そのやり方あってますか?マッサージのあとについて

みなさま新年あけましておめでとうございます!
環水院ヤマダです。

お正月で日々の疲れをどのようにとっていますか?
疲れを取るためにいつもより多めに睡眠を取る方や温泉にいく方、また身体のコリを家族の方に揉んでもらったりお子さんに踏んでもらっている方もいらっしゃると思います。
そんな中、お子さんや家族の方に身体のコリをほぐすためにマッサージや踏んでもらった方はいらっしゃいませんでしたか?そこで逆に疲れたり、痛みが強くなった人などいらっしゃいませんか?

今回は“揉み返し”と“好転反応”の違いについて紹介していきます。
まず“揉み返し”とは施術者の力加減やツボなど施術位置のミスにより筋肉繊維が傷つくことで痛みやコリの悪化を起こす状態をいいます。“揉み返し”が出てしまった場合の対処として筋肉に傷がついてる状態なので炎症などを起こす場合もありアイシングをオススメしてます。

次に“好転反応”について説明していきます。“好転反応”とは揉み返しと似たようなニュアンスで用いられることもありますが意味合いは全く違ってきます。“好転反応”とは治療後に身体がダルくなることや全身が熱くなり火照るような感覚、眠気が出ることがある状態の事をいいます。原因として身体の歪みが正しい位置に戻った反動や良くなってきている兆候でみられることが多いです。好転反応が出た後の対処として水分ではなく“水”を摂取して身体を温め休ませてあげることが良いです。

我々ゆめたか接骨院スタッフも患者様により良い施術をできるように保険を使う施術を撤廃し1月から整体コースをメインで実施しています。さらに患者様の満足に繋がるようにスタッフ一同、精進してまいります。
今年も宜しくお願いします!


環水院ヤマダでした。

ぎっくり腰にはご注意!

環水院ヤマダです。

だいぶ寒くなってきましたね!
そろそろ雪も降ってきそうです。タイヤ交換は済みましたか?
寒い中、普段運動していないのに1本当たり15~20kgをいきなり抱えてしまうと
ぎっくり腰になる可能性があります。
ぎっくり腰の発生原因として寒い環境下でしゃがむ姿勢や中腰の姿勢がどうしても長時間続いてしまいます。そこに重たいものやしゃがみ姿勢からの急な立ち上がりなどで筋肉の収縮が間に合わず断裂してしまうことでぎっくり腰になってしまいます。
ぎっくり腰になってしまうと状態として腰の周りにある筋肉が“肉離れ”を起こしてしまっている状態なので損傷している筋肉周辺は炎症が起きています。ギックリ腰になり炎症が強く患部に熱感が診られた場合、まず冷やしてください。冷やすことにより筋肉内の血流を少し緩やかにして筋肉の炎症の広がりを防いでくれます。

逆にやってはいけないことは温めてしまうことです。いつもと同じ腰痛と勘違いをしてしまって温めてしまうと大変なことになってしまいます。肉離れで筋肉内には出血がある状態です。温めることにより血流は早くなってしまい出血している筋肉の部分は血腫により余計に腫れてしまい筋肉内にある神経を刺激してしまい症状を悪化させてしまいます。

ぎっくり腰から生活できるまでの機能が戻ってくるためにまずは“安静”が一番大事になってきます。ぎっくり腰になった当日から2~3日は安静が必要になってきます。ぎっくり腰から3日目までが痛みとして辛い時期でしょう。その間、安静にせず動いてしまうと痛みがひくまでに時間が掛かってしまいます。ぎっくり腰になり始めの方やどうしても動かないといけない理由があった場合には一度接骨院に相談してみるのも策かもしれませんね。
スタッフ一同お待ちしております。

環水院ヤマダでした。

多忙を言い訳に陥る危機!

環水院ヤマダです。
月末に近づき、納期など仕事が忙しくなる時期になってきましたね。忙しいということを言い訳に身体のケアなどを疎かにしていませんか?デスクワークの多い現代社会どうしてもパソコンによる作業が多くなってきます。パソコンの作業が多くなるとどうしても姿勢は悪くなってしまいます。画面の見過ぎによって首が前に出てきてキーボードを打つ際どうしても肩は内側に入ってしまいます。その結果、背中まで丸くなってしまい悪い姿勢に知らず知らずなってしまいます。しかも納期など仕事に追われている毎日、3時間ぶっ通しで当然のようにパソコン作業もあると思います。

本来、人間の身体は1時間半~2時間同じ姿勢でいると筋肉は固まってしまうと言われています。それを仕事で毎日していますよね?これが「普通」と思い、気づかないくらいの筋肉の固まりができていませんか。また季節的にも寒くなってきて筋肉も固まりやすいです。そんな毎日が続くと肩こりや目の疲れはもちろんの事、首、背中、腰の痛みまた偏頭痛になることも多いです。そうならないためにも日々のケアが必要となってきます。

筋肉が凝りによって固まってしまっている場合、温めておいたほうが良いでしょう。また寒いと水分など摂取する量が減ってはいませんか?水分量が減ってしまうと筋肉に含まれる水分も少なってしまいます。まるでビーフジャーキーのように筋肉はボロボロで怪我を起こしやすくなります。なので筋肉を硬くしないためにもコーヒーや緑茶などカフェインの多いものは避けて水などを摂取することをオススメします。
それでも首や肩の痛みに変化がみられない場合、それは骨盤の歪みからくるものではありませんか?
ゆめたか接骨院では骨盤矯正をおこなっています。今、痛みのある方や歪みが気になる方は一度ゆめたか接骨院で施術を受けてみませんか?

スタッフ一同お待ちしております。

環水院 ヤマダでした!

「大丈夫かも」のうらに潜む危険!

環水院ヤマダです。
11月に入りだいぶ寒くなってきましたね。
最近ではラクビーや全日本大学駅伝などがありました。
以前テレビをみていたときに日本のラクビー選手でタックルはどのくらいの衝撃があるのかという検証をやっていました。その時の選手が放ったタックルの衝撃は約500kgの衝撃でした。あまりピンとは来ないと思いますが軽自動車に轢かれるレベルの衝撃です。それを試合の中で何度も行いタックルも何度も受けています。80分の中で何度も交通事故に遭っているようなものです!
ラクビーで多い怪我は打撲や擦り傷はもちろん、筋肉や靭帯損傷がみられます。また先ほどお伝えしたように何度も交通事故に遭うようなものですから首や腰の負担は相当なものになり、むちうちや頸椎損傷、脳震盪が起こりえます。

スポーツ競技者であれば「脳震盪などよくあることでは?」考えてる方も多いのはないでしょうか?確かに首や頭部に衝撃を受けて脳震盪は起こりますがよく起きてしまうとその競技者が心配になります。脳震盪を起こしてからスポーツ復帰して再度、脳震盪を起こしてしまうとセカンドインパクト症候群を発症してしまい致死的な状態に陥ったり後遺症が残ってしまう事もあります。症状として意識や記憶の喪失、めまいやふらつき、頭痛があります。また男女でいうと女性の方が強く症状は出やすいです。脳震盪の疑われる所見として意識消失、ぼんやりする、ふらつく、反応が遅い、感情の変化(興奮状態、怒りやすい、神経質、不安)等の症状が出てきます。競技復帰もすぐに再開するのではなく段階的に負荷を上げていく競技復帰方法が良いでしょう!

また専門医による診察を受けることもオススメします。
もし脳震盪に似た症状でX線やMRIでも原因が分からない場合もしかしたら骨盤の歪みや筋肉の緊張が原因かも!
ゆめたか接骨院では歪んだ骨盤を整える骨盤矯正のコースやスポーツ選手にオススメしているスポーツ整体コースなど様々なものがあります。身体の痛みやバランスの違和感などお悩みの方は一度骨盤の歪みなど確かめてみませんか?

スタッフ一同お待ちしております。
環水院 ヤマダでした。

大きな目標/舞台のために  ~  スポーツ整体

環水院のヤマダです。
新人戦なども落ち着き、学生の皆さんは来年の大きな舞台を目標としてチカラを蓄える時期に入ってきました!練習もハードになってくると思います。また冬休みに入ってくると強化練習や練習試合など合宿が増えてきますよね。
練習はすれば弱くなることとはありません!努力には必ず結果が生じます。
しかし、怪我をしてしまえばそれを治すのに時間を奪われてしまいます。

ゆめたか接骨院ではスポーツ整体コースというものがあります。怪我をした場合、骨盤矯正で歪みを整えるのはもちろんことグラウジーズのジョシュア・スミス選手も使っているハイボルテージという機械を使うことで痛みの限界を上げ、パフォーマンス能力を向上させます。ですが完全に治ったわけではありません。そこから施術やストレッチで筋肉を緩めることで歪んで引っ張られていた筋肉を元の筋肉の柔らかさまで戻し正しく機能改善、筋肉の修復をおこなっていきます。

歪みや筋肉に硬さがあると怪我もしやすいし身体の左右のバランスが崩れ、右だけ疲れるや左だけ疲れるなど左右で疲労の度合いが変わり間違った身体の使い方、間違ったフォームになってしまうこともあります。間違った身体の使い方やフォームを続ける事で多くは怪我に繋がってしまいます。意識的に変えようとしても根本である身体そのものが歪んでしまっては正しい身体使い方、フォームに戻せるものも戻せません!
怪我が起きる前からの事前の準備が必要だとは思いませんか?学生時代はよくても大人になってからの方が自分の身体と向き合うのは長いです。今からのメンテナンスなど気になる方は一度、ゆめたか接骨院に来てみませんか?
スタッフ一同お待ちしております。

環水院 柔道整復師 ヤマダ でした。

富山マラソン直前・ケア

環水院のヤマダです。
最近、なにかとスポーツがアツいですね!
ラクビーでは日本代表が連勝を続け、10月13日にもスコットランド戦がありました。
平均的に身長も体重も上の相手に見事、勝つことができ予選首位通過を決めて史上初の8強入りで決勝も楽しみですね!
またバレーボールでは10月10日に強豪ロシアにも快勝していました。
なにかとスポーツで盛り上がっている日本、各競技が来年のオリンピックに向けて活躍する事にみんなで期待しましょう!

また今月末は富山マラソンもあります。高岡からスタートして新湊大橋をわたり環水公園にゴールする42,195㎞のフルマラソン残り約2週間程、そろそろ追い込み時期からメンテナンスの時期ではないでしょうか?
そろそろ追い込みの時期の疲れを取って万全な状態で挑みましょう!

身体に歪みや怪我、痛みがある場合、左右で身体の負荷は違います。歪みのせいで筋肉が張りやすく、疲れやすくなってしまいます。そんな状態では走りきることや走ってもあとから強い痛みに陥ってしまいます。そうならないためにもマラソン前のケア、マラソン後のケアが必須になってきます。目的としては大きな怪我に繋がらないためにマラソン前はしっかり筋肉をほぐし怪我防止に気を付けます。マラソン後は筋肉の緊張により足だけではなくそこから腰や背中、首などの痛みもくる可能性はありケアが必要となります。ゆめたか接骨院では歪みを整える骨盤矯正やスポーツをされている方にオススメしているスポーツ整体コースがあります。
またゆめたか接骨院はYouTubeにてストレッチ動画などを上げています。気になった方はご覧ください!

もう富山マラソン直前です!是非一度歪みなど気になるところを良くしませんか?スタッフ一同お待ちしております。
環水院 ヤマダでした。

新人戦!新体制!その前にご準備を!

環水院のヤマダです。

暑い日が続いていましたがやっと涼しくなってきましたね!
季節はもう秋です。
食欲の秋や読書の秋など様々なものがありますがやはりスポーツの秋ですね!
夏よりも涼しくなり運動がしやすい季節で運動を行う人が増えるでしょう。

また秋は学生の方々は新人戦が行われる時期です。

その前に身体の歪みや身体の違和感、身体の痛みを整えませんか?

歪みがあると筋肉の柔軟性などが左右で変わってきます。左右で筋肉の柔軟性などに違いが出ると動きに違和感が出たり左右で負荷の加わり方も変わってきてしまいます。負荷のかかり方が左右で違うと筋肉を痛めやすく怪我に繋がってしまいます。そのためにも運動前や運動後のストレッチが必要になってきます。

疲れてストレッチをせずに休んでいませんか?最後だけストレッチをやればいいと考えていませんか?まず運動前と運動後ではストレッチの意味が変わってきます。運動前は怪我の防止のために筋肉の柔軟性を持たせ急な筋肉の収縮にも対応できる筋肉に引き延ばす必要があります。また運動後は使って筋肉には乳酸など疲労物質がたまってしまいます。運動後そのまま休んでしまうとどうしても朝起きてもスッキリ起きれないこともあります。

運動後は筋肉も張って硬くなっている状態では身体の外に疲労物質を出すことができません。そのためにも身体の外に疲労物質を出しやすくするために運動後のストレッチが必要となってきます。
しかし、これでも怪我や身体の違和感が出てくることもあります。
その場合、身体の土台である骨盤が歪んでいるかもしれません!どんなに筋肉を柔らかくしても元の骨盤が歪んでいると骨盤についている筋肉から引っ張られて硬さや痛み、違和感として出てきてしまいます。

その結果、良いパフォーマンスを発揮しにくくなってしまいます。
そうならないためにも練習も大事ですが事前の骨盤矯正です。
一度、ゆめたか接骨院で自分の今の状態など歪みをみてみませんか?
スタッフ一同お待ちしております。
環水院ヤマダでした。

無事終了~ゆめたかカターレ冠ゲーム

環水院ヤマダです。
先週の土曜日、8月31日にゆめたか接骨院スペシャルマッチ冠試合でカターレ対SC相模原戦が行われました!
ゆめたか接骨院は今年も冠試合の会場である富山県総合運動公園で骨盤矯正体験会を行いました。去年は猛暑で西日がかなり暑く汗だくでしたが今年は風が強くあまり暑いという感じでした。しかし強いせいでポスターが飛んでいくというハプニングもありました。

 

試合の結果としては前半戦にSC相模原に先制ゴールを決められてしまいますが後半戦が始まってすぐにカターレが取り返します。後半戦ロスタイムにカターレは1点を更に入れたことで勝利を収めることができました。観客の皆様も5000人強とたくさんの方に来ていただけて大変嬉しかったです。
また骨盤矯正体験会も138人というたくさんの方に体験していただけました。痛みが軽くなり笑顔の方や歪んだ骨盤を矯正して真っすぐになったことを体感して驚かれる方などもいらっしゃいました。
今回の骨盤体験会に参加して個人的には『~が痛い』や『~が気になる』など体験される方の声をたくさん聞けて良かったです。そこからより一層の精進をして多くの患者様のお助けが出来るようにしていきたいと考えています。

生活の中で腰の痛みや肩の痛み等の身体の痛みや写真を取る時やまっすぐ立っているつもりが実際、見てみると肩が斜めになってみえたりと身体の歪みが気になる方、もしかしたら骨盤の歪みから来ているものかもしれません!

一度、ゆめたか接骨院で身体の歪みなど検査、確認をしてみませんか?
スタッフ一同、お待ちしております。

柔道整復師ヤマダでした!

からだの歪みによる影響

環水院ヤマダです。

今回は歪みによって身体にどういう変化が起きるかご紹介していきます。
私たち、ゆめたか接骨院は骨盤矯正を行っています。ですので今回は骨盤の歪みによってどのように生活やスポーツで弊害を起こしていくかを簡単に説明していきます。
まず骨盤とは大腿骨(太ももの骨)と脊柱(背骨)の間で体を支える土台です。そこにはたくさんの筋肉が付きます。しかし骨盤が歪んでしまうことで骨盤に付く筋肉が引っ張られてしまい筋肉は硬くなってしまいます。硬くなる筋肉は痛みを生じてしまいます。硬い筋肉の状態が続いてしまうと急な腰の痛みや朝起きて首が痛くて全く動かないということにも陥ってしまいます。また歪みにより肩こりや首のハリが出てくることが多々あります。そこから偏頭痛やめまい、立ちくらみ、耳鳴りなども起きてきます。

またスポーツをする中で起こってしまいやすいのがケガですよね。骨盤の歪みによって筋肉の硬さは変わってしまい関節の動きまでもが可動域や体の使い方が変わってきます。左右でバランスの悪い動きをしているとフォームは崩れやすくなり体の使い方がうまくいかずケガに繋がってしまうこともあります。私自身、続けて柔道も今年で20年目になります。その20年で出会った人たちの中には間違ったフォームでの技をかけ続けた結果、ケガをして来た人を多々目にしてきました。また私自身も無理なフォームを続け厳しい練習の毎日だったので腰の痛みにはとても悩まされました。きっと当時の骨盤はすごく歪んでいたことでしょう…

そんな生活の中で痛みと一緒に生活されている方、夏が終わりこれから新チームとして始動していくスポーツを行う学生の皆さん一度、接骨院で身体の歪みなどを確認してみてはいかがですか?

また8月31日には『ゆめたか接骨院スペシャルマッチ』で富山県総合運動競技場にてカターレの試合を行います。その会場の中で骨盤体験会のブースも設置しますので興味のある方は是非いらして下さい!
スタッフ一同お待ちしております。

ゆめたか接骨院環水院・柔道整復師ヤマダでした。

むち打ちについて  ~  頚部編

環水院ヤマダです。

今回は交通事故による首のむち打ちについて説明していきたいと思います。
まず、むち打ちとは自動車の衝突や追突などの交通事故や急停車などにより首がムチのようにしなってしまい首などを痛めてしまう一般的な総称をむち打ちといいます。
また車に乗っている時だけではなく今日、北陸勢の石川県星稜高校が決勝がある野球やラクビーのような接触のあるスポーツでも起こりうる場合があります。

むち打ちはすぐに症状が出ない事が多いです。事故などの衝撃によって誰でもパニックになってしまいますよね。それによって脳から興奮ホルモンが分泌され痛みを感じにくくなってしまいます。なので事故当日よりの次の日や1週間過ぎてから痛みが出るという場合もあります。症状としては患部を動かすと痛みが出たり関節を動かす範囲が狭くなったりします。また腕や肩がダルくなったり痺れを起こすこともありヒドイ場合はは頭痛やめまい、耳鳴りなども起きてしまいます。なのでできるだけ痛みが分かりにくい状態でもかまいません!万が一があります。骨折や脱臼、内臓損傷の恐れもあるので確認の為にもまずは整形外科に行っていただきレントゲンやMRIを撮りましょう。そこから身体の痛みや動きづらさを接骨院や整形外科などで施術やリハビリをやっていきましょう。ゆめたか接骨院は交通事故治療等もありますので一度、来院してみてはいかがでしょうか?
スタッフ一同お待ちしております。