【婦人科整体】生理痛について

こんにちは🌤
今回は生理痛についてお話させていただきます。
生理痛がひどい方、痛いのが当たり前だとあきらめていませんか?
当院では、生理痛に振り回されるのではなくうまく付き合っていけるようサポートさせていただいています。うまく付き合っていくためにはまず、生理痛について知っておきましょう。

◆生理痛の原因
プロスタグランジンの影響
プロスタグランジンは子宮の筋肉を収縮して剥がれ落ちた子宮内膜を外に押し出す働きがあります。
・プロスタグランジンが多いと子宮の中に走っている血管が細くなりうまく血が回らなくなり、痛みに繋がります。
・胃腸の働きにも影響を与え、下痢や吐き気なども出てくることがあります。
・子宮の周りの血流が悪くなるため、骨盤周りを中心に腰痛が起きます。
子宮の出口が狭い
子宮頸管の熟化をしていない状態だと子宮頸管が狭く血液が出ていくときに刺激が痛みになります。
・特に若い女性や出産経験のない女性に多く見られます
子宮の位置
正常な子宮は真っすぐではなく膀胱や直腸側に傾いています。それが傾き過ぎていると生理痛が起こりやすくなります。
ストレス
ストレスにより自律神経のバランスが崩れます。そうするとホルモンバランスも崩れ痛みを強く感じることもあります。
子宮の異常
子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫等
異常がなければ少しずつ年齢を重ねるごとに症状は軽くなるが子宮の異常があれば年齢を重ねるごとに症状はひどくなります。
◆当院の施術
自律神経の乱れは血液循環やホルモンバランス、内臓の働き等様々な影響を与えます。
骨盤・背骨矯正で根本改善、そしてラジオ波を使い体の中から温めていき、生理痛の影響が軽減できるようサポートさせていただきます。

TEL 076-464-6228
LINE https://line.me/R/ti/p/%40pyv4325j
Mail info@yumetaka.jp
〒930-0804 富山県富山市下新町3-5