妊娠を妨げてしまう骨盤の歪み

こんにちは🌞ゆめたか接骨院環水院です🌳✨

今回は【妊娠を妨げてしまう骨盤の歪みについて】

お伝えしようと思います。

婦人科の検査を受けても子宮、卵管、卵巣のどこにも問題がないのに赤ちゃんが授からない場合は、骨盤の歪みも影響のひとつかもしれません。


骨盤の歪みからくる要因

◆子宮や卵巣の機能が落ちる

骨盤が歪む事により子宮・卵巣は上にある内臓に圧迫されます。

そうすると、じん帯が引き延ばされてしまい子宮が骨盤の底へ下垂します。

骨盤内の血液やリンパの流れが悪くなり、子宮と卵巣の働きが悪くなってしまいます。

 

◆女性ホルモンの分泌が落ちる

骨盤が歪むと卵巣から分泌される女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。子宮や卵巣は冷えて硬く小さくなり機能が低下します。そうすると様々な生理不順を呼び起こし、妊娠しにくい身体になってしまいます。

 

◆冷えが起こる

骨盤が開きすぎていたり、歪んでいると、血液やリンパの流れが悪くなって下半身が冷えやすくなります。骨盤内の血流が悪くなれば冷えはどんどん広がっていき全身の血液循環が悪くなってしまいます。冷えた子宮の内膜は硬いので、たとえ受精卵が子宮内膜に着床しようとしてもうまく潜り込むことができず着床できなくなり、妊娠の妨げになる可能性があります。

 

◆骨盤の歪みで自律神経が乱れる

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。この2つがうまく切り替わって調節できれば問題ないのですが、この切り替えがうまくいかないと不眠や冷え性、ホルモンバランスが乱れ、妊娠しにくい身体になります。

 


当院では、骨盤の歪みを正しい状態にし、ラジオ波で体の中から温めていきます。

妊娠力を高めて、妊活や不妊治療をされている方のサポートをさせていただいています。

女性の柔道整復師が完全個室の場所で行うためプライバシーも守られます。

不安なことや気になることがありましたら、いつでもご連絡ください。

柔道整復師 谷井

TEL 076-464-6228
LINE https://line.me/R/ti/p/%40pyv4325j
Mail info@yumetaka.jp
Instagram https://instagram.com/yumetaka_ninkatsu?utm_medium=copy_link

〒930-0804 富山県富山市下新町3-5