無事終了~ゆめたかカターレ冠ゲーム

環水院ヤマダです。
先週の土曜日、8月31日にゆめたか接骨院スペシャルマッチ冠試合でカターレ対SC相模原戦が行われました!
ゆめたか接骨院は今年も冠試合の会場である富山県総合運動公園で骨盤矯正体験会を行いました。去年は猛暑で西日がかなり暑く汗だくでしたが今年は風が強くあまり暑いという感じでした。しかし強いせいでポスターが飛んでいくというハプニングもありました。

 

試合の結果としては前半戦にSC相模原に先制ゴールを決められてしまいますが後半戦が始まってすぐにカターレが取り返します。後半戦ロスタイムにカターレは1点を更に入れたことで勝利を収めることができました。観客の皆様も5000人強とたくさんの方に来ていただけて大変嬉しかったです。
また骨盤矯正体験会も138人というたくさんの方に体験していただけました。痛みが軽くなり笑顔の方や歪んだ骨盤を矯正して真っすぐになったことを体感して驚かれる方などもいらっしゃいました。
今回の骨盤体験会に参加して個人的には『~が痛い』や『~が気になる』など体験される方の声をたくさん聞けて良かったです。そこからより一層の精進をして多くの患者様のお助けが出来るようにしていきたいと考えています。

生活の中で腰の痛みや肩の痛み等の身体の痛みや写真を取る時やまっすぐ立っているつもりが実際、見てみると肩が斜めになってみえたりと身体の歪みが気になる方、もしかしたら骨盤の歪みから来ているものかもしれません!

一度、ゆめたか接骨院で身体の歪みなど検査、確認をしてみませんか?
スタッフ一同、お待ちしております。

柔道整復師ヤマダでした!

痛みが来る前に予防の体幹トレーニング

春に近づき学生では春季大会や夏の全国大会と練習に熱が入っていることでしょう。社会人の方は会議や打合せに追われ引継など忙しすぎて座りっぱなしになっていませんか?そんな時に筋肉の張りや筋肉が固まって起きてしまうのが腰の痛みです。
激しい運動後に腰に痛みはきていませんか?椅子から立ち上がった時など痛みは来ませんか?利き手、利き足に負荷をかけすぎてはいませんか?長時間座っていて足の先が冷たくなってしまうことはありませんか?それは腰の筋肉の緊張やそれによって引き起こされてる骨盤の歪みによるものです!今回は腰の痛みを引き起こさないようにしてほしい対策ブログです。

対策としてはオススメしているのが体幹トレーニングです。体幹を鍛えることで身体の軸が真っ直ぐになり腰の痛みはもちろん学生さんはパフォーマンス能力の向上にもなります。ということで今回、体幹トレーニングをいくつか紹介していきたいと思います。

まず一つ目は『ハンドニー』です。

①四つん這いになり両手両膝の4点で身体を支えます。
②手、膝は肩幅の間隔で起き背中は床と平行にお腹の方で四角を作るイメージ

③そこから右手、左膝を伸ばしていきます。
④伸ばした状態で8秒キープ
⑤ゆっくり肘と膝をくっつけてもう一度ゆっくり伸ばしていきます。

 

 

これを左右3回ずつ行います。

次に《エルボーアウトフット》です。
①まず身体を肘から下の前腕と足の外側で支えます。
②この2点で支え三角形を作るイメージ

③この状態で8秒キープを左右で行います。

 

腰の痛みに対する予防の体幹トレーニングはまだまだあります。今回、紹介したトレーニングをしたからと言って絶対に腰の痛みが無くなるわけではありません。腰の痛みの原因は骨盤の歪みや筋肉の疲労など様々あります。今ある腰や肩、首の痛みはどこが原因か知りたくありませんか?スタッフ一同お待ちしております。

もうすぐ春です!例年より気温が高い為、桜も来週あたりから咲き始めます。痛みをなくし楽しい花見をされてはいかがですか?

柔道整復師  〘やまだ〙でした。

冷え性の原因と迫り来る痛み……

 

先週あたりから2週間ほど《異常天候早期警戒情報》というのが発令しました。平年よりも気温が2〜3度上がるということらしいのですがそのおかげで桜の満開時期も早くなるそうです!しかし早く始まるのは桜だけではありません!花粉の時期も2月11日からと少し早めに飛んでるそうです。くしゃみなどの衝撃でギックリ腰になってしまうのでお気をつけてください。

しかし平年よりも気温が2〜3度上がっても寒いものは寒いですよね?寒いと増えてくるのが女性に多い『冷え性』です。冷え性の原因として血行不良や出産などのホルモンバランスの崩れ、筋肉量の不足などがあります。

今回は血行不良と筋肉量の不足における冷え性について説明させていただきます。まず筋肉量の不足でなぜ冷え性が起きてしまうかというと筋肉は腕や脚を動かすだけではなく、心臓のように血液を送り出すポンプのような機能もあります。その機能が筋肉量の不足や筋肉の緊張により血液を送り出す力が弱まり血液が指先やつま先まで行き届かなくなってしまい冷たくなります。筋肉は動かしている時に熱を出しているのですが筋肉量が不足すると熱を生み出しづらくなり体温は低下してしまいます。その結果、体温が低温気味になり血行不良により筋肉まで固まってしまい肩コリや偏頭痛を引き起こします。

 

ツラい肩こりや首の痛み、偏頭痛が起きる前に冷え性対策をしておきましょう!対策といっても手袋や靴下の2枚履きで防寒していても多少、温かくなりますが原因は手のひらやつま先、足の裏にはないのでまた冷え性は出てきます。

対策としては飲酒なども効果的ですが飲み過ぎは大量の汗を出し余計に体温を下げてしまいます。また食事などでも加熱するとジンゲロンという成分を出すショウガや聞いたことがあると思いますがカプサイシンなどの成分があるトウガラシは血行促進や発汗作用があり身体の中から温めてくれます。運動も効果的です!けど激しい運動はしなくてもいいです。ウォーキングなどはいつもより歩幅を大きく30分毎日歩くだけでふくらはぎの筋肉《下腿三頭筋》が鍛えられ足先へ血液を送り出す力が改善されます。この時期お風呂もいいですね!今の時期ですと40〜42℃で10〜15分を目安として入るのがいいでしょう。しかしそれ以上入ると筋肉内の水分も抜けてしまい余計に固くなってしまいます!気をつけましょう。

 

この対策でも効果がない場合、ほかに理由があるかもしれません。それは身体の歪みです。骨盤などの歪みによって筋肉は引っ張られてしまい硬くなってしまいます。硬くなった筋肉の中にある血管が締まってしまい手の先や足先まで血液が届かなくなって冷たくなります。そんな時は骨盤矯正してみてはいかがですか?歪んで引っ張られている筋肉を骨盤矯正することで筋肉を元の位置まで戻していきます。元に戻すことで筋肉も緩み血流が改善します。

一度、ご自身の身体の状態を知ってみるのもいいかもしれませんね!
スタッフ一同お待ちしております。

柔道整復師 やまだでした。

身体の柔軟性における必要性

 

みなさんは身体が柔らかいとなぜ良いのか知っていますか?またなぜ硬いとダメなのか分かりますか?今回は身体における柔軟の必要性についてお話ししたいと思います。
まず身体が固いと血行が悪くなり筋肉が固くなることで関節に負担がかかり関節に痛みが出たりポキポキなど骨が鳴ってしまうこともあります。また体内の血行不良のせいで老廃物や疲労物質が溜まってしまい肩こりや休んでも疲れが取りきれない状態になってしまいます。そんな状態が続くとどうしても筋肉はさらに固まり怪我につながってしまいます。怪我をしてから後悔しても遅いです!

 

 

 

じゃあどうすればいいか?簡単な話です!ストレッチをしましょう!ストレッチの効果としては筋肉を柔らかくするだけではなく健康面として血行の改善で代謝も改善されたり体内の溜まっていた老廃物や疲労物質が流れていくメリットもあります。また心身の老化防止やリラックス効果、関節にかかる負担が軽減されます。パフォーマンス面では筋肉が柔らかいと捻挫や肉離れなど不意に起こる衝撃を吸収し怪我の予防をにもなります。またパフォーマンス能力も向上していき、しなやかな動きや美しい演技、より遠くより速く投げれるといった身体能力にも影響が出てきます。このようにストレッチを行なっていくことでメリットが多くあるのですがデメリットもあります。デメリットとしてそれなりに身体を柔らかくしていくにはどうしても時間がかかってしまいます。しかし無理なストレッチや間違ったストレッチは筋肉ではなく靭帯に負荷をかけてしまい、靭帯が緩んでしまうことで怪我に繋がることもあります。

 

 

ストレッチ方法も人によって効果的なものやそうでないものと適した方法があります!骨盤のズレによって筋肉が固くなり動きが悪いこともありますし筋肉が固いせいで骨盤がズレてしまい本来のパフォーマンスができないということもあります。一度、身体の筋肉の固さや骨盤のズレなど状態を確認してみてはいかがでしょうか?自分の状態を知ることでどんなストレッチが効果的かもわかるかもしれません!

スタッフ一同お待ちしております。
柔道整復師《やまだ》でした。

スポーツや日常で起こるover use

over use(オーバーユース)とはあまり聞き馴染みのない言葉だと思います。簡単に言うと“使い過ぎ”です!使い過ぎと聞いてみなさんは『なんだ、ただの使い過ぎかぁ』と思う方が多いと思います。しかし使い過ぎだと思って甘くみてはいけません!
とくに小•中学生は成長期のまだまだ身体が未熟な時期で、スポーツ少年団や部活などで様々な激しい練習やトレーニングをしなくてはいけない過酷な環境の中に身を置きついつい頑張り過ぎてしまいます。
若いから大丈夫だと思って無理をさせてしまうと若い骨は柔軟性があるため、使い過ぎによる筋肉のハリによって骨が引っ張られ裂けてしまいます。これがオーバーユースによるオスグット、シンスプリントや疲労骨折と言われるものになります。
また筋肉、関節や靭帯に高負荷がかかることで怪我に繋がってしまうこともあります。

over useはスポーツをする人だけに起こるものではなく、仕事や日常的な場面でも起こることがあります。例えば、運送業や土木関係などよく重いものを持つ人、主婦の方で毎日フライパンや包丁など腕をよく使う人の仕事や作業で起こりやすいです。使い過ぎると筋肉が固まってしまい筋肉の中にある神経が締め付けられて痛みはもちろん 、しびれ、手首や指が動かしにくくなることや力が入りにくいということも起きてしまうかもしれません!

私は中学生のとき柔道部だったのですが山の坂道をランニングし腕立て、腹筋、背筋、スクワット300回が普通だと思ってた昔の体育会系でした。しかし無理を繰り返す事でふくらはぎなど足に疲れがたまり痛みなどが出てきました。
疲れで部活を休めるわけもなく激しい練習を続けていると筋肉が硬くなり過ぎて足の感覚が一時的にわからなく麻痺している状態でした。その時は治療とストレッチ、お風呂で温めたりマッサージする事でなんとか筋肉が緩み感覚が戻り痛みも治まりました。
私のように軽く済んだ人もいれば、オスグットなど骨に影響が出た友人もいました。
オスグットなど骨に影響を与えないようにするにはやはりストレッチが大切です。
オスグットの場合、太ももの前後とふくらはぎやアキレス腱などを伸ばしていくとだいぶ変わってきます!
ストレッチ方法も様々ありますがみんな同じストレッチを行えばいいというものでもありません。その人の状態によってストレッチ方法も変化していきます。
一度ゆめたか接骨院にいらして今ご自身の筋肉の状態、身体の歪みなどの確認してみてはいかがでしょうか?スタッフ一同お待ちしてます。

国家資格:柔道整復師
やまだでした。

ストレッチをしないことで怪我率上昇 ~柔道編~

9月21日からアゼルバイジャン共和国で開催されていた柔道の【バクー世界選手権大会】で日本人選手が大活躍です!6日目の時点で14人連続、金メダルを含む表彰台にのぼりメダルを獲得しています。世界大会が男女共同で開催された1987年以降、初の快挙となります。15人目は100㎏級のウルフ・アロン選手が3位決定戦で敗退し5位という結果で連続記録はストップしてしまいました。そのウルフ・アロン選手自身も今年の2月にあったヒザの外側半月板(軟骨)を損傷して全治3ヶ月それにリハビリ1ヶ月も要するもので世界選手権大会の出場も危ぶまれました。しかし、リハビリと厳しい練習で何とか試合に出ることができましたが、練習期間やリハビリ期間が足りなかったせいかウルフ・アロン選手の自慢のスタミナや粘り強さを発揮できずに負けてしまいました。

 

しかし、今大会では男女混合団体戦2連覇や阿部一二三選手や詩選手の兄妹のW優勝など話題はたくさんありました。若い選手がいい成績を残し育つことで2020年のオリンピックへ大きな期待をしてしまいますね!

 

ということで今回の環水院ブログのテーマは【柔道】についてです。

柔道による怪我は捻挫や骨折、脱臼など多々あります。また当たり所が悪ければ命を落としたり半身不随や寝たきりになってしまうこともあります。怪我の予防対策としては練習前のストレッチや受け身など基礎練習をしっかり行うことです。オリンピックのメダリストでもいきなり技をかけられれば怪我をしてしまうかもしれませんね。

 

柔道では相手から怪我を負ったり負わせられるだけでなくセルフケアや厳しい監督やコーチのせいで痛くてもなかなか言えなかったせいで取り返しのつかない怪我を負ってしまいます。その一つとして腰痛があります。原因としては何度も相手を投げることで腰に負荷がかかってしまい発症してしまうものや無理な体勢で技を受けたり、技のフォームに原因があったりします。痛みの原因として筋肉によるもの、骨によるもの、神経によるものなどがあります。今回は骨や筋肉によるものにしましょう。腰痛で骨が原因で痛みが出るものとして挙げられるのは皆さんも耳にしたことがあると思いますが『腰椎分離』です。発生しやすいスポーツとして柔道や野球、サッカーなど頻繁に体幹を前後屈や回旋を行うスポーツなどです。また太ももの後ろにあるハムストリングという筋肉に柔軟性が欠けていることも原因の一つです。

【腰椎分離】とは………簡単に言ってしまえば背骨に疲れが蓄積されて疲労骨折を起こしてしまい折れた骨がずっと分離したままのことを言います。症状としては腰の痛みはもちろんお尻や太ももの痛みや怠さがあります。痛みによって姿勢を保つ筋肉として挙げられる脊柱起立筋などの筋肉にも緊張(筋肉が硬くなること)が診られます。治らないものと思われがちですが実は治ります!

しかし、治るのは腰椎分離が発症して早期発見した中学生までです。なぜかというと中学生は骨の成長が止まっていないからです。中学生の時から痛くて、骨の成長が止まった高校生で初めて病院に行ってみたら手遅れだったなんてよくある話です。じゃあ高校生になって腰椎分離と診断された人から『ずっと痛いままなの?』聞かれると私は『あなたの頑張り次第でどうにでもなります!』と答えるでしょう。

じゃあ『頑張り』とは何でしょう?

それはストレッチやウエイトトレーニングです。ストレッチとしてハムストリングを柔らかくする【ジャックナイフストレッチ】が有効です。また股関節周りの筋肉を伸ばしていくのも効果的です!

次にウエイトトレーニングです。ウエイトトレーニングでもやり方を間違えれば腰痛を悪化してしまうこともあります。鍛えてほしい筋肉は〝腹筋〟と〝背筋〟です。鍛えることによりコルセットの役割を持ち、腰の負荷を軽減してくれます。

 

またゆめたか接骨院スタッフは腰痛による筋肉の緊張を緩めることもできます。技のフォームは改善できませんが技のフォームの変化によって歪んでしまった体を治すことができます。

 

体の歪みやトレーニング方法、ストレッチ方法など気になることがありましたら一度、ゆめたか接骨院環水院に来てみてはいかがでしょうか?

 

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

 

新規の方、ご予約受付中です。

 

国家資格者の柔道整復師が監修しています。

 

柔らかくするには?

先週のゆめたかTVは肩を柔らかくする方法をお送りしました、ぜひご覧ください。

この回は2人ペアで肩を柔らかくしていきましたが、腕や足など、さまざまな部位にも応用できますよ。実際に手首でやってみましょう。

まずは手首で気になっている動きや痛みがでる動きを、実際に動かして確認してみてください。手首の動きが悪かったり痛みがでるのは、筋肉が固いからです。逆を言えば、筋肉が柔らかければ、動きが良くなったり痛みがでなくなったりするのです。確認しましたら、さっそくスタートします。

1、気になっている動きに対して、6秒間負荷をかけていきます。

固い筋肉に対して、筋肉が伸びた状態から抵抗を加えて縮めていきます。この6秒間が短くても長くても効果はありません、しっかり守ってください。負荷は全力を100%として、30~50%の力でとどめてください。無理やりは怪我の原因になります。

2、一呼吸休憩をはさんでください。

人間も筋肉も働きっぱなしでは疲れてしまいます。一息ついて休ませてあげましょう。

3、2秒間ストレッチして筋肉を伸ばしてください。

筋肉が休んで緩んだところでしっかり伸ばして、硬さをとってあげてください。2秒あればほぐれてくれます。

これを3~5セットするだけでも違ってきてくれます。先ほど気になっていた動きや痛みが出た動きをもう一度確かめてみてください。どうですか?動きやすくなったり痛みが軽減したりしていませんか?これが先ほど固かった筋肉が柔らかくなって手首が動きやすくなってくれた状態です。ゆめたかTVでも肩の動きが広くなりましたよね。

上のことから、固い筋肉が柔らかくなれば痛みや動きの制限に悩むことがなくなります。では、どうすれば固い筋肉が柔らかくなるのか。もちろんストレッチやマッサージも方法の1つですが、それだけではすぐ筋肉が固くなってしまいやすいです。ヒントは”骨盤”です。答えが知りたい方はゆめたか接骨院までお問い合わせください。

柔道整復師のチャンカワイこと河合がお送りしました。

 

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

ゆめたかTV 肩の挙がらない場合、この運動がオススメ

今回のゆめたかTVは、肩の挙がらない場合、この運動がオススメというテーマです。まずはご覧ください。肩の痛みや動きの悪さは、ある日突然やってきたり、交通事故でなった、スポーツでなったりします。肩の奥深い筋肉に原因があったりします。この筋肉をダイレクトに改善するにはコツがあります。人間は重力がかかると、関節を支えようとするので、他の表面の筋肉が使われます。となると深い筋肉に影響は薄くなります。そこで、重力を避ける方法を動画では解説しています。

肩の痛みを感じたことが過去に一度だけあります。水泳の大会が間近に迫っていた時のことです。(高校時代)練習もかなり追い込んでいたので、疲れもたまり、肩も重さはありました。そんなある日、肩が痛くて泳げない、なんてことがありました。結局大会の当日も痛かったのですが、無理やり泳ぎました。結果は県8位で上位の大会には行けず、残念でしたが。今考えると、完全に水泳肩でしたね。水泳でも肩が痛くなるんだ〜、と当時は簡単に考えていましたね。もし、今の知識があれば・・・。

ということもあるので、スポーツを頑張っている皆さんには、快適にスポーツができるように、痛みなくスポーツを楽しめるように、全力で応援したいですね。スポーツのけがや痛み、パフォーマンスで苦戦している選手、一度ゆめたか式の歪みチェックをご体験ください。感動した!なんて方もおられます。ぜひ、ご相談ください。ゆめたか接骨院総院長の髙橋でした。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

眠気覚ましのストレッチ


ゆめたかTV〜眠気覚ましのストレッチ講座です〜 ※毎週月曜配信予定

今週も元気よく、ゆめたかTVから始まる月曜日です。ゆめたか接骨院環水院がお届けするブログではスポーツネタをメインにお話しています。最近では、世界陸上ですよね、話題は。日本人選手もメキメキと記録を伸ばしており、技術力の高さが見て取れます。日本の選手にしかできない、匠なところがあるように思えます。スポーツの世界が楽しみですね〜。ということで、今週は目覚ましのストレッチという話題で動画を撮りました。ご覧ください。

夏休み、お盆、交通量が増加し、それと同時に交通事故も多発しております。特に高速道路での事故が大きなけがに繋がりやすいので要注意です。事故の原因の中で多いのが、運転中の居眠りです。居眠り運転で歩行中の小学生を引き、大惨事になったニュースもありました。一瞬の居眠りが一生の後悔となります。居眠りを感じたら、すぐにパーキングで、目覚ましストレッチをお試しください。脳への血流促進、酸欠予防となり、目が冴えてくるはずですよ。スポーツでも、今から大事なレースという時に緊張のあまり、あくびが出ることがあります。こんな時も、脳を活性化するためにおすすめです。首前の筋肉のストレッチ、お試しください。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。

指の疲れをとる方法と筋力をつける方法

指の疲れ解消にオススメの動画です。どうぞご覧ください。ゆめたかTVは環水院の場合、毎週月曜に更新されます。富山院では腰について、金沢院では肩こりや骨盤矯正について、環水院ではスポーツについて投稿される各院のブログ同様、ゆめたかTVも各院で更新されています。ぜひ、チャンネル登録をしてご覧ください。

さて、動画でも話している筋力アップの方法です。筋力運動には関節を動かして筋力を使う方法と、関節を動かさずに筋力を使う方法があります。腕立て伏せは前者、空気椅子は後者ですね。動画では、指の筋力アップの方法を解説していますが、合掌状態から手首側を離すと指の筋力アップの方法になります。押し合う力を加えて6秒です。これを繰り返し行うことで指の筋力アップにつながります。大切なのは効率よく筋力を使うことにあります。特に繊細な手の動きを必要とされるスポーツでは、指の筋力は重要です。動画を参考にされると嬉しいんですね。

そして、筋力アップの次は指の筋肉の疲れを取る方法です。基本的に疲れの原因は乳酸です。この乳酸を絞り出すように、指の運動を行います。多少痛い動きもありますが、オススメですのでぜひご覧になり行ってみてください。指の繊細な動きも細かな筋肉の賜物です。スポーツでの疲れ、パソコン疲れ、お仕事での疲れなど、指の疲れをとって快適に繊細な指使いをしてみましょう。

さらにゆめたか接骨院のお得な情報はメルマガでどうぞ
メルマガ登録はこちらから

ゆめたか接骨院環水院
〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
電話076−464−6228

新規の方、ご予約受付中です。