在宅勤務!筋肉のコリは大丈夫?

こんにちは!環水院ヤマダです。

コロナによる緊急事態宣言がやっと解除されましたね!
しかし、完全になくなったわけではないので気は抜けない状況です。

患者様のお話を聞いているとテレワークや在宅勤務になっている方も多いようです。そんな中、気を付けてほしいのは首や肩、腰の筋肉の緊張です。家の椅子や床で座っている方、座椅子の方など様々な姿勢でパソコンなどの業務をおこなっていることでしょう。いつもと違う業務環境に筋肉は余計に固まってきてしまいます。筋肉が固まってしまうことでどのようになってしまうのかを今回、紹介していきます。

まず、慣れない環境下で行うパソコンなどは首や肩を固めやすく職場とは違う椅子ともなると姿勢が悪くなり猫背になる方も多いみたいです。首や肩、背中が固まってくるともちろん肩こりや首コリなどが出てきます。肩こりや首コリの多くの方は怠さや重たさを感じやすく、偏頭痛になる方も多いです。また筋肉の緊張から寝違えを起こしてしまうことも多いです。症状として首の痛みはもちろん背中にも痛みや違和感が出てきてしまうこともあります。

腰が固まる要因として長時間座っていることや悪い姿勢で座っているなどで筋肉は固まりやすくなります。腰が固まる原因は腰だけにあるわけではありません。お尻や背中、脚の筋肉などが影響して痛みを出すこともあります。
「座っているだけなのになぜ脚が硬くなるの?」と思われる方も多いと思います。筋肉が固まる原因とはスポーツ選手などに多い、筋肉の使い過ぎ【over use】とStay homeなどで筋肉の使わなさすぎ【Underuse】など様々なものがありますが在宅勤務の場合、【Underuse】の方で筋肉は固まりやすくなることでしょう。腰の筋肉が固まってしまうと在宅勤務が終わり会社に出勤しないといけない時が危ないです。使っていなかった筋肉を急に使うのでギックリ腰や足の肉離れの危険性が出てきてしまいます。そうならないためにも普段からの運動や家でのストレッチ、接骨院の施術で筋肉を柔らかくすることが効果的です。

ストレッチなど、どんなことをすればいいのかがわからない方は【ゆめたか接骨院環水院】でYOU TUBEチャンネルを開設しています。
一度いらして今のご自身の身体の状態をチェックするのもいいかもしれません。スタッフ一同お待ちしております。
環水院ヤマダでした。

新型コロナウイルス対策

富山県でも新型コロナウイルスの感染が広がっています。
我々は患者様と近い距離で施術をしますので、対策をしっかり立てて営業しております。

◎スタッフには必ずマスクを着用させています。
◎一人施術するごとに手指の消毒を行なっております。
◎院内の換気は1時間ごとに行なっております。
◎加湿器は常に稼働させています
◎施術後のベットやマクラは殺菌水にて消毒しています。

上記の消毒の際には「ジェスパ」という殺菌水を使用しています。

この「ジェスパ」の良いところは次の点になります。
・水に濡れていても高い除菌効果がある
弱酸性のため手荒れの心配が少ない

他の製剤との比較

また新型コロナウイルス感染拡大の防止のためにもご来店いただくお客様にもご協力お願い致します。
以下の症状があるお客様は施術をお断りさせていただく場合がございます。

・37.5℃以上の熱がある方
・強い倦怠感、息苦しさがある方
・その他感染の可能性の症状がある方
・同居の家族や身近な知人に感染が疑われる方

 

安心・安全に通っていただくために出来る限りの対策を立て取り組んで参りますのでよろしくお願い致します。

ゆめたか接骨院環水院 院長 藤永

 

 

 

コロナ対策してますか?

こんにちは。環水院ヤマダです。
最近、新型コロナというワードが飛び交って怖いですね!
約15年くらい前に“SARS”って感染症ありましたよね?あれもコロナウイルスの一種だそうですよ!

突然ですが“ウイルス”と“菌”の違いって分かりますか?
菌は食中毒などを引き起こす黄色ブドウ球菌やカビ(真菌)などのことを言いますが繁殖する場所って雑巾やまな板などの【もの】で繁殖を起こします。菌が繁殖したものを触った手でご飯を食べたり、料理することで身体の中に入り食中毒を引き起こします。
ウイルスは牡蠣などに多いノロウイルスや人間、鳥、豚にも感染するインフルエンザウイルスなど様々なものがあります。
ウイルスは菌のように自己繁殖はできず人などの生物内でしか繁殖することができません。
どのように人から人へと感染してしまうかというと咳やくしゃみによる飛沫感染や接触感染、空気感染、食べ物による経口感染など多々あります。今回の新型コロナウイルスは飛沫感染や接触感染が感染する主な経路と考えられ厚生労働省の調べでは空気感染の危険は無いようです。

症状としては風邪のような症状や息苦しい感じや肺炎など呼吸器障害や強いだるさ【倦怠感】などがみられます。
皆さんは毎日、検温はされていますか?37,5°以上の発熱がある場合、あまり外出は避けるようにしてください。また37,5°が4日以上、続く場合や高齢者や基礎疾患等がある方、妊婦の方は2日続く場合は病院で検査を受けたほうがいいですね!

人が密に集まる空間や換気の悪い場所にいくのは避けましょう。移動手段としては電車などの密閉密着するような公共交通機関はできるだけ利用しないようにしましょう。また、手洗いやうがいを徹底しましょう。

人間は体温が一度下がると免疫力は30%低下するそうです。逆に1度上がると一時的ではありますが5~6倍まで跳ね上がるそうです!骨盤矯正で歪みをとることで筋肉の固まりが減り血流が良くなります。血流が良くなることで体温は上昇してきます。
身体の歪みなど興味がございましたら是非ゆめたか接骨院へ!
スタッフ一同お待ちしております。

環水院ヤマダでした。

事故の痛みは後から痛くなる!

環水院ヤマダです。
最近、通勤時に事故の現場をよく見かけます。
国道8号線で開けた道ですが国の調べでは8号線のように速度の出しやすい道路は3番目くらいに事故の発生率は高いそうです。
原因としてはわき見運転などが多く、また一番事故の多い場所は交差点になります。特に信号の少ないところが多いそうです。
出会いがしらの衝突事故や後方からの追突事故、右直事故が起こりやすく原因としてドライバー間の“黄色信号”に対する意識の違いが事故に繋がっていると考えられます。

 

本来、“黄色信号”の意味は【とまれ】です。横断歩道の信号機が点滅したときに『やばい!もうすぐ赤だ!』と思いスピードを上げていませんか?それが事故の元です。近年、交通事故は減少傾向にあります。見通しの良い場所でのわき見運転の追突事故などはドライバーの集中力や注意して運転してもらえれば回避しやすいです。
また事故が多い時期は12月~3月くらいです。12月や1月は気温が寒く路面の凍結によるスリップ。また2月、3月は初心者ドライバーや帰省により不慣れなドライバーが増加します。時間帯も事故を起こしやすい時間帯はあります。基本的には日が落ちて薄暗くなってきたときに対物や人身事故が増えるそうです。なので季節によって時間帯は変わってきます。

症状として首や肩の痛み、手足のシビレやふるえ、頭痛、吐き気、ふらつき、集中力の低下、倦怠感、視力の低下などがあります。しかし事故直後は興奮状態で痛みは感じにくいです。時間経過とともに痛みが強くなったり痛みがなかったところに痛みが出ることもあります。軽度な症状でも90%の方がむち打ち症状に悩まされる調査もあったそうです。事故に遭われて強い痛みの場合、骨折や脱臼の恐れもあるので痛みが強い場合はもちろん軽度な症状でも必ず病院や接骨院に受診してください!
ゆめたか接骨院でも事故の施術、相談だけでも可能ですのでお気軽にご連絡ください。

環水院 柔道整復師ヤマダでした。

ちゃんとストレッチしてますか?

環水院ヤマダです!
12月に引き続き、2月2日に行われる富山グラウジーズ対レバンガ北海道の試合をゆめたか接骨院主催で“冠ゲーム”を行います。
久々の土日のホーム戦なのでたくさんの方々が観戦しに来てもらえると予想しています。今回もゆめたか接骨院はチャリティーイベントとしてワンコインの骨盤矯正体験会を実施します。義援金先はゆめたか接骨院の総院長“高橋幸治”の出身地である長野県の昨年あった台風19号の被災地に送られます。

前回はハーフタイムで柔道の“形”を披露させていただきました。僕は緊張してほとんど記憶がありません。今回もハーフタイムでゆめたか接骨院スタッフがお邪魔させていただきます。今回はストレッチです。運動前や後に必要になってくるストレッチ。ストレッチを必ずしている人はいると思います。では、正しいストレッチを行えていますか?

なかなか正しいストレッチと言われると自信をもって「やってる!」という人は少ないと思います。またストレッチの効果ってケガ予防だけだと思っていませんか?

運動前のストレッチは筋肉をゆるめ関節の可動域を上げていく事でケガの予防とパフォーマンス向上の目的で行います。運動後のストレッチは動かした後の筋肉は疲れで硬くなってしまいます。硬くなってしまった筋肉は血管を圧迫し老廃物を蓄積してしまいます。硬くなってしまった筋肉をストレッチで柔らかくすることで血液の循環促進で疲労物質を体外に出してくれて回復力を向上してくれます。また日常の間でストレッチを行えばストレス解消効果もあるそうです。

首のストレッチ

2月2日の冠ゲームのハーフタイムでもストレッチを紹介します。身体が良い状態で富山グラウジーズを応援しましょう!
環水院ヤマダでした。

そのやり方あってますか?マッサージのあとについて

みなさま新年あけましておめでとうございます!
環水院ヤマダです。

お正月で日々の疲れをどのようにとっていますか?
疲れを取るためにいつもより多めに睡眠を取る方や温泉にいく方、また身体のコリを家族の方に揉んでもらったりお子さんに踏んでもらっている方もいらっしゃると思います。
そんな中、お子さんや家族の方に身体のコリをほぐすためにマッサージや踏んでもらった方はいらっしゃいませんでしたか?そこで逆に疲れたり、痛みが強くなった人などいらっしゃいませんか?

今回は“揉み返し”と“好転反応”の違いについて紹介していきます。
まず“揉み返し”とは施術者の力加減やツボなど施術位置のミスにより筋肉繊維が傷つくことで痛みやコリの悪化を起こす状態をいいます。“揉み返し”が出てしまった場合の対処として筋肉に傷がついてる状態なので炎症などを起こす場合もありアイシングをオススメしてます。

次に“好転反応”について説明していきます。“好転反応”とは揉み返しと似たようなニュアンスで用いられることもありますが意味合いは全く違ってきます。“好転反応”とは治療後に身体がダルくなることや全身が熱くなり火照るような感覚、眠気が出ることがある状態の事をいいます。原因として身体の歪みが正しい位置に戻った反動や良くなってきている兆候でみられることが多いです。好転反応が出た後の対処として水分ではなく“水”を摂取して身体を温め休ませてあげることが良いです。

我々ゆめたか接骨院スタッフも患者様により良い施術をできるように保険を使う施術を撤廃し1月から整体コースをメインで実施しています。さらに患者様の満足に繋がるようにスタッフ一同、精進してまいります。
今年も宜しくお願いします!


環水院ヤマダでした。

ぎっくり腰にはご注意!

環水院ヤマダです。

だいぶ寒くなってきましたね!
そろそろ雪も降ってきそうです。タイヤ交換は済みましたか?
寒い中、普段運動していないのに1本当たり15~20kgをいきなり抱えてしまうと
ぎっくり腰になる可能性があります。
ぎっくり腰の発生原因として寒い環境下でしゃがむ姿勢や中腰の姿勢がどうしても長時間続いてしまいます。そこに重たいものやしゃがみ姿勢からの急な立ち上がりなどで筋肉の収縮が間に合わず断裂してしまうことでぎっくり腰になってしまいます。
ぎっくり腰になってしまうと状態として腰の周りにある筋肉が“肉離れ”を起こしてしまっている状態なので損傷している筋肉周辺は炎症が起きています。ギックリ腰になり炎症が強く患部に熱感が診られた場合、まず冷やしてください。冷やすことにより筋肉内の血流を少し緩やかにして筋肉の炎症の広がりを防いでくれます。

逆にやってはいけないことは温めてしまうことです。いつもと同じ腰痛と勘違いをしてしまって温めてしまうと大変なことになってしまいます。肉離れで筋肉内には出血がある状態です。温めることにより血流は早くなってしまい出血している筋肉の部分は血腫により余計に腫れてしまい筋肉内にある神経を刺激してしまい症状を悪化させてしまいます。

ぎっくり腰から生活できるまでの機能が戻ってくるためにまずは“安静”が一番大事になってきます。ぎっくり腰になった当日から2~3日は安静が必要になってきます。ぎっくり腰から3日目までが痛みとして辛い時期でしょう。その間、安静にせず動いてしまうと痛みがひくまでに時間が掛かってしまいます。ぎっくり腰になり始めの方やどうしても動かないといけない理由があった場合には一度接骨院に相談してみるのも策かもしれませんね。
スタッフ一同お待ちしております。

環水院ヤマダでした。

多忙を言い訳に陥る危機!

環水院ヤマダです。
月末に近づき、納期など仕事が忙しくなる時期になってきましたね。忙しいということを言い訳に身体のケアなどを疎かにしていませんか?デスクワークの多い現代社会どうしてもパソコンによる作業が多くなってきます。パソコンの作業が多くなるとどうしても姿勢は悪くなってしまいます。画面の見過ぎによって首が前に出てきてキーボードを打つ際どうしても肩は内側に入ってしまいます。その結果、背中まで丸くなってしまい悪い姿勢に知らず知らずなってしまいます。しかも納期など仕事に追われている毎日、3時間ぶっ通しで当然のようにパソコン作業もあると思います。

本来、人間の身体は1時間半~2時間同じ姿勢でいると筋肉は固まってしまうと言われています。それを仕事で毎日していますよね?これが「普通」と思い、気づかないくらいの筋肉の固まりができていませんか。また季節的にも寒くなってきて筋肉も固まりやすいです。そんな毎日が続くと肩こりや目の疲れはもちろんの事、首、背中、腰の痛みまた偏頭痛になることも多いです。そうならないためにも日々のケアが必要となってきます。

筋肉が凝りによって固まってしまっている場合、温めておいたほうが良いでしょう。また寒いと水分など摂取する量が減ってはいませんか?水分量が減ってしまうと筋肉に含まれる水分も少なってしまいます。まるでビーフジャーキーのように筋肉はボロボロで怪我を起こしやすくなります。なので筋肉を硬くしないためにもコーヒーや緑茶などカフェインの多いものは避けて水などを摂取することをオススメします。
それでも首や肩の痛みに変化がみられない場合、それは骨盤の歪みからくるものではありませんか?
ゆめたか接骨院では骨盤矯正をおこなっています。今、痛みのある方や歪みが気になる方は一度ゆめたか接骨院で施術を受けてみませんか?

スタッフ一同お待ちしております。

環水院 ヤマダでした!

「大丈夫かも」のうらに潜む危険!

環水院ヤマダです。
11月に入りだいぶ寒くなってきましたね。
最近ではラクビーや全日本大学駅伝などがありました。
以前テレビをみていたときに日本のラクビー選手でタックルはどのくらいの衝撃があるのかという検証をやっていました。その時の選手が放ったタックルの衝撃は約500kgの衝撃でした。あまりピンとは来ないと思いますが軽自動車に轢かれるレベルの衝撃です。それを試合の中で何度も行いタックルも何度も受けています。80分の中で何度も交通事故に遭っているようなものです!
ラクビーで多い怪我は打撲や擦り傷はもちろん、筋肉や靭帯損傷がみられます。また先ほどお伝えしたように何度も交通事故に遭うようなものですから首や腰の負担は相当なものになり、むちうちや頸椎損傷、脳震盪が起こりえます。

スポーツ競技者であれば「脳震盪などよくあることでは?」考えてる方も多いのはないでしょうか?確かに首や頭部に衝撃を受けて脳震盪は起こりますがよく起きてしまうとその競技者が心配になります。脳震盪を起こしてからスポーツ復帰して再度、脳震盪を起こしてしまうとセカンドインパクト症候群を発症してしまい致死的な状態に陥ったり後遺症が残ってしまう事もあります。症状として意識や記憶の喪失、めまいやふらつき、頭痛があります。また男女でいうと女性の方が強く症状は出やすいです。脳震盪の疑われる所見として意識消失、ぼんやりする、ふらつく、反応が遅い、感情の変化(興奮状態、怒りやすい、神経質、不安)等の症状が出てきます。競技復帰もすぐに再開するのではなく段階的に負荷を上げていく競技復帰方法が良いでしょう!

また専門医による診察を受けることもオススメします。
もし脳震盪に似た症状でX線やMRIでも原因が分からない場合もしかしたら骨盤の歪みや筋肉の緊張が原因かも!
ゆめたか接骨院では歪んだ骨盤を整える骨盤矯正のコースやスポーツ選手にオススメしているスポーツ整体コースなど様々なものがあります。身体の痛みやバランスの違和感などお悩みの方は一度骨盤の歪みなど確かめてみませんか?

スタッフ一同お待ちしております。
環水院 ヤマダでした。

大きな目標/舞台のために  ~  スポーツ整体

環水院のヤマダです。
新人戦なども落ち着き、学生の皆さんは来年の大きな舞台を目標としてチカラを蓄える時期に入ってきました!練習もハードになってくると思います。また冬休みに入ってくると強化練習や練習試合など合宿が増えてきますよね。
練習はすれば弱くなることとはありません!努力には必ず結果が生じます。
しかし、怪我をしてしまえばそれを治すのに時間を奪われてしまいます。

ゆめたか接骨院ではスポーツ整体コースというものがあります。怪我をした場合、骨盤矯正で歪みを整えるのはもちろんことグラウジーズのジョシュア・スミス選手も使っているハイボルテージという機械を使うことで痛みの限界を上げ、パフォーマンス能力を向上させます。ですが完全に治ったわけではありません。そこから施術やストレッチで筋肉を緩めることで歪んで引っ張られていた筋肉を元の筋肉の柔らかさまで戻し正しく機能改善、筋肉の修復をおこなっていきます。

歪みや筋肉に硬さがあると怪我もしやすいし身体の左右のバランスが崩れ、右だけ疲れるや左だけ疲れるなど左右で疲労の度合いが変わり間違った身体の使い方、間違ったフォームになってしまうこともあります。間違った身体の使い方やフォームを続ける事で多くは怪我に繋がってしまいます。意識的に変えようとしても根本である身体そのものが歪んでしまっては正しい身体使い方、フォームに戻せるものも戻せません!
怪我が起きる前からの事前の準備が必要だとは思いませんか?学生時代はよくても大人になってからの方が自分の身体と向き合うのは長いです。今からのメンテナンスなど気になる方は一度、ゆめたか接骨院に来てみませんか?
スタッフ一同お待ちしております。

環水院 柔道整復師 ヤマダ でした。