反り腰ストレッチで腰痛予防

富山院のオカダです。
10月も後半に突入し、日に日に寒さが増してきています。
こういった季節の変わり目というのは体の不調がとても出やすくなります。
特に秋・冬は起床時の腰痛が多いです。その腰痛の原因は反り腰の可能性があります。
今回は朝スッキリ起きるために寝る前に簡単にできる反り腰のストレッチの方法を紹介します。

そもそも反り腰とはどういう状態かというと、元々ある腰椎の前弯が強まった状態です。
その原因としては筋肉が硬くなってしまって、骨盤が前傾したり、妊娠でお腹が大きくなったことにより
重心が前に移動して、腰椎の前腕が強まったりなどがあります。

以下の項目にあてはまる方は反り腰の可能性が高いです。
☑️壁に踵・お尻・頭をつけて立ったときに、腰に拳が入る隙間がある。

☑️腰を反ると痛みがある

☑️下っ腹が出てきた

☑️座ると猫背になる

☑️ハイヒールを履くことが多い

☑️妊娠中

どうでしたか?特に女性は当てはまる項目が多いかと思います。
それでは実際にストレッチをやってみましょう!

ストレッチの方法
1.仰向けに寝転んで両膝を抱え込む(体育座りをしながら仰向けになるような感じ)

2.抱え込んでる膝をお腹に引きつける(20回)
 この時に腰が伸びている感覚があればOK!

3.膝を抱えてた手を少し下(スネのあたり)で抱える。

4.先ほどと同様に20回引きつける。

5.最後は足首のあたりを抱えて20回引きつける。

このストレッチを寝る前に毎日行うことで腰回りの筋肉が緩み、前傾していた骨盤が正常な位置に戻ります。
お風呂上がりの体が温まって、筋肉が緩んでるときにやるのがオススメです!

↓初めて来院される方は、ご予約をお願いします↓
ゆめたか接骨院(富山院) 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
TEL 076−493−5660

↓LINEからは、24時間ご予約を受け付けています↓
https://line.me/R/ti/p/%40ctr3172h

↓Twitterで混雑状況をお知らせしています↓