

子供たちは雪が降ってくると大喜びですが、大人は車の運転や雪かきなどが大変なのであまり喜べないですがこれも雪国富山で生活している限り仕方がないことです。ぎっくり腰になると日常生活も大変になるのでしっかりと予防していきましょう。
冬が終わるとチューリップやホタルイカ、蜃気楼など富山ならではの春の楽しみ方が満載なので体調などに気をつけて乗り越えましょう。

↓初めて来院される方は、ご予約をお願いします↓
ゆめたか接骨院(富山院) 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
TEL 076−493−5660

↓LINEからは、24時間ご予約を受け付けています↓
https://line.me/R/ti/p/%40ctr3172h

↓Twitterで混雑状況をお知らせしています↓
https://twitter.com/yumetaka

急な背中や腰の痛み。いつの間にか骨折か!?

富山院のオカダです。
今回は「いつの間にか骨折」についてお話しします。
いつの間にか骨折とは、高齢者に多く起こり、名前の通りいつの間にか骨折している状態です。
通常骨折する際は転倒したり、物にぶつかったりなど体に強い外力が加わった際に骨折します。
しかし、いつの間にか骨折はそういったことが起きていないのに、体に痛みがあり病院へ行って検査をすると
骨折していることが多いです。

なぜ高齢者に多いかというと、骨粗鬆症が原因となることが多いからです。
骨粗鬆症になると骨の中がスカスカになってしまいます。
その状態で重いものを持ち上げる、咳やくしゃみをする、尻もちをつくなどすると、
その小さな力で背骨が潰れて骨折してしまいます。
いつの間にか骨折の特徴としては骨折時には強い痛みがないことが多いです。
日常で寝返りを打つと痛い、同じ姿勢でいるのが辛くなったり、
背骨が潰れるので背中が丸くなったりなどの症状があります。

これから寒くなってくると雪が降って地面の凍結で転倒のリスクが高まったり、
雪かきで重い雪を持ち上げたりすることが多くなります。
高齢の方は特に注意してください。
また高齢でなくても骨折する可能性は十分にありますのでご注意ください。

↓初めて来院される方は、ご予約をお願いします↓
ゆめたか接骨院(富山院) 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
TEL 076−493−5660

↓LINEからは、24時間ご予約を受け付けています↓
https://line.me/R/ti/p/%40ctr3172h

↓Twitterで混雑状況をお知らせしています↓
https://twitter.com/yumetaka

反り腰ストレッチで腰痛予防

富山院のオカダです。
10月も後半に突入し、日に日に寒さが増してきています。
こういった季節の変わり目というのは体の不調がとても出やすくなります。
特に秋・冬は起床時の腰痛が多いです。その腰痛の原因は反り腰の可能性があります。
今回は朝スッキリ起きるために寝る前に簡単にできる反り腰のストレッチの方法を紹介します。

そもそも反り腰とはどういう状態かというと、元々ある腰椎の前弯が強まった状態です。
その原因としては筋肉が硬くなってしまって、骨盤が前傾したり、妊娠でお腹が大きくなったことにより
重心が前に移動して、腰椎の前腕が強まったりなどがあります。

以下の項目にあてはまる方は反り腰の可能性が高いです。
☑️壁に踵・お尻・頭をつけて立ったときに、腰に拳が入る隙間がある。

☑️腰を反ると痛みがある

☑️下っ腹が出てきた

☑️座ると猫背になる

☑️ハイヒールを履くことが多い

☑️妊娠中

どうでしたか?特に女性は当てはまる項目が多いかと思います。
それでは実際にストレッチをやってみましょう!

ストレッチの方法
1.仰向けに寝転んで両膝を抱え込む(体育座りをしながら仰向けになるような感じ)

2.抱え込んでる膝をお腹に引きつける(20回)
 この時に腰が伸びている感覚があればOK!

3.膝を抱えてた手を少し下(スネのあたり)で抱える。

4.先ほどと同様に20回引きつける。

5.最後は足首のあたりを抱えて20回引きつける。

このストレッチを寝る前に毎日行うことで腰回りの筋肉が緩み、前傾していた骨盤が正常な位置に戻ります。
お風呂上がりの体が温まって、筋肉が緩んでるときにやるのがオススメです!

↓初めて来院される方は、ご予約をお願いします↓
ゆめたか接骨院(富山院) 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
TEL 076−493−5660

↓LINEからは、24時間ご予約を受け付けています↓
https://line.me/R/ti/p/%40ctr3172h

↓Twitterで混雑状況をお知らせしています↓

ぎっくり腰の予防法

富山院のオカダです。
9月は寒暖差の激しい日が続きましたね。体調に様々な変化が出たのではないでしょうか?

さて今回はぎっくり腰の予防法をご紹介します。
ぎっくり腰になる原因は筋肉の硬さと前回のブログでお話ししました。
前回のブログのURLを貼っておきます→https://yumetaka.jp/blog/

筋肉が硬くなるのを防ぐには、まず歪みを整えることが重要です。
全ての筋肉は骨についているので、体が歪んでくると筋肉が引っ張られて硬くなってしまいます。
日頃から体を歪ませないようにするには、椅子に座る際に足を組まない、寝転びながらテレビを見ない、
カバンをリュックサックにする。他にも様々な要因があります。
しかしこれらのことに気をつけても、歪みのない左右対称の状態というのは1ヶ月しか維持できないので、
1ヵ月に1回はメンテナンスをしましょう。

他に筋肉の硬くなる原因としては冷えもあります。
筋肉が冷えると硬くなってしまうので、お風呂に入る際にシャワーだけで済ましてしまうという方は湯船に浸かりましょう。
お風呂から上がったらなるべく体を冷やさない服装で寝ることをオススメします。

最後に水分をしっかり摂取しましょう。
水分が不足すると血流が悪くなります。血液は全身に酸素や栄養を送っているので、
血流が悪くなると筋肉に酸素や栄養が供給されなくなり、筋肉が硬くなります。
硬くなった筋肉は血管を圧迫し、さらに血流が悪くなるという悪循環が起こります。

10月になると気温が下がってくるのでぎっくり腰のリスクが高まってしまいます。
歪みを整え、お風呂に入、しっかり水分を摂取して柔らかい筋肉を作り、ぎっくり腰を防ぎましょう。

万が一ぎっくり腰になったら早急に対応したほうがいいので、一度ご連絡ください。
↓初めて来院される方は、ご予約をお願いします↓
ゆめたか接骨院(富山院) 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
TEL 076−493−5660

↓LINEからは、24時間ご予約を受け付けています↓

https://line.me/R/ti/p/%40ctr3172h

↓Twitterで混雑状況をお知らせしています↓

超簡単!腰痛のテーピング

厳しい暑さが続いていますね。お盆休みは楽しめましたか?
ブログ担当のオカダは立山登山やプールに行って夏を満喫してきました。

楽しいイベントが盛りだくさんの連休ですが、実は連休明けはぎっくり腰になる患者さんがとても多いです。

理由として考えられるのは、帰省や旅行での長距離の移動が続いたり、海や山に遊びに行って普段より筋肉を多く使ったということ。
その結果、筋肉が硬くなり、それがぎっくり腰に繋がります。

筋肉が硬くなるとぎっくり腰になるのは、筋肉と関節の関係をイメージするとわかりやすいでしょう。
筋肉はゴムのように伸び縮みして関節を動かします。
硬くなったゴムは、伸び縮みしなくなり、引っ張ったらプチンッと簡単に切れてしまいます。
筋肉が硬い状態で体を動かすと、筋肉が上手く伸びず、筋繊維がブチッと切れてしまいます。この、筋繊維が切れて炎症が起こっている状態がぎっくり腰です。
ぎっくり腰の予防法は次回のブログで!

それで今回は腰痛やぎっくり腰の時に簡単にできるテーピングの貼り方をご紹介します。
※今回使用するテープはキネシオテープという茶色の伸縮性のあるテーピングです。
このキネシオテープを20cmを4本用意します。

1:背骨に沿って縦にテープを貼ります。
2:骨盤の少し上に横向きにテープを貼ります。
3:背骨から指3本分横に縦にテープを貼ります。
4:3で貼ったテープの反対にも縦にテープを貼ります。

たったこれだけでテープが炎症を起こして痛みの原因になっている腰の筋肉の動きをサポートしてくれます。
ぎっくり腰やかなり強い腰痛の場合は4本貼ってください。軽い腰痛の場合は1本または2本で十分です。
テープは翌日の朝まで貼っていても問題ありませんが、痒くなってきた場合はすぐに剥がしてください。
とても簡単なテーピングなので是非試してください!

最後にイベントの告知です!
8月31日にカターレ富山 VS SC相模原の試合で骨盤矯正体験会を行います
興味のある方はお気軽にご参加ください。

↓初めて来院される方は、ご予約をお願いします↓
ゆめたか接骨院(富山院) 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
TEL 076−493−5660

↓LINEからは、24時間ご予約を受け付けています↓

https://line.me/R/ti/p/%40ctr3172h

↓Twitterで混雑状況をお知らせしています↓
https://twitter.com/yumetaka

スポーツ選手に起こりやすい腰痛

梅雨も明けて毎日うだるような暑さが続いていますね。夏といえばインターハイや甲子園などスポーツの大会が多い時期です。
それで今回はスポーツ選手に起こりやすい腰痛についてお話しします。

スポーツ選手に多い腰痛はズバリ「腰椎分離症・腰椎すべり症」です。

腰椎分離症は中学生くらいの成長期の子供に起こりやすいです。
特にバレーボール、サッカー、ゴルフ、野球、柔道など体幹の回旋や前後屈の動きが多いスポーツをやっている子供に起きやすいです。
こういったスポーツで繰り返し同じ動作を繰り返すことによって起こりやすくなります。
第5腰椎に発生しやすく、症状としては運動時の腰痛や、腰を反らす・捻るなどの動きで痛みが出現することが多いです。
筋肉は全て骨についているので、筋肉が硬い状態で同じ動作を繰り返すと骨に大きな負担がかかり腰椎分離症になる可能性が高まります。

次に腰椎すべり症です。すべり症は大きく分けて「分離すべり症」と「変性すべり症」の2つがあります。
分離すべり症は先ほどの腰椎分離症が原因で起こることがあります。
変性すべり症の多くは加齢によって腰椎の安定性が失われて起こります。こちらは比較的女性に起こりやすいです。
腰の骨の位置関係がズレることで痛みなどの症状が出てきますが、ズレが大きくなると足に痛みや痺れが出現することもあります。

分離症やすべり症になったら、安静にして腰に負担をかけないようにしましょう。
そしてストレッチや筋力強化訓練を行いましょう。
10代でスポーツを活発に行っていて、ずっと腰痛に悩んでいる方は分離症やすべり症の可能性があるので早めに対処しましょう。

ゆめたか接骨院では歪みを整え筋肉を柔らかくすることで、ケガをしにくい体を作っていきます。
楽しくスポーツを行うためにも歪みのない左右対称の体を目指しましょう!

↓初めて来院される方はご予約が必要となります↓
ゆめたか接骨院(富山院) 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
TEL 076−493−5660

↓LINEからも予約できます↓

https://line.me/R/ti/p/%40ctr3172h

↓Twitterで混雑状況をチェック↓
https://twitter.com/yumetaka

朝の腰痛の原因は?

朝の腰痛の原因は筋肉の硬さです。

筋肉が硬くなると神経を刺激・圧迫し痛みを感じてしまいます。
今回は朝の腰の痛みの原因と改善させる方法をお話しします。

朝に腰痛が起こる人は寝返りが打てていないことが多いです

なぜ寝返りをしないと筋肉が硬くなるかというと、筋肉は同じ姿勢が続くと血液の循環が悪くなり硬くなってしまう性質があるからです。
寝返りは寝ている間にすることなので、意図的にするのは難しいと思うかもしれませんが、寝返りを打ちやすい環境を作ることはできます。

1.硬めの布団を使う
布団が柔らかいと体が沈み込んでしまい、寝返りが打ちにくくなります。
フカフカの布団は気持ちいいですが、適度に硬さのあるものを選びましょう。

2.枕を変える
中央が凹んでいて、両サイドが高い枕は頭が固定されてしまいます。
枕を選ぶ際は少し大きめで、平坦な形の枕を選びましょう。

3.ペットや子供と違う場所で寝る。
寝る際に隣にペットやお子さんがいると寝返りが打ちにくくなります。
可能であれば両サイドは何もない状態を作りましょう。

寝る際には以上のことを気をつけましょう。

ゆめたか接骨院では骨盤を矯正し、歪みのない体を作ります。
そうすることで筋肉が柔らかくなり、腰痛も起こりにくくなります。
実際に歪みが整った患者様からは「朝の腰痛が楽になった」や「腰痛が軽減され寝やすくなった」
などの声もあります。
痛みがなく短時間で効果の出る強制で健康な体を作っていきましょう!

↓初めて来院される方はご予約が必要となります↓
ゆめたか接骨院(富山院) 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
?076−493−5660

↓LINEからも予約できます↓

↓Twitterで混雑状況をチェック↓

激しい寒暖差。ギックリ腰に注意!!

皆さんこんにちは!

桜も咲き始め暖かくなってきたと思ったら

先日、富山では雪が降りましたね⛄️

このように寒暖差が激しいと体に変化が起きやすいです。

特に急に寒くなった日の朝には筋肉が硬くなっており

ギックリ腰になりやすいです( ´Д`)

 

もしぎっくり腰になってしまったら…?

 

 

まずは「安静」です!!

患部が傷ついている状態なので

無理に動くより、安静にしていたほうが回復が早いです。

寝返りを打ったり、起き上がる際は

お腹とお尻に力を入れると動きやすいです( ´ ▽ ` )

 

 

そして次に「冷やす」!!

ギックリ腰は筋肉が傷つき熱を持つので

氷などでしっかり冷やしましょう。

温めてしまうと悪化することがあるので注意しましょう!

お風呂もシャワーだけにしてくださいね!

 

 

最後は「固定」!!

少し動けるようになってきたら接骨院で

歪みを整えて、テーピングで固定してもらいましょう!

そうすることで治りを良くすることができます。

 

ギックリ腰は治りかけのときも注意が必要です。

少し動けるようになってきて無理な動きをしたり

くしゃみなどの動作で再発される方が多いです!

 

 

痛みが引いても筋肉は硬いままです。

背骨の外側8cmあたりが硬いとギックリ腰予備軍です。

筋肉が柔らかい状態を保つためにも

定期的にゆめたか接骨院でメンテナンスをしましょう٩( ‘ω’ )و

 

以上!柔道整復師オカダでした!

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4

?076−493−5660

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

花粉症に効果的なツボ!

皆さんこんにちは!

4月になって暖かさも増し、春らしくなってきましたね?

しかし暖かくなるにつれて花粉症の方は

辛くなってくると思います。

それで今回は花粉症に効果のあるツボについてお話しします٩( ‘ω’ )و

ツボの押し方はリラックスした状態で深呼吸します。

息を吐きながら少しずつ力を加えていきます。

力を抜くときに息を吸いましょう!

①攅竹(さんちく)

これは眉頭にあるツボです。

指を眉頭のくぼみに当て、グーッと押し込みます?

眼精疲労やドライアイ、頭痛に効果があります。

花粉症で特に目が辛いという方にオススメです!!

②承泣(しょうきゅう)

黒目の真下のくぼみ(骨のきわ)にあるツボです!

骨のきわに指を引っ掛けるようにして押します。

このツボは目の不調全般に効果があるので、

目が疲れやすい方にオススメです( ✌︎’ω’)✌︎

③迎香(げいこう)

これは小鼻の脇(小鼻の出っ張りの付け根のくぼみ)にあるツボです。

鼻を両脇から挟むように押します。

鼻水や鼻づまりなどの症状に効果があります!

これらのツボを覚えておくと、辛い花粉症の時期も乗り切れますね!

豆知識として友人に教えてあげてもいいかも?

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4

076−493−5660

環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5

076−464−6228

金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階

076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
■Twitterこちら
□エキテンはこちら
■Facebookはこちら
□整体ブログはこちら
■採用ブログはこちら

怪我予防!下半身のストレッチ!

皆さんこんにちは!

先日バスケットボールの日本代表がカタールに勝利し、

2006年以来のワールドカップ出場を決めました٩( ‘ω’ )و

富山グラウジーズもチャンピオンシップ出場に向けて奮闘しています!!

 

そんな盛り上がりを見せているバスケットボールですが、

激しい攻防には怪我がつきものです…

バスケはジャンプ動作や、急な切り返しが多いので下半身の怪我が目立ちます。

それで今回は怪我を防ぐために下半身のストレッチを紹介します!

 

①お尻の筋肉

1.ベットの横に立ちストレッチしたい方の膝を90度に曲げベットにのせる。

2.地面についている足を後方へ下げる。

3.体を少しずつ前傾させる。

4.手を大きく開きベッドを掴み、さらに体を前傾させる。

 

②骨盤の前の筋肉

1.足を大きく前後に開き腰を落としていく。(ストレッチしたい側を後ろに)

2.あまり伸びてない感じがしたら、さらに後ろの足を引き腰を落とす。

 

③太ももの筋肉

1.膝と股関節を曲げ、太ももを抱え込む。

2.この状態で膝だけを伸ばしていく

3.この時に反対の足が浮かないように注意!!

 

このストレッチのやり方は富山院のYouTubeチャンネルでもアップしているので、

動画を見ながらやるとわかりやすいです!

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4

076−493−5660

環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5

076−464−6228

金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階

076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
■Twitterこちら
□エキテンはこちら
■Facebookはこちら
□整体ブログはこちら
■採用ブログはこちら