【妊活整体/婦人科整体】基礎体温のお話し

こんにちは🌤
今回は婦人科整体から、基礎体温についてお話したいと思います。
『基礎体温』という言葉は女性の方だと耳にすることは多々あると思います。
■基礎体温とは何なのか?
■基礎体温計の測り方
■基礎体温からわかる事  をお話させていただきます。

■『基礎体温』とは何なのか?
基礎体温とは、生命維持に必要な最小限のエネルギーしか消費しない安静時の体温の事を言います。
分かりやすく言えば、睡眠時の体温の事をいいます。
基礎体温を測ることによって、自分の身体のリズム、女性ホルモンのバランス、排卵や月経の時期、体調の変化等様々な事がわかります。
理想的な基礎体温は『低温期』と『高温期』の二相になっています。
低温期と高温期に0.3~0.5℃程度の温度差があると言われています。

■測り方
私たちは寝ているとき体温を測ることはできません。
そのため、朝起きて体を動かさないうちに体温を測ることが大切です。
①朝目が覚めたら、体を動かさず布団の中で寝たままの状態で検査します
(あらかじめ枕元に婦人科体温計を準備しておきます)
②婦人科体温計を舌の裏で測ります。
婦人科体温計を舌で抑え、口は閉じたまま測ります。

婦人科体温計は一般の体温計に比べて表示温度が細かくなっています。
例えば、一般の体温計は36.4まで表示されますが、婦人科体温計は36.45まで表示されます。
そのため一般の温度計では代用ができません。

■基礎体温でわかる事
高温期がない ⇒無排卵月経の可能性
高温期が短い・安定しない ⇒黄体機能不全の可能性
低温期が長い ⇒排卵障害の可能性
全体的にグラフがガタガタ⇒無排卵・婦人科疾患の可能性
このようにグラフから不調のサインや排卵日、ホルモンのバランスなど重要な事が沢山わかります。
妊活をされている方はもちろんですが、自分の体をきちんと把握するために基礎体温をつけておくとよいかもしれませんね。

次回は基礎体温のグラフからわかる不調サインについてもう少し詳しくお話させていただきます。

当院では妊活をされている方のサポートをさせていただいています。
気になる方はご連絡ください♪