激しい寒暖差。ギックリ腰に注意!!

皆さんこんにちは!

桜も咲き始め暖かくなってきたと思ったら

先日、富山では雪が降りましたね⛄️

このように寒暖差が激しいと体に変化が起きやすいです。

特に急に寒くなった日の朝には筋肉が硬くなっており

ギックリ腰になりやすいです( ´Д`)

 

もしぎっくり腰になってしまったら…?

 

 

まずは「安静」です!!

患部が傷ついている状態なので

無理に動くより、安静にしていたほうが回復が早いです。

寝返りを打ったり、起き上がる際は

お腹とお尻に力を入れると動きやすいです( ´ ▽ ` )

 

 

そして次に「冷やす」!!

ギックリ腰は筋肉が傷つき熱を持つので

氷などでしっかり冷やしましょう。

温めてしまうと悪化することがあるので注意しましょう!

お風呂もシャワーだけにしてくださいね!

 

 

最後は「固定」!!

少し動けるようになってきたら接骨院で

歪みを整えて、テーピングで固定してもらいましょう!

そうすることで治りを良くすることができます。

 

ギックリ腰は治りかけのときも注意が必要です。

少し動けるようになってきて無理な動きをしたり

くしゃみなどの動作で再発される方が多いです!

 

 

痛みが引いても筋肉は硬いままです。

背骨の外側8cmあたりが硬いとギックリ腰予備軍です。

筋肉が柔らかい状態を保つためにも

定期的にゆめたか接骨院でメンテナンスをしましょう٩( ‘ω’ )و

 

以上!柔道整復師オカダでした!

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4

?076−493−5660

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

姿勢の崩れは腰痛につながります!

こんにちは(^^)/

引き続き世間はサッカーワールドカップで盛り上がっていますね!

スポーツのイベントに触発されて運動を始める人も多いのではないでしょうか?

さて今回は『姿勢と腰痛』についてお伝えします

皆さん、自分自身正しい姿勢を意識出来ていますか?

座り方や日常生活によっても身体のバランスの崩れや骨盤の前傾が痛みにも繋がります。

では、骨盤の前傾があると腰痛になると思いますか?

骨盤が前傾すると腰が反ってしまいます。

腰が反ってしまうと衝撃をうまく吸収することが出来ないため痛みが出てきたり

寝ている時などでは腰全体が床にくっつくことが出来ないため、

腰背部と骨盤の方に体重がかかってしまい、負担が大きく痛みに繋がります。

朝起きて腰痛がある方は、この骨盤の前傾が関係ある可能性があります。

【骨盤の前傾に関する筋肉】

背骨から骨盤にかけての『腸腰筋』太ももの筋肉『四頭筋』と

お尻の筋肉『殿筋』

これらのバランスが悪いと骨盤の前傾に繋がります。

当院では、骨盤の歪みから整えていき筋肉の柔らかくしています。

腰痛にならないよう、まずは正しい身体の状態を作り

バランスの良い身体の使い方が出来るようにしていきましょう。

当院でも全力でサポートさせて頂きます。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
?076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
?076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
?076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
Twitterこちら
エキテンはこちら
Facebookはこちら
整体ブログはこちら
採用ブログはこちら

梅雨時期の身体のだるさには骨盤矯正!

みなさんこんにちは!

梅雨の季節が近づきジメジメした日が増えてきましたね。

気温の寒暖差も安定しないため、身体がダルイと感じる人も多いと重います。

『腰痛の8割はストレスから』

という言葉もあるように、天気の不安定・温度差の不安定は

体のだるさを作り、肉体的なストレスとなり

それが慢性的な腰痛につながってきます。

ここで大事なことは筋肉が硬くなることで痛みが出てくるので

【体を温める】ことが重要になります。

身体の熱を作り体温を上げていくのは

3分の2以上は筋肉の収縮によるものです。

なので筋肉を柔らかくすることはとても大事です。

筋肉を柔らかくするために骨盤矯正はとても有効です。

歪みをとることで筋肉が柔らかくなり血流が良くなるだけではなく

溜まった湿気などの不要な老廃物を体外へ排出しやすくなります。

ゆめたか接骨院で歪みを整え筋肉を柔らかくすることで

梅雨の季節を乗り切りましょう!

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
■Twitterこちら
□エキテンはこちら
■Facebookはこちら
□整体ブログはこちら
■採用ブログはこちら
□YouTubeはこちらから

骨盤矯正後にやってはいけないこと

みなさんこんにちは!

今日は、「骨盤矯正の後にやってはいけないこと」についてお話しします。

下記の動画でも説明しています♪

まず1つ目は『脚を組まない』こと

脚を組むこと自体が身体を歪ませてしまいますし、

歪んでいる証拠でもあります。

骨盤矯正をして真っ直ぐな体を作ってありますので

脚を組むことは絶対に避けて頂きたいです。

2つ目は『寝ながらの行動を避ける』

うつ伏せで本やスマホをいじると反り腰を誘発してしまいますし、

横向きの状態でテレビを長時間みると横に捻じれてきてしまいます。

ポイントとしては絶対にしてはいけないという事ではなく

【長くやりすぎない】

事に注意していただきたいです。

3つ目は『横座り』

これは女性に多いかと思います。

床に座る際に横座りをすると骨盤の捻じれや膝の捻じれが生じてしまいます。

これも脚を組むことと同様に絶対に避けて頂きたいです。

動画で紹介してないものとしては

『後ろポケットにものを入れた状態で座らない』

これも大事です。これは男性に多いかと思います。

坐骨の左右の高さに違いが出てしまうため、

その状態で座り続けてしまうと骨盤は歪んできます。

以上のことを気を付けて頂くだけでも

良い状態を維持しやすくなります。

是非ご自宅でお試しください!

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
■Twitterこちら
□エキテンはこちら
■Facebookはこちら
□整体ブログはこちら
■採用ブログはこちら
□YouTubeはこちらから

目の疲れは肩こりにつながります! 富山市接骨院

みなさんこんにちわ!

春になり花粉も飛ぶ季節になりましたね。

個人的にも目のかゆみで悩まされています。

今回は「目の疲れと肩こりの関係」について書かせていただきます。

パソコンやスマホなどの酷使により

目のかすみやドライアイの方も多いのではないでしょうか?

目も腕などと同じように筋肉で動いています。

従って、疲れを感じるときは目の周りの筋肉

眼輪筋

をマッサージしたりストレッチをすると疲労回復に効果的です。

1.目を固く閉じる

2.目を大きく見開く

3.顔は動かさずに目だけを左右に動かす

4.目だけを上下に動かす

この4つの動作をするだけでも眼輪筋がストレッチされて目がスッキリしてきます。

次にオススメなのが《目薬》です。

刺激の少ない子供用の目薬が特におススメです。

1回に片目3滴ずつ点眼し、潤すことが目の疲労回復につながります。

目の疲れが気になる方は是非お試しください!

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
■Twitterこちら
□エキテンはこちら
■Facebookはこちら
□整体ブログはこちら
■採用ブログはこちら
□YouTubeはこちらから

ストレス解消は腰痛緩和につながります! 富山市接骨院

みなさんこんにちわ!

みなさんは最近泣いたことがありますか?

3月は卒業式や、別れのシーンで涙したなんて方もいるのではないでしょうか?

私も息子たちの保育園の入園式でウルっと来ました。これが成長した後の卒園式なんかはやばいですね。

実はこの涙はリラックス状態の元となります。泣くことで、

《副交感神経優位》

の状態になります。

つまり寝ている時と同じ状態になれるのです。

癒しのひと時にもなりえます。この作用は1週間も持続すると言われます。

また、免疫力アップのIgAも高まります。

涙にはいろんな涙があります。

感動・嬉しい・寂しい・苦しい・悔しい等。

できれば、嬉し涙がいいですよね。

映画を見て感動も良いでしょう。

オリンピックでも感動はありましたよね。

というように、いつでも、どこでも涙することはできるのです。

この環境を作ることで、ストレス解消ができるという事です。

ストレスは筋肉の硬さを作り、それにより痛みにつながります。

いい涙を流すことで、痛みが取れやすい状態をつくるようにしていきましょう!

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
■Twitterこちら
□エキテンはこちら
■Facebookはこちら
□整体ブログはこちら
■採用ブログはこちら
□YouTubeはこちらから

コルセットの正しい付け方 富山市接骨院

みなさんこんにちわ!

昨日は社員総会及び決起パーティがありました。

次年度へ向けてスタッフ全員気合が入り直した次第です!

さて今日は「コルセットの正しい付け方」についてお話しさせていただきます。

腰痛の方、特にぎっくり腰になった方や整形外科でヘルニアと診断された方は

日常的に装着しているかと思います。

ただ意外と「とりあえず巻いている」だけの人が多いと思います。

まずコルセットを付ける目的ですが、

・外部からの固定による腰部への負担の軽減

これが一番の目的です。

なので負担がしっかり減る形で巻いてあげないと効果を発揮してくれません。

★巻き方

1.まずコルセットの中心に骨盤の骨が来るように巻きます。

2.へその少し下ぐらいでマジックテープを合わせて止めます。

3.サイドベルトが付いている場合は強く前方に引っ張りながらへそ近くで止めます。

文字だけでは分かりにくいですよね・・・

下記の動画で分かりやすく説明しています!

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
■Twitterこちら
□エキテンはこちら
■Facebookはこちら
□整体ブログはこちら
■採用ブログはこちら
□YouTubeはこちらから

ヘルニアについて➁ 富山市接骨院

前回に引き続きヘルニアについて。

前回の投稿ではヘルニアがどんなものか?どんな症状が出るか?痛みの原因はどこにあるか?

についてお話しさせて頂きました。

ではゆめたかではどのようにアプローチしていくか

「筋肉の柔らかくする」

ここを一番目標にして治療していきます。

痛みの原因は「筋肉の硬さ」です。

なのでここをどれだけ取っていけるかが重要になってきます。

そしてそれを実現するために一番近道になるのは

・身体の歪みを整えてあげることです。

 

なぜ歪むかというと日常生活での癖や動き方などいろいろありますが

一番の原因は

・痛みがあればかばってしまう

 

これによるものがほとんどです。

当院では「骨盤矯正」をすることで

この身体の歪みを徹底的に良いクセに変えていきます。

身体の悪い歪みの癖が変わってくるとともに、筋肉も少しずつ柔らかくなってきます。

柔らかくなる事で神経に対しての刺激が減ってくるので

しびれの症状も徐々に減ってきます。

骨盤矯正をし、身体の歪みが整ってくると

本来持っている治癒力を引き出すことが出来るので

痛みが治りやすい身体が出来てきます。

ただ、神経ブロックや痛み止めと違い

身体が持っている治癒力を引き出す治療になるので

1回では完全に取り切ることはできません。そして即効性もありません。

その方の症状の出方にもよりますが、

4~6回の治療が目安としては必要になってきます。

以上がゆめたかでのヘルニアに対してのアプローチの仕方になってきます。

余談ではありますが、

ヘルニアに似たような症状を出す疾患として

「脊柱管狭窄症」

があります。この狭窄症とヘルニアの違いは何かというと

神経に触っている部分の違いと好発年齢の違いがあります。

脊柱管狭窄症は神経が通っている脊柱の中に異常があり、

ヘルニアは神経が脊柱から出た後の末梢神経系に異常が出てくる疾患です。

ヘルニアは20代から40代の青年期に比較的多くみられ

狭窄症は高齢者に多くみられます。

どちらの疾患もゆめたかで症状を減らすために治療はしていけますが、

狭窄症の方がやや症状が軽減するまでに時間がかかります。

どちらにしても「痛み」ではなく「シビレ」の治療は

時間がかかるものだという認識でいて頂きたいと思います。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
■Twitterこちら
□エキテンはこちら
■Facebookはこちら
□整体ブログはこちら
■採用ブログはこちら
□YouTubeはこちらから

腰痛の85%は原因不明⁉ 富山市接骨院

みなさんこんにちわ!ゆめたか富山院です。

みなさんの中にも腰痛を経験した事のある人は多いと思います。

国民調査の自覚症状としても腰痛と肩こりが1位と2位を占めます。

腰痛の原因は日常生活にあり、姿勢や運動作業での使い過ぎ、

もしくは寝たきりの使わなさすぎとなります。

腰痛の発生時間は、朝10時から12時に多いことからも

寝ている間に原因があると推測されます。

寝ている間に体を動かさないと同じ姿勢の強要となり、

筋肉は硬くなり腰痛が発生してしまいます。

このように腰に負担をかけていることが多い日常生活の中で、

除雪や重い荷物を持つ瞬間、運動などで激しくアタックをした瞬間に

ぎっくり腰を起こすのです。

ぎっくり腰は筋肉の硬さが背骨から8センチ横に硬くなると起きやすくなるという

データがあります。

よって、日頃から筋肉を柔らかく保つことが予防の1つとなるのです。

しかし、腰痛の原因は?と問診すると

「わからない」と

答える方が多いのです。これは肉体労働や加齢、肥満・喫煙・運動不足・疲労・

ストレスなどの要素が

腰への負担となっているのにもかかわらず、

そこに気付かないことの証明でもあります。

このことが原因不明説となり状況によっては、

診療内科や精神科への受診の引き金になっているのです。

痛みの原因は神経です。神経は硬い筋肉の影響で硬くなることはわかっている事実です。

ですから、原因不明と悩む前に

まずは筋肉を柔らかくする方法として、

骨盤矯正やマッサージといった方法も良いのではないでしょうか?

※上記の内容は来月配布予定のゆめたか誌の内容です!

 皆様に是非知っておいてほしい内容だったのでブログでも書かせていただきました。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
■Twitterこちら
□エキテンはこちら
■Facebookはこちら
□整体ブログはこちら
■採用ブログはこちら
□YouTubeはこちらから

痛みの原因は筋肉!! 富山市接骨院

みなさんこんにちわ!ゆめたか富山院です。

除雪で疲労が溜まっている方も多いのではないでしょうか?

今日は「痛みの原因」についてお話しさせていただきます。

細かく分けると色々原因はあるのですが、

大きく分けると下記の2つの原因に分けられます。

1.筋肉が炎症を起こしている

2.筋肉が硬くなっている

今回は2番の原因についてお話しします。

☆筋肉が硬くなる原因☆

これは疲労の蓄積によるものがほとんどです。

疲労物質である【乳酸】や【カルシウム】【ブラジキニン】等が

筋線維に残ると筋肉は硬くなってしまいます。

☆痛みのメカニズム☆

痛みは神経で感じるのですが、神経全体で感じるのではなく

【神経終末】と言われる神経の尖端部分で感じます。

筋肉が硬くなることでその神経終末を圧迫してしまうため痛みが発生します。

☆歪みとの関係☆

筋肉が硬くなってしまうと体を支える支持力が低下してしまうために

歪んでしまいます。

また痛みがあればかばって動作してしまうために歪んでしまいます。

☆治療☆

なので筋肉の硬さからくる痛みは単純に温めたり、湿布を貼ったり

マッサージをするだけでは取り切れません!

まずは体の歪みを正しい状態に変えることが先決です。

ゆめたか接骨院ではまず患者様の痛みの原因を見極め

歪みの状態を把握するところから治療を始めます。

なかなか自分自身で良い姿勢を気をつけることは大変です。

不安があれば是非お越しください!
◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
076−255−0398

ゆめたか接骨院情報満載!!
■Twitterこちら
□エキテンはこちら
■Facebookはこちら
□整体ブログはこちら
■採用ブログはこちら
□YouTubeはこちらから