事故の痛みは後から痛くなる!

環水院ヤマダです。
最近、通勤時に事故の現場をよく見かけます。
国道8号線で開けた道ですが国の調べでは8号線のように速度の出しやすい道路は3番目くらいに事故の発生率は高いそうです。
原因としてはわき見運転などが多く、また一番事故の多い場所は交差点になります。特に信号の少ないところが多いそうです。
出会いがしらの衝突事故や後方からの追突事故、右直事故が起こりやすく原因としてドライバー間の“黄色信号”に対する意識の違いが事故に繋がっていると考えられます。

 

本来、“黄色信号”の意味は【とまれ】です。横断歩道の信号機が点滅したときに『やばい!もうすぐ赤だ!』と思いスピードを上げていませんか?それが事故の元です。近年、交通事故は減少傾向にあります。見通しの良い場所でのわき見運転の追突事故などはドライバーの集中力や注意して運転してもらえれば回避しやすいです。
また事故が多い時期は12月~3月くらいです。12月や1月は気温が寒く路面の凍結によるスリップ。また2月、3月は初心者ドライバーや帰省により不慣れなドライバーが増加します。時間帯も事故を起こしやすい時間帯はあります。基本的には日が落ちて薄暗くなってきたときに対物や人身事故が増えるそうです。なので季節によって時間帯は変わってきます。

症状として首や肩の痛み、手足のシビレやふるえ、頭痛、吐き気、ふらつき、集中力の低下、倦怠感、視力の低下などがあります。しかし事故直後は興奮状態で痛みは感じにくいです。時間経過とともに痛みが強くなったり痛みがなかったところに痛みが出ることもあります。軽度な症状でも90%の方がむち打ち症状に悩まされる調査もあったそうです。事故に遭われて強い痛みの場合、骨折や脱臼の恐れもあるので痛みが強い場合はもちろん軽度な症状でも必ず病院や接骨院に受診してください!
ゆめたか接骨院でも事故の施術、相談だけでも可能ですのでお気軽にご連絡ください。

環水院 柔道整復師ヤマダでした。