富山院の新型コロナ感染対策の巻

新型コロナウイルスが世界的に流行して4月6日の時点で約120万人の感染者が確認されています。富山県でも少しずつですが感染者が増えてきています。
ゆめたか接骨院富山院では来院される患者様が安心して治療を受けていただける様に以下の感染対策を行っています。

■ 一人一人施術前後の手洗い、もしくはアルコール消毒の徹底をしています。
■ 使用後のベッドは、アルコール消毒をその都度行っています。
■ 施術開始前のうがいの徹底をしています。
■ 院内の換気は常時窓を開け、空気が入れ替わるようにしています。
■ 空気清浄機(ジアイーノ)・加湿器の設置、診療中は常時稼働しています。
■ 電気パッドの消毒を行っています。
■ ベッド台数を減らし、患者様同士の間隔を広く取っています。
■ ドアノブなど皆様の手に触れやすいところの消毒の徹底。
■ スタッフのマスク着用。

それ以外にも免疫力向上のツボや腸内環境を整える酵素の紹介をしています。
ご希望の方には個室での施術も可能ですのでお申し出ください。

またご来院の患者様には新型コロナウイルス感染拡大防止のために、手指消毒の実施にご協力お願いしています。
以下の症状がある方はお断りする場合がございますので、体調が回復してから改めてご予約いただく様お願い致します。

■37.5℃以上の熱がある方
■強いだるさ(倦怠感)、息苦しさがある方
■新型コロナウイルス感染の可能性がある方。
■一週間前くらい前まで、ノロウイルス、インフルエンザ等にかかっていた方

今できる感染対策をしっかりと実施していき、安心してリラックスできる空間と笑顔を提供できるようスタッフ一同頑張っていきます。

柔道整復師 渡邉翼

 

↓初めて来院される方は、ご予約をお願いします↓
ゆめたか接骨院(富山院) 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
TEL 076−493−5660

↓LINEからは、24時間ご予約を受け付けています↓
https://line.me/R/ti/p/%40ctr3172h

↓Twitterで混雑状況をお知らせしています↓
https://twitter.com/yumetaka

腰痛に効く筋トレ!

みなさんこんにちは!

お正月は満喫できましたか?

ブログを担当しているスタッフOは、地元の京都に帰りのんびりしてきました(^ ^)

みなさんもお正月で遊びすぎたり

はたまた寝すぎたりして腰痛になっていませんか?

そこで今回は自分の筋肉でコルセットを作る腰痛対策を紹介します!

人体の中でコルセットの役割を果たす筋肉を「腹横筋」といい

お腹全体に横向きに走向しています。

この「腹横筋」のトレーニングをやっていきます。

①ドローイン

.仰向けに寝て膝を90度に曲げる

.おへその横に手を当てる

.息をゆっくり吐きながらお腹をへこませる

.息を吐ききったら10秒間キープ(浅い呼吸でキープ)

.これを5回繰り返す

慣れてきたら30秒まで伸ばしてみましょう!

②フロントブリッジ

.床でうつ伏せになる

.体幹を浮かし両肘とつま先で体を支える(肘は90度)

.頭から足先まで一直線になるようにする(肘は肩の下に位置)

.この姿勢のまま30秒キープ

.これを3セット行う

③ヒップリフト

.仰向きに寝て膝を90度に曲げる

.両手を開いて体を安定させる

.腰・お尻を持ち上げ、鎖骨から膝まで一直線になるように

.この状態を3秒キープ

.これを10回3セット行う

以上のトレーニングを行うことで腰痛予防になると同時に

姿勢もよくなり、ぽっこりお腹も解消されます!

やり方がいまいちわかりにくい場合はYou Tubeで「ゆめたか TV」で検索!

後日、トレーニング動画をアップします!

ジムに通わず自宅で簡単にできるのでぜひ試してください( *ω´)

 

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

 

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4

?076−493−5660

環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5

?076−464−6228

金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階

?076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

腰の痛い時のテーピングのやり方 富山市接骨院

みなさんこんにちは!

段々と長袖を羽織るような気温になってきましたね。

最近来院される患者様でギックリ後になる方が多く来院されます。

そんな時「どうしたらいいの~?」と皆さん悩まれています。

ぎっくり腰は怪我です。

この時、一番必要なのは固定と安静です

今回はのテーマはその中の「固定について」お伝えします。

当院では基本的に一般の方でも出来るような

シンプルなテーピングを行っております。

今回はテーピングのひとつをお伝えします。

まず、なぜ腰にテーピングが必要だと思いますか?

人間の身体の胸椎は肋骨があるため支えられています。

しかし、頸椎や腰椎は支える力を筋肉のみで支えなければいけません。

そのため、その筋肉が傷つくと支える力が弱くなる為、痛めた筋肉に身体の

重みが掛かり、痛みが生じます。なので外からテーピングで支えることで

筋の固定と動きの補助をすることが期待できます。

このようなキネシオテープを用意して下さい

このテープは20㎝を4本必要になります。

こんな感じです・・・(*’▽’)

① 背骨の真ん中に一本

② 骨盤の少し上に一本

③、④ 背骨の指3本分横にテーピングを一本ずつ

当院では、症状によって変わりますが、基本的にこのように固定をしていきます。

腰痛でお困りの方、ぎっくり腰になってしまった方

ぜひご相談下さい<(_ _*)>

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

 

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4

?076−493−5660

環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5

?076−464−6228

金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階

?076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

内臓疾患と腰痛 富山市接骨院

みなさんこんにちは!

湿気が高くジメジメした日が増えてきましたね。

そんな日でも変わらず安定した治療をゆめたか富山院は提供していきたいと思います!

さて今日は「内臓疾患と腰痛」についてお話しさせていただきます。

※接骨院の仕事の領域外の分野になるのであくまで参考としてお読みいただければと思います。

患者様から「先生、この腰の痛み内臓が悪いせいじゃないですか?」

という質問がたまにあります。

なので今回は内臓疾患と痛みが現れる部分について調べてきました。

〇背中右上部に出る痛み

肺炎や気管支炎などの場合、咳をした際に響くような痛み。

〇背中右下部に出る痛み

十二指腸潰瘍などの場合は、差し込むような痛み

腎盂腎炎・腎結石などの場合は、発熱を伴った痛み

〇腰周りに出る痛み

尿路結石などの場合、かなり強い痛みが出たり治まったりを繰り返す

卵管炎、子宮外妊娠などの場合、高熱を伴った痛み

子宮内膜症などの場合、下腹部全体に重い痛み

〇背中左側の痛み

心臓疾患などの場合、握りつぶされるような痛みや引き裂かれるような激しい痛み

以上の4つの部分に出る痛みと内臓疾患の関連を調べました。

分かったことは痛みの中身が「激しい痛み」だという事です。

接骨院でもアドバイスできることはありますが、

上記のように背中から腰にかけて激しい痛みがある場合は

早急に専門医に受診することをお勧めします。
◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
■Twitterこちら
□エキテンはこちら
■Facebookはこちら
□整体ブログはこちら
■採用ブログはこちら
□YouTubeはこちらから

腰痛の85%は原因不明⁉ 富山市接骨院

みなさんこんにちわ!ゆめたか富山院です。

みなさんの中にも腰痛を経験した事のある人は多いと思います。

国民調査の自覚症状としても腰痛と肩こりが1位と2位を占めます。

腰痛の原因は日常生活にあり、姿勢や運動作業での使い過ぎ、

もしくは寝たきりの使わなさすぎとなります。

腰痛の発生時間は、朝10時から12時に多いことからも

寝ている間に原因があると推測されます。

寝ている間に体を動かさないと同じ姿勢の強要となり、

筋肉は硬くなり腰痛が発生してしまいます。

このように腰に負担をかけていることが多い日常生活の中で、

除雪や重い荷物を持つ瞬間、運動などで激しくアタックをした瞬間に

ぎっくり腰を起こすのです。

ぎっくり腰は筋肉の硬さが背骨から8センチ横に硬くなると起きやすくなるという

データがあります。

よって、日頃から筋肉を柔らかく保つことが予防の1つとなるのです。

しかし、腰痛の原因は?と問診すると

「わからない」と

答える方が多いのです。これは肉体労働や加齢、肥満・喫煙・運動不足・疲労・

ストレスなどの要素が

腰への負担となっているのにもかかわらず、

そこに気付かないことの証明でもあります。

このことが原因不明説となり状況によっては、

診療内科や精神科への受診の引き金になっているのです。

痛みの原因は神経です。神経は硬い筋肉の影響で硬くなることはわかっている事実です。

ですから、原因不明と悩む前に

まずは筋肉を柔らかくする方法として、

骨盤矯正やマッサージといった方法も良いのではないでしょうか?

※上記の内容は来月配布予定のゆめたか誌の内容です!

 皆様に是非知っておいてほしい内容だったのでブログでも書かせていただきました。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
■Twitterこちら
□エキテンはこちら
■Facebookはこちら
□整体ブログはこちら
■採用ブログはこちら
□YouTubeはこちらから

ぎっくり腰について    富山市接骨院

こんにちは⛅

やっと雪が解め始め運転も安心して出来るのではないでしょうか?

さて、日常生活でふとした瞬間に痛みが走ったり、

ずっと痛みがあり、日常生活に影響を与えることもある腰痛

実はこの腰痛には種類があります✋

様々な腰痛についてご紹介させて頂きます❕

今回は急性腰痛症についてご紹介します。

急性腰痛症とは、通称『ぎっくり腰』とも言われ、実は魔女の一撃ともいわれます。

ではぎっくり腰とはいったいどんなものか?

簡単に言うと腰の筋肉の肉離れ、腰の関節の捻挫です。

疲労が蓄積し、硬くなってしまった筋肉がちょっとした関節の動きに

ついていけなくなり切れてしまった状態です。

症状には個人差があり、全くベットから起き上がれなくなる方から

特定の動きだけ痛いという方から様々です。

もし、痛くなってしまった場合は

・安静

・アイシング

・固定

        が必要になります。

組織を傷つけて炎症が起きた場合、温めてしまうと

余計に痛みを憎悪させてしまいます。

そして何より痛めないのが一番です!!

筋肉が硬くなると怪我をしやすくなります。

じゃあどうしたらいいのでしょうか?

正しい状態のバランスを身体に覚えさせ

筋肉を柔らかくしておくと良いのです。

怪我を全くしないというわけではないのですが

筋肉が軟らかい状態だともし怪我をした際のダメージが

硬い人に比べて少なくなります。

日常生活の癖を気をつけ、歪みがひどくならないよう

心掛ける事もとても大切です。

DSC00614 (1)

当院の施術はバランスから整えていき傷ついた筋肉に負担をかけないようにしていき

人間の持っている自然治癒力を高め、まずは回復しやすい身体を作っていきます。

根本改善をすることにより、

・早期回復

・再負傷の予防

・慢性的な痛みを回避させる

                 などの点があります

痛みを放っておくと回復しにくくなります。

無理をしないようにしていきましょう✨

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
?076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
?076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
?076−255−0398

Twitterは  こちらから
Facebookは こちらから
エキテンは こちらから

スタッフHでした?