【妊活整体】妊娠のしくみ

こんにちはゆめたか接骨院環水院です🌞

婦人科整体から今回は妊娠についてお話します🤰

妊娠するということは簡単な事ではありません。

人は生命が生まれるためにいろいろな試練があります。そのことについて簡単にお話させていただきます。

女性の卵巣には、沢山の原始卵胞が存在します。その中の1つが大きく成長をして成熟過程を経てプロゲステロンの影響で排卵をします。

排卵した卵子は1週間かけてゆっくり子宮に向かっていきます。

精子が子宮内、卵管を進み、一番奥にある卵管膨大部で待っている卵子にたどり着き卵子の中に入ることが出来れば受精成立です。

最初3億個いた精子は卵子にたどり着くまでに様々な試練が待ち受けています。卵子にたどり着く精子の数はだいたい200個と言われています。

受精の成立した受精卵は何度も細胞分裂を繰り返し“胚”になり、子宮に向かいます。

細胞分裂を繰り返した受精卵は5~7日程で胚盤胞という状態になります。

この胚盤胞の状態で子宮内膜に潜り込んで着床すれば妊娠が成立します。

ただ、子宮内膜がふかふかになっていなければ胚は子宮内膜にもぐりこむ事が出来ません。無事に着床する確率は10%と言われています。

実は着床する際にもう一つ、着床の窓というものも関係しています。

着床の窓とは、受精卵には子宮に着床できる【着床脳】があるのですが、子宮内膜にもこの【着床脳】があります。特定の時期以外は着床できないと言われています。着床可能になるタイミングを着床の窓と言います。

排卵後大体5〜7日着床の窓が開くタイミングがあり、窓が開いているタイミングは大体24時間しかないと言われています。その時に胚が入ると着床できます。

 

当院では妊娠しやすい体作りをお手伝いさせていただいています。根本改善したい方は、一度ご連絡ください。

 

TEL 076-464-6228
LINE https://line.me/R/ti/p/%40pyv4325j
Mail info@yumetaka.jp
〒930-0804 富山県富山市下新町3-5

 

妊活整体、婦人科整体のインスタを始めました

https://instagram.com/yumetaka_ninkatsu?utm_medium=copy_link

女性の体について色々と投稿を始めています。ぜひ遊びに来てください

柔道整復師 谷井