喉の詰まりも骨盤の歪みから⁉

交通事故に遭われて、ゆめたか接骨院金沢院に来院された患者様の中には時折、喉の詰まりを症状として訴えられる方が居られます。

喉が詰まるということは、身体が丸い猫背の姿勢になっている可能性があります。人間は誰でも痛いのは嫌なもので、無意識に防御の構えをとってしまいます。身体を丸くするのも防御のため。自分の身を守るためです。

しかしこの猫背で丸くなった状態が続くとどうなるかといえば、胸の前の筋肉が緊張して硬くなり、肩を胸の方に引き寄せることになります。

背中の筋肉も胸の前の筋肉に引っ張られる形で硬くなってしまいます。

呼吸をすると胸が広がり空気を肺へと送りますが、この状態ですと胸が圧迫されているため、普段より空気を肺へと送ることが出来ません。そのせいで息が苦しくなり、喉が詰まったような症状を感じるのです。

また、猫背の姿勢は肩周りの筋肉を硬くしてしまうので、肩の関節の動き、例えば腕を上げる、肩を回すといった動作がし辛くなります。このまま放っておくと後々四十肩や五十肩の原因となる恐れがありますので注意して下さい。

安定した身体になれば、背中を丸めない良い姿勢をキープしやすくなり、呼吸も楽になりますので喉が詰まったような症状改善します。また、丸く縮こまった姿勢はストレスを強く感じてしまうため、実は余計にダメージを受けやすいです。背筋が伸びて胸が広がった姿勢の方がストレスを受けにくく、身体への負担が少なくて済み、自身が持っている自然治癒力も高めることができます。

実際にゆめたか接骨院で施術を受けられた方は、前に比べて喉が楽になったと言って下さる方が多いです。

事故に遭われた方、そうでない方でも身体の事でお悩みになっている場合は1度ゆめたか接骨院までご連絡下さい。LINE@にご登録頂くと、24時間年中無休でご相談に乗る事が可能です。また、来院のご予約もLINE@ですと24時間承っております。お友達登録、お待ちしております。

ご登録はコチラ