女性の更年期障害について

45歳くらいから、『今までは何とも思わなかったのに体が変な感じがする・・・。』
そんな感覚はありますか?

もしかすると更年期障害かもしれません。
女性の更年期障害とは何なのか、今日はお話させていただきます。


◆更年期とは?
一般的に閉経を挟んだ45歳から55歳の約10年間を更年期と言います。
*女性が閉経を迎える年齢は50~51歳と言われています。
◆更年期障害とは?
更年期までは卵巣機能が良好なため子宮と脳の伝達がうまくいっていました。
しかし更年期になると・・・
① 卵巣機能が低下しているため女性ホルモンである“エストロゲン”の分泌が急激に減少します。
② “エストロゲン”の分泌が減ったため脳が卵巣に“エストロゲン”を出すように指令を送り続けます。
③ 脳が指令を送り続けても卵巣機能が低下しているため“エストロゲン”は分泌してくれません
④ 脳がパニックを起こします。
⑤ 自律神経のバランスが乱れ様々な不調が現れます。

このように体と脳の状態が一致していない状態です。


◆症状
症状は人それぞれで、症状が軽い方もいれば重い方もおられます。
めまい、頭痛、耳鳴り、ほてり、冷や汗、不眠、気持ちの落ち込み、イライラ、不安感等
様々な症状でお悩みの方がおられます。

骨盤が歪むと女性ホルモンのバランスが悪くなったり、自律神経が乱れるなど余計症状がひどくなります。
当院では、骨盤・背骨矯正から施術していきホルモンや自律神経のバランスを整え、更年期の症状のケアをさせていただきます。
ご自身の体と向き合い、更年期障害とうまく付き合っていけるようサポートさせていただきます。お悩みがある方は一度ご連絡ください。

柔道整復師 谷井

TEL 076-464-6228
LINE https://line.me/R/ti/p/%40pyv4325j
Mail info@yumetaka.jp
〒930-0804 富山県富山市下新町3-5