不眠症について

みなさんは、心配事がある時や試験前日、旅先などで『眠ろうとしても眠れない』という事はありませんか?通常なら数日から数週間でまた眠れるようになります。

 

①1ヶ月以上にわたり夜間の不眠が続く場合。

②日中に精神や身体の不調を自覚して生活の質が低下する。

この2つが認められた時、不眠症と診断されるそうです


【症状】

日中に倦怠感・意欲低下・集中力低下・食欲低下・抑うつ・頭重・目眩などの症状が出てきてしまう。


【原因】

・ストレス

・身体的病気

・精神的病気

・薬の作用

・生活リズムの乱れ

・環境の問題


【不眠症のタイプ】

◆入眠障害   :寝つきが悪い

◆途中障害   :眠りが浅く途中で何回も目が覚める

◆早朝覚醒   :早朝に目が覚める

◆熟眠障害   :ある程度眠っても、ぐっすり眠れたと言う満足感が得られない


【対処法】

就寝・起床時間を一定にする

睡眠時間にこだわらない

太陽の光を浴びる

適度な運動

ストレス解消法を見つける

寝る前にリラックスタイムを作る

寝酒は❌

快適な寝室づくりをする

 

日常生活を快適に過ごせれるよう、睡眠の質をあげていくことがとても大切です。

体が辛いとどうしても寝苦しくなったり、寝つきが悪くなったりと、睡眠の質をあげることはできません。当院では、歪みから整えていき眠りやすい身体の状態を作っていきます。気になる方は一度試してみてください。

柔道整復師 谷井